コンテンツマーケティング代行依頼時の要注意ポイント7選と費用相場|Webサイト制作 / CMS・MAツール|LeadGrid(リードグリッド)

コンテンツマーケティング代行依頼時の要注意ポイント7選と費用相場

目次

Webサイト集客入門ガイド、無料配布中!

Webマーケティングを始めたい、または強化したい担当者様へ。マーケティングの第一歩をサポートするための「Webサイト集客入門ガイド」をご用意しました。Webマーケティングの基本から効果的な集客方法までを詳しく解説しています。ぜひご活用ください。

無料でダウンロードする

コンテンツマーケティングは「資産として蓄積できる」「企業としての信頼度が向上する」などメリットも多いものの、導入のハードルが高く施策開始に踏み切れない悩みもつきもの。

そこでおすすめなのがコンテンツマーケティング代行業者の利用です。代行業者を利用すればスキルを持つ人材にコンテンツ制作を一任でき、自社の人員リソースを削減できるでしょう。

本記事ではコンテンツマーケティング代行依頼時の要注意ポイントを7つ解説します。

代行業者の費用相場も紹介しているため、コンテンツマーケティング代行を検討している方や、代行業者を利用して施策効果を最大化したい方はぜひ参考にしてください。

代行会社を利用する前にまずは自社でコンテンツマーケティングに取り組めないか検討したい方、過去に自社運用で失敗してしまった方はオウンドメディア運用インハウス化マニュアルもあわせてご覧ください。


オウンドメディア運用インハウス化マニュアル|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

企業がコンテンツマーケティング代行を利用するメリット

企業がコンテンツマーケティング代行を利用するメリットは下記3つです。

  • スキルを持つ人材にコンテンツ制作を任せられる

  • コンテンツの更新頻度が高まり、安定する

  • 自社の人員リソースを削減できる

スキルを持つ人材にコンテンツ制作を任せられる

スキルを持つ人材にコンテンツ制作を任せられる点は、代行業者を利用するうえで大きなメリットです。

成果が出るコンテンツ制作にはスキルが必要なため、自社の社員が兼務で行うには限界があります。制作のプロに依頼することでコンテンツのクオリティを高めることができるでしょう。

コンテンツの更新頻度が高まり、安定する

コンテンツマーケティングの代行業者を利用すれば計画的にコンテンツを制作できるため、更新頻度の上昇や安定化につながります。

コンテンツマーケティングでは定期的なコンテンツ投稿が推奨されているため、外注化により更新頻度を管理できるのは企業にとって有利に働くでしょう。

自社の人員リソースを削減できる

コンテンツ制作にかかる人員リソースを削減できるのも代行業者を利用するメリットです。

たとえば制作にかかっていた時間で施策の効果測定を行えば、より効率的な施策実行につながるでしょう。戦略の部分を担当し、制作を外注することでコンテンツマーケティングの成果を高めることができます。

コンテンツマーケティング代行を依頼するときに注意すべきポイント7選

コンテンツマーケティング代行を依頼するときに注意すべきポイントは下記の7つです。

  • 自社の体制によって依頼範囲は異なる

  • 円滑な施策実行には基本知識が必要

  • 成果を高めたいなら丸投げはNG

  • 施策の目的やKPI・KGI設定は必須

  • 成果が出るには時間がかかる

  • 外注先によってコンテンツの質は異なる

  • 社内チェックの体制整備が必要

1. 自社の体制によって依頼範囲は異なる

自社にコンテンツマーケティングの体制があるかどうかで、代行の依頼範囲は異なります。下記はコンテンツマーケティング代行で依頼できる工程の一例です。

  • Webサイト制作(オウンドメディア構築)

  • Webサイトのコンセプト設計

  • キーワード選定

  • コンテンツの制作・更新

  • 施策の効果検証

マーケティング専門の人員が在籍していない場合、Webサイト制作から効果検証を一貫して行うワンストップ型の代行業者がおすすめです。反対に、ある程度自社に体制が整っている場合は制作部分だけを外注するのも良いでしょう。

どの業務を自社で担当し、どの業務を外注するのかは事前に方針を固めておくべきです。

2. 円滑な施策実行には基本知識が必要

コンテンツマーケティング代行を利用する際でも、クライアント側は基本的な知識が必要です。

たとえばオウンドメディアの記事制作を依頼した場合、SEOの知識がなければ記事の品質をチェックできず上位表示につながらない可能性も。品質を高めるためにリライトを重ねることになり、成果が出るまでに時間を要してしまいます。

代行業者に依頼する場合であっても最低限の知識は勉強し、制作物を適切にチェックできるようにしましょう。

3. 内製化を進めたいなら丸投げはNG

コンテンツマーケティングの代行業者を利用すれば、プロに施策を任せることができます。しかし将来的に内製化を進めたいのなら、施策の丸投げはNGです。

代行業者に施策を丸投げしてしまうと、自社にコンテンツマーケティングのノウハウが蓄積されません。コンテンツマーケティングの代行はコストがかかるため、自社でも対応できそうな業務ではノウハウを吸収し、内製化を進めてみても良いでしょう。

内製化する場合の社内体制やフローはオウンドメディア運用インハウス化マニュアルで解説しています。あらかじめこれらの内容を理解しておくことで重要度の高い業務や確保すべきリソースのイメージが具体的に把握できるため、スムーズな移管を目指したい方はぜひご一読ください。


オウンドメディア運用インハウス化マニュアル|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

4. 施策の目的やKPI・KGI設定は必須

コンテンツマーケティングを実施するうえで、施策の目的やKPI・KGIの設定は必須です。

施策の目的が曖昧だとコンテンツの方向性にもブレが生じます。せっかくコストをかけて代行業者に依頼しても成果が出ないということにもなりかねません。

コンテンツマーケティングの目的やKPI・KGIの設定が難しい場合は、施策の戦略から実行までをサポートしてくれる代行業者を選定すると良いでしょう。

5. 成果が出るには時間がかかる

コンテンツマーケティングの成果が出るには最低でも半年から1年ほどかかります。オウンドメディアやSNS、YouTubeなど、どの媒体であってもコンテンツが蓄積するまでは成果は期待できません。

施策の成果が出るまでに時間がかかることは、マーケティング担当者だけでなく上長の理解も必要です。時間差で成果が出てきたタイミングで外注費を削られた、といったことがないよう上長や経営陣には中長期的な施策であることを伝えましょう。

6. 外注先によってコンテンツの質は異なる

コンテンツマーケティング代行では、外注先によってコンテンツの質が異なります。

コンテンツ制作会社だからといって必ずしも質が高いということはなく、なかには業務委託しているライターの記事をろくに編集せず納品する企業も。個人ライターと契約する方法もありますが、質の高いライターを探し出すのはなかなか難しいのが現実です。

制作物の質が外注先によって左右されることを理解し、業者の選定は慎重に行いましょう。

7. 社内チェックの体制整備が必要

コンテンツマーケティング代行を実施していても、制作物の最終的なチェックは自社で行う必要があります。社内チェックの体制は必ず整備しておくべきです。

代行会社側でも編集・クオリティチェックを行ってから納品されるケースが多いものの、自社として避けたい表現や優先したいレギュレーションがあれば別途社内でも編集する方が安心です。

チェック担当者を決めることはもちろん、チェック項目のリスト化もおすすめです。

オウンドメディア表記ガイドラインメディア担当者向け記事クオリティチェックリスト40はこれらの確認作業ですぐに活用できます。社内で確認作業のマニュアルなどが整備されていない場合はぜひ参考にしてください。


オウンドメディア表記ガイドライン制作事例|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

メディア担当者向け記事クオリティチェックリスト40|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

コンテンツマーケティング代行にかかる費用相場

コンテンツマーケティング代行にかかる費用相場を解説します。

コンテンツマーケティング全般支援費用:30~100万円

コンテンツマーケティング全般支援にかかる費用は月額30~100万円です。サイト構築から戦略設計、KW選定、アクセス解析などのコンテンツマーケティング全般を支援してくれます。

月額料金は高くなるものの、SEOに知見がない企業や、コンテンツマーケティングを初めて実施する企業、自社のリソースを割きたくない企業にとっては費用対効果が大きいといえます。

SEO記事制作代行(ライティング代行)費用:5~15万円/本

SEO記事制作代行(ライティング代行)にかかる費用は1本につき5~15万円です。記事制作だけを外注する形のため、月額料金は月に何本の記事を依頼するかで変動します。

すでにメディアが完成している企業や、運用設計は自社で行いたい企業におすすめです。

ホワイトペーパー制作代行費用:10~70万円

コンテンツマーケティング代行業者によってはホワイトペーパー制作も依頼できます。5~10ページのホワイトペーパーを依頼する場合は10~30万円、10ページ以上なら30~70万円ほどが相場となります。

テンプレートを利用する企業ならコストを抑えられますが、すべてオリジナルで制作するなら高額になるでしょう。ホワイトペーパーは会社によって得意なデザインが異なるため、複数の会社を検討することが重要です。

SNS運用代行費用:10~50万円

コンテンツマーケティング代行業者にSNS運用代行を依頼できる場合もあります。費用は依頼範囲によって異なり、投稿の制作・投稿代行なら~10万円、投稿の制作・投稿代行・コメント返信なら20~30万円、広告運用やレポーティングまでを含めると月50万円ほど必要な場合もあります。

自社の体制によってかかるコストは異なるため、どの部分を依頼するかを事前に定めておくようにしましょう。

コンテンツマーケティング代行業者の選び方/ポイント

コンテンツマーケティング代行業者の選び方/ポイントは下記5点です。

  • 企業規模はどのくらいか

  • コンテンツ制作だけでなく戦略立案にも力を入れているか

  • 自社に近い実績が確認できるか

  • 料金は妥当で納得できるものか

  • 代行会社の得意分野と自社の目的が合致しているか

企業規模はどのくらいか

コンテンツマーケティング代行業者の企業規模は選定の基準になります。

安定感を求めるなら実績豊富な企業、柔軟さやスピードを求めるなら小回りがきく中小企業(ベンチャー企業)を選ぶとよいでしょう。

自社が求める要素をピックアップし、それを叶えられる企業を選ぶことをおすすめします。

コンテンツ制作だけでなく戦略立案にも力を入れているか

コンテンツマーケティング代行業者が制作だけでなく戦略立案に力を入れているかは必ず確認すべきポイントです。

戦略的な提案を売りにしている企業なら長期的なビジョンを持っているはずです。コンテンツマーケティングが「作って終わり」になることを避けるためにも、戦略立案に強みを持つ企業を選定しましょう。

自社に近い実績が確認できるか

自社に近い実績が確認できれば、安心してコンテンツマーケティング代行を依頼できます。代行業者の実績ページは確認しておきましょう。

ただし実績を重視しすぎると、実力のあるベンチャー企業や中小企業を見落としてしまう可能性も。自社に近い実績はマストではなく、あればより安心という程度に思っておきましょう。

なお、リード獲得に特化した国産CMS「LeadGrid」ではコンテンツマーケティングの実行を前提としたオウンドメディアの戦略立案から制作、運用までの一貫した支援が可能です。

LeadGridのオウンドメディアの制作実績はこちらからご確認いただけます。

料金は妥当で納得できるものか

コンテンツマーケティング代行の料金は妥当で納得できるものか、複数の企業の見積りを取って検討しましょう。

ポイントは額面だけで判断するのではなく、業務内容に対して適切かどうか確認することです。コストが相場より高くても、コンテンツマーケティングでそれ以上の成果が出ればその代行業者は優秀といえます。

契約前に代行業者の実力を正しく見極めるのは難しいですが、担当者の対応や説明・提案の細やかさ、過去の実績から信用できる企業かはある程度判断できます。

代行会社の得意分野と自社の目的が合致しているか

コンテンツマーケティング代行業者によって得意分野は異なります。自社の目的ややりたいことと合致しているか確認しておきましょう。

  • SNSを活用したコンテンツマーケティングが得意

  • オウンドメディアを活用したコンテンツマーケティングが得意

  • 金融・美容など特定の業界のコンテンツマーケティングが得意

とくに専門性の高い業界の場合、業界に特化した代行業者のほうが成果が出やすいといえます。事前に得意分野やジャンルをリサーチし、自社とマッチするか確認するべきです。

コンテンツマーケティング代行は信頼できる会社に任せよう

コンテンツマーケティング代行を依頼するときに注意すべきポイントは下記の7つです。

  • 自社の体制によって依頼範囲は異なる

  • 円滑な施策実行には基本知識が必要

  • 成果を高めたいなら丸投げはNG

  • 施策の目的やKPI・KGI設定は必須

  • 成果が出るには時間がかかる

  • 外注先によってコンテンツの質は異なる

  • 社内チェックの体制整備が必要

代行業者によってコンテンツの質は大きく異なるため、契約前に複数の企業から提案を受けることが重要となるでしょう。

また代行業者を選ぶ際には下記の選び方も参考にしてください。

  • 企業規模はどのくらいか

  • コンテンツ制作だけでなく戦略立案にも力を入れているか

  • 自社に近い実績が確認できるか

  • 料金は妥当で納得できるものか

  • 代行会社の得意分野と自社の目的が合致しているか

コンテンツマーケティングの代行をお考えなら、GIGが提供するコンテンツマーケティング代行プランをおすすめします。GIGではコンテンツ制作だけでなく戦略設計を含めたコンサルティングや分析やレポーティングも対応。インハウス化も支援いたします。

予算が限られている場合でも最適なプランをご提案させていただきますのでご安心ください。オリジナルCMS「LeadGrid」を利用してスモールスタートで施策を開始することも可能です。

詳しくは下記ページよりご確認ください。

GIGのコンテンツマーケティング代行についてはこちら

LeadGridの詳細はこちら

Webサイト集客入門ガイド、無料配布中!

Webマーケティングを始めたい、または強化したい担当者様へ。マーケティングの第一歩をサポートするための「Webサイト集客入門ガイド」をご用意しました。Webマーケティングの基本から効果的な集客方法までを詳しく解説しています。ぜひご活用ください。

無料でダウンロードする

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部は、Web制作とデジタルマーケティングの最前線で活躍するプロフェッショナル集団です。Webの専門知識がない企業の担当者にも分かりやすく、実践的な情報を発信いたします。

関連記事

Works

サイト制作事例