情報設計、画面設計(ワイヤーフレーム)|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

Creative 情報設計、画面設計(ワイヤーフレーム)

Webサイト制作で必要な情報設計・画面設計とは

発注者側が作成したRFPをもとに制作側で要件定義を行っていき、そして要件定義をもとに具体的にどういったWebサイトにしていくかを決めていくのが、情報設計・画面設計です。

情報設計・画面設計では、ディレクトリ構造の決定やディレクトリマップの作成により、情報をどうグルーピングしていくかを明確にし、どういったレイアウトにするのかをワイヤーフレームに落とし込んでいきます。

Webサイトは多くのページや機能の集合体として成り立ちます。どの階層にどういった情報のページ、コンテンツを配置するかによって、ユーザーのアクセシビリティが変わってきますし、ユーザビリティ向上はもちろん、サイト管理における利便性向上、またクローラビリティの向上を図るためにも、適切な情報設計・画面設計は重要です。

そしてワイヤーフレームへの落とし込みでは、Webサイトに掲載するコピーテキストや画像、また各種コンテンツといった要素を、どういった優先度でどのような配置にするか、情報設計で定めたコンテンツをいわば「見える化」していきます。

ワイヤーフレーム制作フェーズでは実際に目に見える部分を設計していくため、主観的な意見が飛び交いやすいフェーズでもあります。発注者、製作者はあらためて、Webサイトの目的に振り返り、ターゲットユーザーに対してどういった行動を起こしてもらいたいかなど、ユーザー視点が欠落しないよう注意が必要です。

ディレクトリ設計はSEOの観点からも重要である

情報設計では、Webサイトに掲載したいコンテンツやページをグルーピングして、どういったディレクトリ(カテゴリ)配下に置くかを決めていきます。情報設計で定めるこのディレクトリ構造は、単にユーザビリティ向上のためだけでなく、SEOの観点からも非常に重要です。

そのため、Webサイトに掲載するコンテンツのグルーピングは、業界特有の商習慣や社内特有の情報分類をするのではなく、SEO視点でのキーワード選定や検索ボリュームなどを考慮しながら、適切なグルーピングを行うことが求められます。

また、Webサイト制作の現場では、製作途中で「やはり、こういうページも必要だった」といったことが起こりがちです。しかし都度ページ追加を行っていては、制作遅延はもちろん、追加の制作費が発生してしまうため、想定していたスケジュール、予算を大幅に超えてしまいかねません。

そのため、事前に行う情報設計では、どういったコンテンツ、ページが必要なのかを抜け漏れがないよう洗い出していき、それらをシートにまとめて、それぞれにタイトル、キーワード、descriptionなどのメタタグやソーシャル対策のOGP設計などを1ページずつ設計していきます。

また、画面設計で行うワイヤーフレーム制作は、プロジェクトメンバーが本来の目的を見失わないためにも非常に重要です。たとえばワイヤーフレームなしにデザイン着手してしまった場合、ページに掲載する写真素材やテキストにのみ注力してしまい、肝心なコンテンツへの導線設計が疎かになってしまうなど、本来の目的を見失ったサービスになってしまう可能性があります。

ワイヤーフレームを用いて社内の関係者、そして制作会社との認識合わせを行い、本来Webサイトで実現したい目的に対して適切な画面構成となっているかを確認しながら制作を進めていきましょう。

LeadGridなら拡張性のあるWebサイト構築が可能

記事コンテンツを中心に情報発信を強化していったり、今後新規事業立ち上げを予定していてWebサイトに新たなページが必要になる可能性が高いといった場合、その都度新しい記事カテゴリのページや新事業のページを外部の制作会社に依頼すると、制作費がかかる他、ある程度の制作の期間を要するため、スピード感のあるWebサイト運営ができません。

そこで、情報設計・画面設計ではそうした次期フェーズ以降を見越した設計を行うべきで、今後追加したいコンテンツやページも事前に洗い出しておくことが大切です。

LeadGridは、様々な目的に応じたWebサイトの制作・運用が可能なSaaS型CMSで、エンジニアに都度依頼せずとも担当者ベースで様々なコンテンツの更新、ページ追加ができるため、新たなに記事カテゴリページを追加したり、既存事業のページを複製して新規事業ページを作成するといったことが可能です。

また、資料DL機能やMAツール連携機能、SEO設計など、デジタルマーケティングを推し進めていくための機能が揃っており、セキュリティ対策やサーバー負荷対策も万全。
SaaS型CMSとしてGoogleのSEOアップデートなどにも随時対応、また最新のセキュリティ要件にも都度アップデートしていくため、ご利用企業様側で保守運用のための対応をしていただく必要がなく、コンテンツ運用やリードジェネレーションなど、マーケティング活動に専念いただけるCMSです。

なお、LeadGridを提供するGIGは、BtoCからBtoBまで様々な企業のサイト制作・システム開発の実績があり、マーケティング戦略の立案から施策代行まで一気通貫での支援も行っています。そのため、必要に応じて情報設計・画面設計などの戦略立案フェーズからサポートいたします。

プロジェクトの流れ

お問い合わせ頂いた後、事業課題や方向性、マーケティングのお取り組み状況、体制をヒアリングさせて頂いた後、
プロジェクトに合わせた最適なプロセスをご提案させて頂きます

  1. ヒアリング

    ヒアリング・サンプル制作を行います。LeadGrid独自のレイアウトパターンを共有しながら、要件のすり合わせを行います。

  2. LeadGrid 構築

    アカウント開設、デザイン調整、サイト設定、コンテンツ整備を行います。最短10営業日でWebサイトを立ち上げ可能です。

  3. 運用開始

    管理画面から簡単にページ追加やコンテンツ制作が可能です。セキュリティ対策やサーバー保守・メンテナンスは月額費用に含まれているので安心です。

Webサイト制作のポイント

LeadGridの
ご支援実績

大手企業からスタートアップまで多くのサービスサイト、メディアサイトをご支援しています

  • SBI BusinessSolutions
  • Prored Partners
  • Soliton
  • Bell Park
  • BEEX
  • NTT ファイナンス
  • 朝日新聞
  • COSMO
  • mixi group
  • 日揮ホールディングス
  • サンフロンティア不動産
  • SOLDOUT
  • 株式会社クイック
  • EAGLYS
  • 日機装
  • IPA
  • every.tv
  • フロンティアインターナショナル
  • Timee
  • toridori
  • 日本数学検定協会
  • StudyPlus
  • jig
  • ROYAL HOUSE
  • Five Needs

お役立ち資料

サイト制作、マーケティング戦略設計、コンテンツ制作、Webコンサルティング
関連のお役立ち資料をご紹介します。
1 2 3

3分で分かる資料、
お配りしています。

LeadGridの機能、制作事例などをご紹介します。

Web制作・CMS開発・Webマーケティングに関してお気軽にご相談ください。

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、Webコンサルティング、コンテンツマーケティングの実績から制作から運用・改善までトータルでサポートします。

3分でわかるLeadGrid LeadGridについて簡単に、ご説明した資料になります。