Webサイト制作会社の選び方|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

Creative Webサイト制作会社の選び方

事前に知っておきたいWeb制作会社の選び方

Web制作にかかる費用」でもお伝えしましたが、単に安いからという理由で依頼する制作会社を決めてしまうと、「Webサイトを通じて実現したかったことが実現できない」などのトラブルに繋がりかねないため、注意が必要です。

そこでWeb制作会社を選ぶ際には、見積もり金額だけでなく、自社がWebサイトで実現したい目的を明確にし、その目的を達成するためのサイト制作が得意な会社を選ぶことが重要です。

なぜなら、制作会社によってデザインが得意な会社、マーケティングが得意な会社、大規模なシステム開発が得意な会社と得意領域が異なるため、マーケティング目的でWebサイトを活用したいのか、採用目的なのか、キャンペーン目的なのかなど、Webサイトの目的によって選ぶべき制作会社も異なるからです。

たとえばマーケティング目的でWebサイトを活用したい場合、ディレクトリ構造やサイト表示スピードなどの内部SEO設計が十分になされているべきにも関わらず、「カッコいいサイトをつくってくれそうだから」とブランディング広告に強い会社に依頼してしまい、デザイン重視で内部SEO設計が十分でないWebサイトに仕上がってしまうということは往々にして起こりえます。

特に内部SEO設計のように、デザイン上では気づきづらい設計要素は抜け漏れが起こりやすいため、リリース後にサイト運用を開始して初めて気づくといったことも珍しくありません。
結果的に追加費用を支払って修正を依頼しなければならなかったり、別の制作会社に制作を依頼することになったりと、非常に無駄なコストが発生してしまいます。

そして、マーケティングに強いと謳っていても、マーケティング成果を上げている制作実績がなかったりすることもあるため、目的に応じた実績がちゃんとあるかどうかを事前に確認することも大切です。

安心安全で理想としていたサイト運営を実現するために

目的に応じたWebサイトを制作できそうだと判断できれば、次に気をつけるポイントは、スケジュール通りに、安心安全で想定していた通りの運用ができるWebサイトを制作できるかどうかを細かく見ていくことです。

Web制作では、思わぬトラブルによってスケジュールが遅延してしまうといったことは珍しくありません。最悪の場合、リリース日の変更が余儀なくされるケースもあるため、制作会社選びの際は、スムーズなプロジェクト進行ができる環境・社内体制が整っているかどうかを見る必要があります。

そこでまずは、どういった方法でプロジェクト管理を行うのか、発注側も閲覧できる管理ツールを使っているかどうかを事前に確認しましょう。なぜなら、プロジェクトで必要なリソースや対応項目が可視化されていない場合、対応の抜け漏れが発生してしまったり、伝えていた要望が対応項目に入っていない場合にはエビデンスが残っていないため、言った言わないのトラブルにも繋がってしまいかねないからです。

また、実装したい要件をしっかりと実現できるリソース・スキルがあるかどうかも、制作会社が発信しているブログ記事であったり、過去実績から事前に判断しておくことも重要です。

たとえば現場担当者レベルでコンテンツの管理・更新をしていきたいにも関わらず、CMSの知見がない制作会社を選んでしまうと、現場メンバーが使いづらいCMSとなって更新が滞ってしまいかねません。

そしてサイトリリース以降も、サーバートラブルであったり、脆弱性が見つかった場合の保守対応までできるかどうか、また事前にそうしたリスクに備えた設計ができるかどうかなど、Webサイト運用におけるリスクへの理解・対策が十分であるかも事前に確認しておきましょう。

LeadGridなら目的に応じたWebサイト制作・運用が可能

一般的なWebサイトの場合、制作費の相場は100〜600万円とも言われています。無駄な予算投下を避けるためにも、Web制作会社選びは慎重に行う必要があります。
そして適切な制作会社を選んだ場合でも、曖昧なオーダーではビジネス課題解決に繋がるようなWebサイトにはなりえないため、Webサイトでどういったことを実現したいのか、Webサイトの目的を事前にしっかりと明確にしておき、制作会社側と意義あるコミュニケーションがとれるように進めましょう。

LeadGridは、様々な目的に応じたWebサイトの制作・運用が可能なSaaS型CMSです。担当者ベースで様々なコンテンツの更新ができる他、資料DL機能やMAツール連携機能、SEO設計など、デジタルマーケティングを推し進めていくための機能が揃っており、必要なテンプレも各種用意されているため、テンプレをベースにしたカスタマイズも可能です。

なお、セキュリティ対策やサーバー負荷対策もされており、SaaS型CMSとしてGoogleのSEOアップデートなどにも随時対応、また最新のセキュリティ要件にも都度アップデートしていくため、ご利用企業様側で保守運用のための対応をしていただく必要がなく、コンテンツ運用やリードジェネレーションなど、マーケティング活動に専念いただけるCMSです。

また、LeadGridを提供するGIGは、BtoCからBtoBまで様々な企業のサイト制作・システム開発の実績があり、テンプレだけでなく、オリジナルデザインでの制作の他、マーケティング戦略の立案からコンテンツ制作代行、採用マーケティング支援など、様々なサポートも可能です。

プロジェクトの流れ

お問い合わせ頂いた後、事業課題や方向性、マーケティングのお取り組み状況、体制をヒアリングさせて頂いた後、
プロジェクトに合わせた最適なプロセスをご提案させて頂きます

  1. ヒアリング

    ヒアリング・サンプル制作を行います。LeadGrid独自のレイアウトパターンを共有しながら、要件のすり合わせを行います。

  2. LeadGrid 構築

    アカウント開設、デザイン調整、サイト設定、コンテンツ整備を行います。最短10営業日でWebサイトを立ち上げ可能です。

  3. 運用開始

    管理画面から簡単にページ追加やコンテンツ制作が可能です。セキュリティ対策やサーバー保守・メンテナンスは月額費用に含まれているので安心です。

Webサイト制作のポイント

LeadGridの
ご支援実績

大手企業からスタートアップまで多くのサービスサイト、メディアサイトをご支援しています

  • SBI BusinessSolutions
  • Prored Partners
  • Soliton
  • Bell Park
  • BEEX
  • NTT ファイナンス
  • 朝日新聞
  • COSMO
  • mixi group
  • 日揮ホールディングス
  • サンフロンティア不動産
  • SOLDOUT
  • 株式会社クイック
  • EAGLYS
  • 日機装
  • IPA
  • every.tv
  • フロンティアインターナショナル
  • Timee
  • toridori
  • 日本数学検定協会
  • StudyPlus
  • jig
  • ROYAL HOUSE
  • Five Needs

お役立ち資料

サイト制作、マーケティング戦略設計、コンテンツ制作、Webコンサルティング
関連のお役立ち資料をご紹介します。
1 2 3

3分で分かる資料、
お配りしています。

LeadGridの機能、制作事例などをご紹介します。

Web制作・CMS開発・Webマーケティングに関してお気軽にご相談ください。

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、Webコンサルティング、コンテンツマーケティングの実績から制作から運用・改善までトータルでサポートします。

3分でわかるLeadGrid LeadGridについて簡単に、ご説明した資料になります。