Webサイト制作にかかる費用|LeadGrid

Web制作にかかる費用

事前に知っておきたいWeb制作にかかる費用の内訳

一般的なWebサイトの場合、Web制作にかかる費用の内訳は大きく分けて下記のような項目になります。

  • ・プロジェクトマネジメント費
  • ・設計・ディレクション費
  • ・デザイン制作費
  • ・コンテンツ制作費(テキストや写真、動画など)
  • ・開発費(フロントエンド、サーバーエンド)
  • ・その他の費用(ドメイン、サーバ、セキュリティ対策など)

これらの項目の費用は、当然ながらWebサイト全体のページ数やシステム開発の内容によって変動しますし、各ページにおいてもテキストのみの場合と動画やイラストを活用する場合では制作工数に大きな違いがあるため、費用感も異なってきます。
さらに、Webサイトに使用する素材を自社で用意するのか、それとも制作会社で撮影を行うのかなどでも当然ながらWeb制作にかかる費用は異なっていきます。

また、Web制作にはディレクター、デザイナー、エンジニア、マーケターといった様々な職種が関わりますが、大規模なサイトや制作期間が長期に及ぶような場合は、しばしばプロジェクト全体を円滑に進行する役目を担うプロジェクトマネージャーがアサインされます。
その場合は追加費用が発生しますが、Web制作は思い通りに進まないことも多いため、プロジェクトマネージャーがアサインされている制作体制の方が安心です。

そして「何をつくるか」ではなく「どうつくるか」の開発要件も、Web制作にかかる費用に影響してくる要素のひとつです。開発で言うと、データベースの構造をどうするか、セキュリティ要件はどこまで満たすべきか、LAMP環境(Linux、Apache、MySQL、PHP)での開発かどうかなどで見積もり金額は異なっていきます。

一般的なWebサイトであれば、相場としては100〜600万円とも言われますが、上述のように何をどうやってつくるかによって費用は大きく変動するため、ビジネス課題の解決に繋がるかどうか、運用体制に問題ないかといったことを鑑みながら、必要なページや機能の優先順位をつけていくことが重要です。

制作予算だけでなく、マーケティング予算の確保も大切

外部の制作会社に依頼する場合は、自社がどういったWebサイトを必要としているのか、Webサイトを通じてどういったビジネス課題を解決したいのかをしっかりと明確にしておくことが求められます。

なぜなら、制作会社によってデザインが得意な会社、マーケティングが得意な会社、大規模なシステム開発が得意な会社、と得意領域が異なるため、ただ単純に安いからといった理由で制作会社を決めてしまうと、「Webサイトを通じて実現したかったことが実現できない」などといったトラブルになりかねないからです。

また、はじめの要件定義のタイミングで細かく制作物を定義していないと、あとから「こういった機能がほしい」「こういった機能を想定していた」といった制作物の追加や修正が発生し、想定以上の追加コストがかかってしまうことも珍しくありません。

そのため、すべてを制作会社に委ねるのではなく、どういったWebサイトを求めているのか、発注側でもRFP (提案依頼書) としてまとめておくことが理想的です。RFPがあることで、適切な要件定義が可能となり、追加予算が発生するといったことが起こらない、正確な見積もりを作成することができるのです。

なお、Webサイトはつくって終わりではありません。サイトリリース後に社内外のライター・カメラマンをアサインしてコンテンツ制作を行ったり、広告運用を展開したりと、Webサイトを運用していく必要があるため、サイト制作費にかける予算を抑え、リリース後のマーケティング予算を確保しておくといった発想も非常に大切です。

LeadGridなら制作費を抑え、理想のマーケティングを実現

欲しいページ、機能をすべて初期開発で盛り込むのではなく、フェーズごとに追加実装していくような進め方が理想的です。なぜなら費用をかけて制作したものの、成果に繋がるページ・機能ではなかった、ということは往々にして起こるからです。
そのため、Webサイト制作では拡張性のある設計が重要で、もし拡張性がないと追加開発ができず、全面リニューアルせざるをえないということも起こりえます。

LeadGridはSaaS型CMSで、担当者ベースで様々なコンテンツの更新ができる他、資料DL機能やMAツール連携機能、SEO設計など、デジタルマーケティングを推し進めていくための機能が揃っており、必要なテンプレも各種用意されているため、テンプレをベースにしたカスタマイズも可能です。
また、スクラッチでの開発が必要なく、フェーズに応じてやりたいことを実現する機能が揃っていますので、Webサイトの初期構築にかかるコストを抑え、拡張性のあるWebサイト運用を可能にします。

そしてセキュリティ対策やサーバー負荷対策もされており、SaaS型CMSとしてGoogleのSEOアップデートなどにも随時対応、また最新のセキュリティ要件にも都度アップデートしていくため、ご利用企業様側で保守運用のための対応をしていただく必要がなく、コンテンツ運用やリードジェネレーションなど、マーケティング活動に専念いただけるCMSです。

プロジェクトの流れ

お問い合わせ頂いた後、事業課題や方向性、マーケティングのお取り組み状況、体制をヒアリングさせて頂いた後、
プロジェクトに合わせた最適なプロセスをご提案させて頂きます

  1. STEP

    ヒアリング

    ヒアリング・サンプル制作を行います。LeadGrid独自のレイアウトパターンを共有しながら、要件のすり合わせを行います。

  2. STEP

    LeadGrid 構築

    アカウント開設、デザイン調整、サイト設定、コンテンツ整備を行います。最短10営業日でWebサイトを立ち上げ可能です。

  3. STEP

    運用開始

    管理画面から簡単にページ追加やコンテンツ制作が可能です。セキュリティ対策やサーバー保守・メンテナンスは月額費用に含まれているので安心です。

LeadGridの Webサイト制作のポイント

LeadGridの ご支援実績

大手企業からスタートアップまで多くのサービスサイト、メディアサイトをご支援しています

  • SBI BusinessSolutions
  • Prored Partners
  • Soliton
  • Bell Park
  • NTT ファイナンス
  • 朝日新聞
  • COSMO
  • PERSOL
  • サンフロンティア不動産
  • SOLDOUT
  • 株式会社クイック
  • EAGLYS
  • IPA
  • every.tv
  • Five Needs
  • Timee

Web制作・CMS開発・
Webマーケティングに関して
お気軽にご質問・ご相談ください

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、
Webコンサルティング、コンテンツマーケティング
の実績から制作から運用・改善まで
トータルでサポートします。

  • 資料ダウンロード

    リード獲得やサイト制作、オウンドメディア制作などに役立つ資料を無料で提供しています。

    資料ダウンロード
  • 無料相談・お問い合わせ

    LeadGridやWebサイト制作に関するご相談、お問い合わせはこちらから。

    無料相談・お問い合わせ
  • 無料デモお試し

    LeadGridのCMSやメディア、イベント管理などの基本機能を2週間無料で体験いただけます。

    無料デモ体験

「3分でわかるLeadgrid」

まずはこちらからご覧ください。LeadGridについてカンタンにご説明した資料です。

資料ダウンロードはこちら
資料ダウンロード 無料相談・お問い合わせ