RFPのつくり方|LeadGrid

RFPのつくり方

Web制作を依頼する上で必要なRFPとは?

RFPとは “Request For Proposal” の略で、サイト制作・システム開発を外部の制作会社に発注する際に、依頼内容をまとめた提案依頼書のことで、基本的には発注者側が作成します。
そしてRFPをもとに制作会社は要件定義を行い、システム要件含め、実際にどういったものを制作するのかをまとめていきます。

RFPがないまま制作会社に依頼するといったケースも珍しくありません。しかしRFPがあることで、たとえばサイトデザインの方向性や細かなUI/UXの部分で発注者側と制作会社側で共通認識を持つことができ、制作会社からの提案精度を高めていくことが可能になります。

また、内部SEO設計であったり、CMSの画面設計など、Web制作ではサイトデザイン以外でも様々な要件を定義しなければなりません。どういったサイトをつくりたいのか、サイトをどう活用していきたいのかといったことがRFPでまとまっていないと、要件定義も曖昧になってしまい、リリース後に「意図したサイト運営ができない」などのトラブルにも繋がる可能性があります。

そしてRFPは、決裁者含めステークホルダーとなる社内メンバーとの認識合わせにも活用することができ、RFPで定めた事項をベースに意思決定を行うなど、スムーズな社内合意を取るツールにもなるのです。

▼理想のRFPの項目
  ・背景
  ・目的
  ・方針(開発言語、開発環境、開発体制等)
  ・予算
  ・スケジュール
  ・提案依頼範囲
  ・ターゲット
  ・サイトの内容
  ・発注範囲
  ・制作期間における希望
  ・体制
  ・競合

リリース後のサイト運用も考慮したRFPが必要

「Web集客を強化するためにWebサイトをつくりたい」「採用のためのサイトをつくりたい」など、Webサイトには何かしらの目的があるはずです。そして、その目的によってWebサイトに必要なページや機能は異なります。

そうした目的はサイト制作の前にRFPとしてまとめておくべきで、さらにはリリース後のマーケティング戦略や広告プランニングについても事前に戦略設計を行い、RFPにまとめておいた方がよいでしょう。
なぜなら、サイトのページの一部をLPとして広告で集客し、CTAとして資料DLフォームを設置したいと思ったときに、事前にそこまでの設計をしておらず、資料DLフォームが設置できない仕様になっていた、といったことは珍しくありません。

また、制作会社によって発注側からの指示がなければ、内部SEO設計やアナリティクスタグの設置などが要件定義には含まれず、そのままリリースされてしまうといったことも往々にして起こりえます。
その結果、あとから修正のための開発が必要で、追加費用が発生してしまったり、事業の進捗に遅れが出てしまい、競合他社に優位性を取られてしまうといったことが起きてしまいます。

そこで、発注者側はWebサイトの目的、そしてリリース後の運用についても事前に明確にしてまとめておき、Webサイトにどういったページや機能、また設定が必要であるかを理解しておくことが求められます。

もし、発注者側でそうしたマーケティング戦略やサイト運営のための知見がない場合は、RFPに盛り込むべき事項を一緒にディレクションしてくれるようなマーケティングを得意とする制作会社に依頼したほうが良いでしょう。

LeadGridはマーケティングに必要な機能が揃ったSaaS型CMS

LeadGridは、様々な目的に応じたWebサイトの制作・運用が可能なSaaS型CMSです。担当者ベースで様々なコンテンツの更新ができる他、資料DL機能やMAツール連携機能、SEO設計など、デジタルマーケティングを推し進めていくための機能が揃っており、必要なテンプレも各種用意されているため、テンプレをベースにしたカスタマイズも可能です。

なお、セキュリティ対策やサーバー負荷対策もされており、SaaS型CMSとしてGoogleのSEOアップデートなどにも随時対応、また最新のセキュリティ要件にも都度アップデートしていくため、ご利用企業様側で保守運用のための対応をしていただく必要がなく、コンテンツ運用やリードジェネレーションなど、マーケティング活動に専念いただけるCMSです。

また、LeadGridを提供するGIGは、BtoCからBtoBまで様々な企業のサイト制作・システム開発の実績があり、マーケティング戦略の立案から施策代行まで一気通貫での支援も行っています。
そのため、LeadGridをご利用の際にテンプレではなく、オリジナルデザインで制作したいという場合や、戦略設計からサポートしてほしいといった場合など、様々なご要望に対して支援可能です。

プロジェクトの流れ

お問い合わせ頂いた後、事業課題や方向性、マーケティングのお取り組み状況、体制をヒアリングさせて頂いた後、
プロジェクトに合わせた最適なプロセスをご提案させて頂きます

  1. STEP

    ヒアリング

    ヒアリング・サンプル制作を行います。LeadGrid独自のレイアウトパターンを共有しながら、要件のすり合わせを行います。

  2. STEP

    LeadGrid 構築

    アカウント開設、デザイン調整、サイト設定、コンテンツ整備を行います。最短10営業日でWebサイトを立ち上げ可能です。

  3. STEP

    運用開始

    管理画面から簡単にページ追加やコンテンツ制作が可能です。セキュリティ対策やサーバー保守・メンテナンスは月額費用に含まれているので安心です。

LeadGridの Webサイト制作のポイント

LeadGridの ご支援実績

大手企業からスタートアップまで多くのサービスサイト、メディアサイトをご支援しています

  • SBI BusinessSolutions
  • Prored Partners
  • Soliton
  • Bell Park
  • NTT ファイナンス
  • 朝日新聞
  • COSMO
  • PERSOL
  • サンフロンティア不動産
  • SOLDOUT
  • 株式会社クイック
  • EAGLYS
  • IPA
  • every.tv
  • Five Needs
  • Timee

Web制作・CMS開発・
Webマーケティングに関して
お気軽にご質問・ご相談ください

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、
Webコンサルティング、コンテンツマーケティング
の実績から制作から運用・改善まで
トータルでサポートします。

  • 資料ダウンロード

    リード獲得やサイト制作、オウンドメディア制作などに役立つ資料を無料で提供しています。

    資料ダウンロード
  • 無料相談・お問い合わせ

    LeadGridやWebサイト制作に関するご相談、お問い合わせはこちらから。

    無料相談・お問い合わせ
  • 無料デモお試し

    LeadGridのCMSやメディア、イベント管理などの基本機能を2週間無料で体験いただけます。

    無料デモ体験

「3分でわかるLeadgrid」

まずはこちらからご覧ください。LeadGridについてカンタンにご説明した資料です。

資料ダウンロードはこちら
資料ダウンロード 無料相談・お問い合わせ