キーワード設計、コンテンツ運用|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

Creative キーワード設計、コンテンツ運用

事前に知っておきたい検索キーワードの設計方法

内部SEO対策」のページでもお伝えしましたが、昨今は生活者、および企業担当者含め、自ら情報収集を行い、比較検討をするといった購買プロセスをインターネット上で行うことが主流となっており、企業による情報発信の重要性はますます高まっています。

しかし、ただ闇雲に情報発信をしても意味がなく、狙ったターゲットにWebサイトに訪問してもらい、記事コンテンツを読んでもらうための戦略設計が必要です。
特にSEOでの流入チャネルを確立するためには検索キーワードの設計が重要で、ユーザーの検索ニーズを表す検索キーワードを戦略的に設計することで、エンゲージメントの高いユーザーを集めることができ、成果最大化に繋がるWebサイト運営が可能になります。

では、どのようにキーワード設計を行うべきなのでしょうか。キーワード設計は、自社のWebサイトの目的、競合サイト分析、ペルソナ・カスタマージャーニーマップの3つの観点から進めていくべきだと考えます。

まず自社のWebサイトの目的の観点では、リード獲得や自社製品・サービスの認知拡大、採用広報といったWebサイトの目的をまず明確にし、目的達成のためにどういったコンテンツが必要であるかを洗い出すことが大切です。
そもそもでコンテンツの方向性が決まらなければ、狙うべき検索キーワードが定まらず、成果に繋がらないトラフィックを集めてしまうことになりかねません。

そして競合サイト分析では、検索キーワードに対しての競合サイトを含めて調査を行い、上位表示を狙うための戦略立案に繋げていくことが大切です。そして競合と同じキーワードを狙うのか、差別化した別のキーワードで狙うのかなどを判断していきます。

また、事前に設計したペルソナ・カスタマージャーニーマップをもとに、態度変容を起こすためにはどういったコンテンツが必要であるか、またどういった課題を抱えていて、どういった検索ニーズがあるのかという観点から、最終的に狙うべき検索キーワードを決めていきます。

検索ボリュームだけでキーワード設計してしまうと失敗する

キーワード設計でやりがちな失敗として挙げられるのが、検索ボリュームだけで狙うキーワードを決めてしまうということです。たとえば「Webサイト」と「ホームページ」というキーワードは検索ボリュームに違いがありますが、同じような意味に見えて、実は対象とするターゲットが異なります。

「Webサイト」は、企業のコーポレートサイト含めビジネスシーンで多く使われるキーワードに対し、「ホームページ」は比較的に個人や小規模なサイトの意味で使われることが多く、仮に企業のWebサイト制作を請け負いたい制作会社が「ホームページ」というキーワードでコンテンツ設計を進めてしまうと、狙いたいターゲットのアクセスを獲得できず、事業成長には繋がりません。

このように、キーワード設計では自社のペルソナがどういったキーワードで検索するのか、また潜在顧客を獲得したいのか、顕在顧客を獲得したいのかなどによっても狙うべきキーワードは異なってくるのです。

そしてビッグワード中心にコンテンツ企画をしてしまうケースも見受けられますが、Googleは読み手にとって価値あるコンテンツかどうかを見ているため、テーマの違うビッグワードのコンテンツを並べるのではなく、たとえテールワードであっても同じテーマの関連するコンテンツを増やしていくほうが良質なユーザー体験を提供することができ、上位表示を狙うことができるとも言われています。

なお、SEO対策としては公開した記事コンテンツのリライトも効果的です。そのため、すべてのコンテンツの検索順位を定点観測していき、順位が伸び悩んでいるコンテンツや順位が下がってしまったコンテンツは、新しい情報を追加したり、図解を挿入するなどより良質なユーザー体験を提供できるコンテンツへ改善していくことで、上位表示を狙っていくことができます。

そのため、コンテンツ運用の体制としては新規コンテンツの制作だけでなく、そうしたリライトのためのリソースも確保しておくことが重要です。

LeadGridは、担当者ベースでコンテンツ運用・改善ができるCMS

LeadGridは、様々な目的に応じたWebサイトの制作・運用が可能なSaaS型CMSです。エンジニアに都度依頼せずとも担当者ベースで様々なコンテンツの更新ができるため、検索順位の変動やアクセス解析のデータをもとに、担当者レベルで細かなコンテンツ改善のためのPDCAを回していくことが可能です。

そして資料DL機能やMAツール連携機能、SEO設計など、デジタルマーケティングを推し進めていくための機能が揃っており、必要なテンプレも各種用意されているため、テンプレをベースにしたカスタマイズも可能です。

また、セキュリティ対策やサーバー負荷対策もされており、SaaS型CMSとしてGoogleのSEOアップデートなどにも随時対応、また最新のセキュリティ要件にも都度アップデートしていくため、ご利用企業様側で保守運用のための対応をしていただく必要がなく、コンテンツ運用やリードジェネレーションなど、マーケティング活動に専念いただけるCMSです。

なお、LeadGridを提供するGIGは、BtoCからBtoBまで様々な企業のサイト制作・システム開発の実績があり、マーケティング戦略の立案から施策代行まで一気通貫での支援も行っています。キーワード設計含めたSEOの戦略立案はもちろん、コンテンツ制作メンバーも在籍しているため、SEOコンテンツの企画から制作・リライト、そしてレポーティングまでを一気通貫でご支援可能です。

プロジェクトの流れ

お問い合わせ頂いた後、事業課題や方向性、マーケティングのお取り組み状況、体制をヒアリングさせて頂いた後、
プロジェクトに合わせた最適なプロセスをご提案させて頂きます

  1. ヒアリング

    ヒアリング・サンプル制作を行います。LeadGrid独自のレイアウトパターンを共有しながら、要件のすり合わせを行います。

  2. LeadGrid 構築

    アカウント開設、デザイン調整、サイト設定、コンテンツ整備を行います。最短10営業日でWebサイトを立ち上げ可能です。

  3. 運用開始

    管理画面から簡単にページ追加やコンテンツ制作が可能です。セキュリティ対策やサーバー保守・メンテナンスは月額費用に含まれているので安心です。

Webサイト制作のポイント

LeadGridの
ご支援実績

大手企業からスタートアップまで多くのサービスサイト、メディアサイトをご支援しています

  • SBI BusinessSolutions
  • Prored Partners
  • Soliton
  • Bell Park
  • BEEX
  • NTT ファイナンス
  • 朝日新聞
  • COSMO
  • mixi group
  • 日揮ホールディングス
  • サンフロンティア不動産
  • SOLDOUT
  • 株式会社クイック
  • EAGLYS
  • 日機装
  • IPA
  • every.tv
  • フロンティアインターナショナル
  • Timee
  • toridori
  • 日本数学検定協会
  • StudyPlus
  • jig
  • ROYAL HOUSE
  • Five Needs

お役立ち資料

サイト制作、マーケティング戦略設計、コンテンツ制作、Webコンサルティング
関連のお役立ち資料をご紹介します。
1 2 3

3分で分かる資料、
お配りしています。

LeadGridの機能、制作事例などをご紹介します。

Web制作・CMS開発・Webマーケティングに関してお気軽にご相談ください。

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、Webコンサルティング、コンテンツマーケティングの実績から制作から運用・改善までトータルでサポートします。

3分でわかるLeadGrid LeadGridについて簡単に、ご説明した資料になります。