人材業界に強いWebコンサルティング会社3選|施策のポイントや選び方も解説|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

人材業界に強いWebコンサルティング会社3選|施策のポイントや選び方も解説

目次

人材業界では求職者と求人企業の両方へのアプローチが必要なため、Webマーケティングが複雑化しがちです。そのため、業界に精通したWebコンサルティング会社を選ぶことが重要になります。

本記事では人材業界の特性を理解し、Webマーケティングを支援できる3社のコンサルティング会社を紹介します。また業界におけるWebマーケティングの特徴と、施策の成功のカギとなる4つのポイントを解説するのでぜひ最後までご覧ください。

関連記事:Webコンサルティングとは?支援内容やメリット、外注時のポイントを解説


【業界別】人材業界のサイト制作事例集|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

人材業界でのWebコンサルティング会社の選び方

人材業界でWebコンサルティング会社を選ぶ際は、次の6つの点に着目すると良いでしょう。

  • 人材業界の知識と経験が豊富か
  • 採用戦略立案から実行までの一貫したサポート体制があるか
  • データ分析に基づいた提案ができるか
  • 自社に合ったWebサイトやシステムの提案ができるか
  • 費用対効果が明確で、透明性のある価格体系か
  • セキュリティとコンプライアンスへの対応が十分か

1. 人材業界の知識と経験が豊富か

人材業界は、他の業界とは異なる独特の課題やニーズがあります。Webコンサルティング会社選びの際は、人材業界に精通し、豊富な経験を持つ会社を選ぶことが重要です。候補となる会社の過去の実績や事例を確認し、人材業界におけるWebマーケティングやシステム開発の成功事例を持っているかを見極めましょう。また人材業界の最新トレンドや法規制に関する知識も不可欠です。業界に特化した知見を持つコンサルティング会社であれば、的確なアドバイスやソリューションを提供してくれるはずです。

2. 採用戦略立案から実行までの一貫したサポート体制があるか

人材業界では、採用戦略の立案から実行まで、一貫したサポートが求められます。Webコンサルティング会社選びの際は、単なるWebサイト制作だけでなく、採用戦略の策定、求人広告の運用、エントリー管理、応募者とのコミュニケーションなど、一連の採用プロセスをトータルにサポートできる体制があるかを確認しましょう。また採用後の定着率向上に向けた施策の提案や、採用ブランディングの強化など、長期的な視点でのサポートも重要です。採用戦略全般をカバーできる会社を選ぶことで、効果的な採用活動を実現できます。

3. データ分析に基づいた提案ができるか

人材業界のWebマーケティングでは、データ分析に基づいた意思決定が重要です。応募者の行動分析や採用チャネルの効果測定など、データの収集と分析を通じて、採用活動の改善につなげる必要があります。Webコンサルティング会社選びの際は、データ分析の手法や実績について確認しましょう。Googleアナリティクスをはじめとする分析ツールを駆使し、適切なKPIを設定して効果測定ができるかどうかがポイントです。また、データから得られるインサイトを採用戦略に反映し、PDCAサイクルを回していく姿勢も重要です。

4. 自社に合ったWebサイトやシステムの提案ができるか

人材業界のWebサイトやシステムには、業界特有の機能や設計が求められます。たとえば求人情報の掲載や検索機能、応募フォーム、エントリー管理システムなどは、人材業界に不可欠な要素です。Webコンサルティング会社選びの際は、自社のニーズに合ったWebサイトやシステムの提案ができるかを見極めましょう。単にテンプレートを使った制作ではなく、自社の採用戦略や業務フローに合わせたカスタマイズが可能か、スカウト機能や評価機能など、高度な機能の実装に対応できるかなども重要なポイントです。

5. 費用対効果が明確で、透明性のある価格体系か

Webコンサルティングのコストは、その効果とのバランスを考慮して判断する必要があります。提案内容に見合った費用対効果が期待できるかどうかを慎重に見極めましょう。また価格体系の透明性も重要な選定基準の一つです。初期費用や月額費用、追加費用の発生条件などが明確に提示されているかを確認し、予期せぬコストが発生するリスクを回避することが大切です。見積もりの内訳や費用の算出根拠についても詳細に説明を求め、価格の妥当性を判断しましょう。

関連記事:Webコンサルティングの費用相場は?料金体系や外注の注意点・選び方も

6. セキュリティとコンプライアンスへの対応が十分か

人材業界では求職者の個人情報を大量に扱うため、セキュリティとコンプライアンスへの対応が非常に重要です。Webコンサルティング会社選びの際は、セキュリティ対策とコンプライアンス遵守に力を入れている会社を選ぶことが賢明です。プライバシーポリシーやセキュリティポリシーが明確に定められているか、個人情報の取り扱いや保護に関する方針が適切か、関連法規の遵守体制が整っているかなどを確認しましょう。またコンサルタントがセキュリティとコンプライアンスの重要性を十分に理解し、適切な提案やアドバイスができるかも見極めるポイントです。

人材業界に強いコンサルティング会社3選

ここからは、人材業界に強いコンサルティング会社を3社紹介します。

株式会社GIG

株式会社GIGは、人材業界向けのWebコンサルティングに強みを持つ企業です。東京都中央区に拠点を置き、Web制作、SEO、コンテンツマーケティング、DX支援など幅広いサービスを提供しています。大手企業の人材サービスサイト制作の実績を多数持っており、Webマーケティングへの深い知見を有している点が強みです。

サイトのUI/UXデザインからシステム開発、コンテンツ設計、マーケティング戦略立案まで、人材業界のWebサイトに必要な要素を総合的にサポート。求職者とクライアント企業双方に訴求するサイト設計のノウハウを持ち、各社の強みを最大限に引き出すサイト制作を得意としています。また、45,000人以上のクリエイターが登録するマッチングサービス「Workship」の運営や、フリーランスデザイナーの求人紹介を行うエージェントサービス「クロスデザイナー」など、自社でもHRテック事業を手掛けており、人材業界の動向に常にアンテナを張っています。

株式会社GIGの詳細はこちら

株式会社船井総合研究所

▲出典:株式会社船井総合研究所

株式会社船井総合研究所はさまざまな業種へのコンサルティングサービスを提供している、大手経営コンサルティング会社です。船井総合研究所には人材ビジネスに精通した専門コンサルタントが多数在籍しており、人材紹介会社や人材派遣会社の新規立ち上げから、採用戦略の立案、業績アップまで幅広く支援しています。

未経験からわずか3年で粗利8,000万円を達成した成功事例も紹介されており、業界への深い知見やWebマーケティングのノウハウを活かした効果的なWebコンサルティングが期待できます。

株式会社船井総合研究所の詳細はこちら

ナイル株式会社

▲出典:ナイル株式会社

ナイル株式会社は、Webマーケティングのノウハウを活かし、2,000社以上の事業成長を支援してきた実績を持つコンサルティング会社です。SEO、コンテンツ、データ解析など各領域のスペシャリストが在籍し、人材業界での支援実績も豊富に有しています。

たとえば人材紹介会社ヒューレックス株式会社では、ナイルの支援により1年間でブログ経由の月間CVが50件近くに改善しました。また人材派遣会社パーソルテンプスタッフとの取り組みでは、派遣スタッフの提案により新たな販路拡大につながるなど、クライアントの事業成長に貢献しています。

ナイル株式会社の詳細はこちら

人材業界におけるWebマーケティングの特徴

人材業界のWebマーケティングには、以下のような特徴があります。

1. 求人企業と求職者の両方にアプローチが必要

人材業界では、求人を出したい企業と仕事を探している求職者の両方に対してマーケティングを行う必要があります。求人企業に対してはBtoBマーケティング、求職者に対してはBtoCマーケティングの手法を使い分けることが重要です。

2. データが点在化しやすく全体感の把握が難しい

求職者の行動データが、Web広告接触、求人応募、面接設定、採用と複数のツールに分散して蓄積されるため、全体像の把握が難しい特徴があります。データ主導のマーケティングを行うには、これらのデータを統合する環境づくりが大切です。

3. 求職者ニーズの多様化に対応する必要がある

コロナ禍による働き方の変化などにより、求職者が企業に求めることや選ぶ軸が多様化・複雑化しています。求職者の変化をキャッチアップし、必要な情報を適切なタイミングで提供することが重要です。

人材業界におけるWebマーケティングのポイント

上記の特徴を踏まえ、人材業界のWebマーケティングで結果を出すためのポイントは以下の通りです。

  • 求人企業向けにはオウンドメディアやWeb広告でリード獲得、求職者向けにはSNSや動画広告で認知向上を図る
  • データ主導のマーケティングを行うため、分散したデータを統合・可視化する
  • 市場調査を行い、競合分析や自社の強み・弱みを把握して差別化を図る
  • 求職者の属性や行動履歴に基づいて適切なコンテンツを配信する

求人企業向けにはオウンドメディアやWeb広告でリード獲得、求職者向けにはSNSや動画広告で認知向上を図る

求人企業と求職者では、アプローチ方法を変える必要があります。求人企業に対しては、自社のWebサイトやブログなどのオウンドメディアを通じて情報発信し、リード獲得を目指します。一方、求職者に対しては、FacebookやInstagramなどのSNSや、YouTubeなどの動画広告を活用して、企業の認知度向上を図ることが効果的です。

関連記事:人材業界に効果的なWebマーケティング手法|成功事例やポイントも解説

データ主導のマーケティングを行うため、分散したデータを統合・可視化する

人材業界では、求職者の行動データが複数のツールに分散している傾向にあります。これらのデータを一元管理し、可視化することで、求職者の行動パターンや嗜好性を把握しやすくなります。データに基づいたマーケティング施策を立案・実行することで、より効果的なアプローチが可能になります

市場調査を行い、競合分析や自社の強み・弱みを把握して差別化を図る

人材業界は競争が激しいため、自社の立ち位置を明確にすることが重要です。競合他社の動向を調査し、自社の強みと弱みを分析することで、差別化のポイントを見出すことができます。求職者のニーズに合わせた独自の価値提供により、他社との差別化を図ることが求められます。

求職者の属性や行動履歴に基づいて適切なコンテンツを配信する

求職者のニーズが多様化する中、一律の情報提供では効果は限定的です。求職者の年齢や職種、閲覧履歴などの情報を基に、個々のニーズに合わせたコンテンツを配信することが重要です。MAツールなどで情報を管理することで、適切なタイミングで、適切な情報の提供が可能になり、応募につなげることができます。

人材業のWebコンサルティングはLeadGridまで

この記事では人材業界でのWebコンサルティング会社の選び方から、人材業界に強いコンサルティング会社、人材業界でWebマーケティングのコツまで紹介しました。この記事を参考に、ビジネスをより拡大していきましょう。

なお人材業のWebコンサルティングなら、LeadGridまでご相談ください。

LeadGridとは株式会社GIGが開発したCMSで、デザイン性が高く社内外へのブランディングにつながると定評があります。またLeadGridはCMSとしても使いやすいので、オウンドメディア運用の際にも情報発信の邪魔をしません。

さらにLeadGridは上場企業にも導入されており、セキュリティも担保されています。Webマーケティングの母艦となるWebサイトにLeadGridを活用することで、よりビジネスを拡大していきましょう。

LeadGridの詳細はこちらをご覧ください。

LeadGridの詳細はこちらから

LeadGridの制作実績はこちらから


【業界別】人材業界のサイト制作事例集|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img


見たまま編集ができる、デザイン×リード獲得に強いCMS『LeadGrid』

サービス資料はこちら

リード獲得に強いCMS・Webサイト運用ツール LeadGrid

LeadGridを使えば、Webマーケティングに強いサービスサイト、オウンドメディア、コーポレートサイト制作をスピーディに制作可能です。

ページを見たまま編集できる「ページ編集機能」や「フォーム管理機能」など、Webの知識がなくても担当者ベースで施策が実行できます。

くわえてご希望の方には、WebマーケティングやSEOコンテンツの設計、運用、分析までトータルでご支援しています。

Webサービスやオウンドメディアの立ち上げ、コーポレートサイトリニューアルなど、御社のプロジェクトをお気軽にご相談下さい。

得意領域

  • Webマーケティングに強いWebサイト制作
  • サービスサイト、オウンドメディアサイトの立ち上げ
  • Webマーケティングの戦略設計、運用支援

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG(リードグリッド ブログ)は、リード獲得に役立つ情報を発信するWebマーケティングメディアです。

お役立ち資料

サイト制作、マーケティング戦略設計、コンテンツ制作、Webコンサルティング
関連のお役立ち資料をご紹介します。

Web制作・CMS開発・Webマーケティングに関してお気軽にご相談ください。

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、Webコンサルティング、コンテンツマーケティングの実績から制作から運用・改善までトータルでサポートします。