記事作成代行の費用相場|内訳や料金の決まり方をわかりやすく解説|Webサイト制作 / CMS・MAツール|LeadGrid(リードグリッド)

記事作成代行の費用相場|内訳や料金の決まり方をわかりやすく解説

目次

予算別でわかる!
オウンドメディア制作事例集、無料配布中!

各企業の予算に応じた制作事例を一挙公開。オウンドメディア依頼前に費用相場を把握し、自社に最適なサイトを構築するためのアイデアやヒントが満載の資料を無料でダウンロードできます。ぜひご活用ください!

無料でダウンロードする

「自社サイトで記事を公開して、検索から集客しよう」と思ったとき、方法は「自社でコンテンツを作成する」か「記事制作代行を利用する」かのどちらかになります。

自社でコンテンツを作成すると、費用は作成する社員の人件費のみとなります。しかし「工数が取れない」「記事を書ける人がいない」「そもそも何をかけばいいのかわからない」などの理由から、記事の更新が止まってしまうケースも少なくありません。

一方、記事作成代行を利用することで、社内のリソースを大きく割くことなくコンテンツの作成が可能となります。

そこで気になるのが、料金の相場。記事作成にかかる費用は依頼先や記事の内容などによって変わるため、自社にあった依頼先を決めておくことが重要です。

今回は記事作成代行の料金相場について解説します。記事作成費用の決まり方や依頼先を選ぶにあたっての注意事項についても紹介します。自社サイトの流入経路を増やしたい担当者の方はぜひ参考にしてください。

記事作成代行の料金相場

記事作成代行の料金相場は外注先や記事の種類によって大きく異なります。費用について種類ごとに解説します。

記事の種類別の料金相場

作成する記事の種類には大きく分けて次の5種類があります。各々の種類や分野によって必要とされるスキルや専門性が異なる点から料金相場にも変動が生じます。

記事の種類費用相場
SEO記事3〜6円/文字
インタビュー記事2万〜5万円/記事
レビュー記事0.8〜3円/文字
コラム記事1〜5円/文字
専門・学術記事5〜15円/文字

SEO記事

SEO記事とは、Googleなどの検索エンジンで上位に表示されることで集客に繋げることを目的とした記事のこと。一般的な費用相場は、1文字あたり3〜6円程度です。

SEO記事の場合は、個人や企業などの外注先によっても大きく値段が異なる点について注意しましょう。

インタビュー記事

インタビュー記事は一般的に1記事あたりで費用が提示されます。記事のボリュームによって異なりますが、およそ2000字程度とすると、1記事あたりの相場は2万〜5万円程度です。

インタビュー記事の制作は、取材訪問・テープ起こし・撮影などの手間のかかる工程が多い点や、ライターの拘束時間が長い点が特徴です。

また、質を担保したコンテンツを作成するためにインタビュー経験が豊富なライターへ依頼した方が良いため、その他の記事と比べるとコストが高くなる傾向があります。

さらに、交通費や宿泊費などが必要な場合は別途必要。経費を下げたい場合はオンラインツールや電話などを活用すると良いでしょう。

レビュー記事

商品やサービスなどのレビュー記事とは、使用感や感想をまとめた記事のこと。ライター初心者でも執筆しやすいため、相場は比較的低めで1文字あたり0.8〜3円程度です。

商品の受け取りまでにかかる時間や商品やサービスを利用するにあたる手間を考えると、ライターにとってはコストが高めなコンテンツです。また、商品やサービスの種類によっては、薬機法などの基礎知識を得ているライターへ依頼しなければならない場合もあります。

コラム記事

コラム記事とは、根拠に基づいて見解や感想を記事にまとめたものです。エンタメからビジネスまでさまざまなものがあり、ジャンルによっても相場は大きく変動します。

一般的な相場は1文字あたり1〜5円程度です。

ただし、業界やジャンルに精通した著名なコラムニストなどに依頼する場合は、相場よりも高めな費用がかかる点には注意が必要です。

専門・学術記事

専門性を必要とされる「医療・金融・法律」などを題材とした専門・学術記事は、経験豊富な有識者や専門家などに依頼する場合が多く、執筆できるライターそのものが限られてくるため高額となりやすいコンテンツです。

相場は1文字あたり5〜15円程度が一般的。

中には専門家ではないライターへ執筆作業を依頼し、専門家に監修のみを依頼する場合もあります。

外注先の種類別の料金相場

記事作成代行の依頼先は主に3種類。それぞれの料金相場について紹介します。

 

費用の傾向

質の傾向

クラウドソーシングに依頼

安価

低〜中

Webライターに直接依頼

普通

低〜高

記事作成会社に依頼

高価

※依頼内容やWebライターによって、料金は変動します。料金目安として参考にしてください。

クラウドソーシングで依頼した場合の料金相場

クラウドソーシングでの料金相場は以下のとおりです。

【クラウドワークスの場合】

記事作成

1円〜/文字

リライト・校正・編集

2,000円〜/記事

インタビュー・取材

1万5000円〜

(引用:クラウドワークス

【ランサーズの場合】

記事作成

0.5〜5円/文字

リライト・校正・編集

1万〜 5万円/記事

インタビュー・取材

2.0 〜 5.0円/文字

(引用:ランサーズ

クラウドソーシングとは、個人または企業が不特定多数の人に業務を外部委託する業務形態のことです。大手クラウドソーシングサービスではクラウドワークスランサーズココナラなどがあります。

クラウドソーシングの登録者には初心者からベテランまでさまざまなWebライターがいるため、記事の質に大きなバラつきがあります。過去の評価を参考にして、Webライターのスキルを見極めましょう。また一度依頼してみて、質の高い記事を書けるWebライターに出会えたら、継続依頼するのもおすすめです。

クラウドソーシングでは媒体への仲介手数料がかかるものの、他の方法と比べると安価に記事作成を依頼できます。

Webライターに直接依頼した場合の料金相場

クラウドソーシングや制作会社を通さず、Webライターに直接依頼した場合の料金相場は以下のとおりです。

記事作成

3円〜/文字

リライト・校正・編集

数千円〜/記事

インタビュー・取材

3万円〜/記事

Webライターのライティングスキルや執筆内容によって、料金は変動します。一定のクオリティを担保したいのなら、スキルを見極めて依頼する必要があります。

多くのWebライターはポートフォリオ(自身が作成した記事を紹介した作品集のようなもの)を持っています。それを参考にして、依頼するライターを選ぶと良いでしょう。

クラウドソーシング同様に複数人に1記事だけ依頼して、値段とクオリティのバランスに納得ができた人にのみ継続して依頼する方法もおすすめです。

記事制作会社に依頼した場合の料金相場

記事制作会社に依頼した場合の料金相場は以下のとおりです。

記事作成

5〜15万円/記事

リライト

5〜10万円/記事

インタビュー・取材

10〜15万円/記事

記事制作会社に依頼した場合、比較的料金は高めです。クラウドソーシングやWebライターに直接依頼する場合と、記事制作会社の大きな違いは、記事の質が担保されやすいことです。

クラウドソーシング経由であっても直接であっても、ライターに依頼する場合は記事を取りまとめるWeb担当者がおこないます。Web担当者はすべてのライターとやり取りをし、記事をチェックし、品質を一定以上に保たなければなりません。記事制作に疎い担当者の場合、品質チェックにばらつきが出てしまう恐れも。

記事制作会社に依頼する場合、ライターとのやり取りや記事の品質担保は、記事制作会社が代行します。もちろん記事の最終確認は自社の担当者が行う必要がありますが、ライターに依頼する場合よりもディレクションコストは大幅に下がります。

クラウドソーシングの利用やWebライターへの直接の依頼と比べると料金相場は高めですが、人件費が下がることを考えると費用対効果は高いでしょう。

記事作成料金の内訳

記事作成料金の内訳を紹介します。記事や依頼したい内容によって、かかる費用は異なります。

  • キーワード選定や構成費用
  • 打ち合わせ費用
  • 原稿料
  • 写真撮影費用
  • 画像制作費用
  • リライト費用
  • 取材費用
  • 校正・推敲費用
  • 入稿費用
  • 資料費用

キーワード選定や構成作成費用

キーワードの選定費用や記事の構成作成にかかる費用です。

記事の検索上位表示を目指すなら、キーワードの選定が重要です。キーワードは検索ボリュームや競合との兼ね合いなどを含め、さまざまな要素を考慮し設定しなければなりません。

また構成作成は、見出しを組み立てていく作業です。設定したキーワードに対して、検索結果から訪れるであろう読者の知りたいことを網羅した構成を作成する作業です。構成作成費用は、原稿料に含まれる場合もあります。

打ち合わせ費用

記事執筆にあたり詳しい説明が必要な場合や、ライターの面談を兼ねて打ち合わせをする場合にかかる費用です。面談場所のレンタル代や飲食費、ライターへの人件費などが発生する場合があります。

社内の会議室の利用やオンラインで行う場合、スペースのレンタル代や飲食費はかかりません。特段必要がなければ、移動が発生しないオンラインでの実施をおすすめします。遠方のライターにも依頼が可能です。

原稿料

ライターの記事執筆に対する費用です。原稿料は1文字あたりにかかる文字単価と、1記事ごとにかかる記事単価、一般のアルバイトと同じ時給単価の大きく3パターンがあります。

詳細は「記事作成代行の料金の決まり方」で解説していますが、原稿料はライターのスキルや文字数、専門性の高さなどによって変動します。

写真撮影費用

記事に写真を掲載したい場合にかかる費用です。

カメラマンの技術力や使用する機材によっても異なりますが、プロに依頼する場合、数万円〜40万円程度かかります。クオリティの高い写真を掲載したい、紙媒体で掲載したいなどの希望がある場合は、プロのカメラマンに依頼すると良いでしょう。

一方、ライターが撮影を請け負うこともあります。ただしライターはプロのカメラマンではありません。大量の写真が必要な場合には良いかもしれませんが、クオリティを求めるならおすすめできません。

写真撮影を依頼する目的に合わせ、誰に依頼するかを決めましょう。

画像制作費用

表やグラフ、アイキャッチや図解等を制作する際の費用です。記事の中に文字だけでなく図や表があることで視覚に訴えられ、情報をわかりやすく伝えられるメリットがあります。

すでにあるデザインを使う場合と、一からデザインして作成する場合があります。既存のデザインを利用するよりも、一から作成するほうが料金は高くなります。

リライト費用

既存記事を改善させるため、文章を書き直す際にかかる費用です。リライトでは記事の書き直しだけでなく、競合調査や見出しの変更、内部リンクの設定作業などが含まれることもあります。

記事によってはほとんど書き直しになることもあるため、新規に記事を書く場合と同じだけの料金になることも。SEO効果やサイトの評価を高めていくために、必要な作業です。

ちなみに、リライトを社内で対応したいと考えている場合はリライトの手順と見るべき12のポイントをぜひお役立てください。効果に直結しやすいリライトの方法を解説しています。


リライトの手順と見るべき12のポイント|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

取材費用

取材記事を掲載する際に必要な費用です。記事作成以外に、以下の費用がかかります。

  • インタビューイー(取材を受ける人)やカメラマンなどの人件費
  • カメラやパソコンなどの機材にかかる費用
  • 交通費
  • 動画作成費用
  • その他雑費(お茶代や食事代など)

近年ではオンラインを使った取材も多く行われています。その場合は交通費や雑費などをおさえられるため、比較的安価に取材依頼ができます。

校正・校閲費用

ライターが書き上げた文章をチェックする作業にかかる費用です。正しい日本語が使われているか、読みにくい文章はないかをチェックします。

校正は誤字脱字を正しく直すことで、表面上文章を読みやすくする作業を指します。校閲は内容がそもそも正しいかどうかを確認する作業です。構成や校閲をあわせて「編集」として見積もりに入る場合もあります。ちなみに構成や校閲とは別に編集という項目が見積もりにある場合、編集は「記事がそもそも制作意図からずれていないか、ターゲットから見て理解しやすいか」など企画や構成をチェックする工程を指すことが多いです。

仮に校正や校閲、編集をせずにサイトへ記事を掲載すると、ミスのある初稿が納品されていた場合、わかりにくく質の低い文章がそのまま公開されることになります。最悪の場合、間違った情報を掲載してトラブルに発展するおそれも。読者の信頼を獲得するために欠かせない工程になります。

社内で記事の最終チェックを行いたい場合はメディア担当者向け記事クオリティチェックリスト40をぜひご利用ください。見落としがちなポイントもチェックリストを活用すればもれなく文章を見直せます。


メディア担当者向け記事クオリティチェックリスト40|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

入稿費用

書いた記事をCMSへ入稿する際にかかる費用のことです。CMSとはWordPressLeadGridなどに代表される「Contents Management System」のこと。テキストファイルで納品された記事をインターネットにアップして誰でも見られる状態にするには、入稿作業が必要です。

関連記事:CMSとは?導入によるメリットやデメリット、選び方を解説

入稿費用はあらかじめ原稿料に含まることもあります。また本文とは別に画像を記事に挿入したい場合、画像選定に料金がかかる場合も。

入稿を依頼する際は、契約前に作業範囲をすり合わせておきましょう。

資料費用

ライターが記事を書くときの、参考資料にかかる費用です。特に専門知識が必要な記事の場合、Webの情報だけでなく、専門書などの資料を必要とすることもあります。

資料費用はライターが自前で用意する場合もありますが、依頼主が支払う場合もあるため事前の確認が必要です。

記事作成代行の料金の決まり方

記事作成では依頼先や作業内容以外にも、料金の変わるポイントがいくつかあります。

  • Webライターのスキル
  • 記事の難易度・専門性の高さ
  • 記事の文字数
  • 取材の有無
  • 納期
  • 外注先

Webライターのスキル

記事作成代行料金は、Webライターのスキルによって大きく変わります

Webライターのスキルは、人によってさまざまです。SEOやマーケティングに詳しいライターもいれば、「数日前にデビューしました」といったライターもいます。当然、両者を同じ料金では依頼できません。

とにかく大量の記事があれば良いという考えなら、安い金額で初心者ライターに依頼するのも良いかもしれません。しかし記事に品質を求めるのであれば、ライティングスキルの高いライターに依頼しましょう。

ライターのスキルは実績や評価、ポートフォリオ等で確認できます。記事作成会社に依頼する場合は、ヒアリングの際に実績や同ジャンルの記事例を確認してみましょう。

記事の難易度・専門性の高さ

執筆の難易度や専門性の高さも、記事料金を左右する要因の一つです。

たとえば薬機法や景品表示法の知識が必要な記事や士業監修の記事などは、料金が高くなる傾向にあります。

Webライターは数多くいますが、記事のテーマに沿った専門知識を保有しているWebライターは決して多くありません。自社サイトと相性の良い専門スキルを有するライターと出会えたら、継続依頼するようにしましょう。

記事の文字数

文字単価で依頼する場合、記事の文字数によって料金が変わります。料金は最初に設定した文字数で計算する場合と、納品した記事の厳密な文字数で計算する場合の2種類があります。

たとえば3,000文字の執筆を依頼して、3,507文字の記事が納品された場合で見てみましょう。◯円×3,000文字でカウントするところもあれば、厳密に◯円×3,507文字で計算するところも。

金額面でのトラブルを回避するため、契約時に料金の計算方法をすり合わせておきましょう。

取材の有無

調べて書く記事と比べ、取材記事は料金が高くなる傾向にあります。取材記事を書くにはインタビューのスキルを必要とし、執筆以外の作業も加わるからです。

取材の作業には以下の作業が含まれます。

  • 取材先の選定
  • 取材先のアポイント取り
  • 取材
  • 文字起こし
  • 取材後の執筆

取材は他の記事と比べて時間と手間がかかります。取材にカメラマンが同行すれば、さらに人件費などの費用が追加されます。

納期

記事作成における一般的な制作期間は、1記事あたり3日〜7日程度です。しかし、翌日納品などの短期間での発注を依頼する場合は追加で費用がかかることも。

費用を抑えたい場合は余裕のあるスケジュールで依頼をしましょう

外注先

外注先によっても費用は大きく左右されます。個人のライターへ依頼する場合は費用を抑えやすい一方、制作会社の高いスキルを持つライターに依頼をすると相場よりもコストがかかる場合も。

そのほか、外注先によって依頼できるライティング以外の作業も異なるため、自社の求める条件と比較しながら選定する必要があります。

記事作成代行の見積書で確認すべきポイント

外注企業が作成してきた見積書を確認する際に、費用の妥当性をチェックするために、次の3つのポイントを押さえておきましょう。

  • 項目ごとの価格が妥当か
  • 納期を守れているか
  • 求める制作体制が整っているか

項目ごとの価格が妥当か

1つ目は項目ごとの価格です。記事制作の外注においての経費はインタビュー記事を除くとほとんど生じません。すなわち、価格を決める要素の基準は人件費であると言えます。

作業項目ごとにかかるコストを検討し、時給換算することで価格の妥当性を判断してみましょう。

納期を守れているか

納期についてもしっかりと確認してみましょう。自社の提示した納期を遵守できる内容かをチェックすることで、後からのトラブルを防げます。

求める制作体制が整っているか

制作会社へ外注する場合、組織体制を確認しておく必要があります。たとえば、スケジュール管理やコンテンツのクオリティ担保をしてくれるディレクターが外注企業にいる場合、自社の負担が大きく変わる可能性も。

また、写真コンテンツなどに対しても高いレベルを求めたいケースでは、経験豊富なカメラマンの用意があるかなどを確認しておく必要があります。

このように見積書の内容から、自社が求める条件に見合った体制が整っているかを確認しておくことが重要です。

おすすめの記事作成代行サービス

先述したように、記事代行を外注する方法として「クラウドソーシングの利用」「Webライターへ直接依頼」「記事作成会社へ依頼」の3パターンがあります。

このとき、サービスによって外注するフローや依頼できる作業範囲が異なるため、自社に合ったものを検討することが重要です。

おすすめの記事代行サービスについては、次の記事をご覧ください。

関連記事:おすすめの記事作成代行サービス10選と外注先を選ぶときの注意点

記事作成代行を選定するポイント

記事作成代行の選定ポイントを次の2つに分けてご紹介します。

  • 企業に外注する場合
  • 個人に外注する場合

企業に外注する場合

企業に記事作成の外注をする場合は、次のポイントを確認しておく必要があります。初めて作成依頼をする際は、1つの企業へ一度に複数コンテンツを依頼するのではなく、複数の企業へ依頼してみて比較をしてみると良いでしょう。

1. 担当者のスキルが十分か

企業全体としての制作実績のみならず、ディレクターやライターなど、担当者のスキルまでも把握しておきましょう。同企業内でもスタッフが違えば大きくコンテンツの質に差が生じてしまう可能性があります。

2. 制作実績に同業がいるか

制作実績に自社と同業他社のコンテンツが掲載されているかをしっかりと確認しておきましょう。その際に、自社とマッチした業種の制作物があるかを確認しておくことが重要です。

掲載がない場合は相談ベースで確認すると良いでしょう。

3. SEO対策などの知識は十分か

外注企業にSEO対策などに対してノウハウがあるかを確認しなければ、目的を十分に満たすコンテンツとならない場合があります。ライティングを外注する理由を明確にして、制作に必要な知識を理解しておきましょう。

個人に外注する場合

個人に外注する場合はクラウドソーサイングサイトを活用するのが一般的です。その際には次のようなポイントを把握しておきましょう。

1. 専門分野や得意なジャンルがあっているか

個人のライターの場合、専門分野や得意なジャンルに偏りがある場合があります。自社の事業領域と関連性のある分野で制作実績があるか、また知見があるかなどをしっかりと確認しておかなければ、事実確認などで必要以上の修正が入り、無駄なコストが生じる場合があります。

2. クラウドソーシングなどで下請けを雇っていないか

稀に、委託した業務をさらにクラウドソーシングなどで外注するパターンがあります。その場合、外注費用を下げて依頼するため、自社で把握していたレベルよりも低品質なコンテンツが上がって来る場合も。

3. 今までの実績や評価のレベルが高いか

クラウドソーシングサイトの多くには、取引を行った際に口コミで評価するシステムがあります。口コミが悪いユーザーや今までの取引がない場合などは実績を見て質を見極める必要があります。

格安の記事作成代行は注意が必要

安いという理由だけで作成依頼すると、想定よりもクオリティの低い記事を納品されるおそれがあるので注意しましょう。

スキルや経験豊富なWebライターはすでに多くの依頼を受けている場合が多いため、格安で依頼するのは難しいと言えます。

必ずしも記事の質と料金が比例するとは言えませんが、安い記事には安くできる理由があるものです。「質はまったく気にしない」という場合以外は、格安の記事作成代行はおすすめできません

記事作成代行を依頼する場合は、サイトの目的や何のために記事作成を外注するのかを、明確にしておく必要があります。記事作成の料金だけで、依頼先を決めないようにしましょう。

記事作成代行の相場を知り、信頼できる依頼先へ外注しよう

記事作成代行の料金相場は、依頼先や記事の内容によって変わります。サイトの目標を達成するには、料金の安さだけで外注先を決めるのは危険です。

記事作成は料金だけでなく、信頼できるWebライターや記事制作会社に依頼しましょう。実績やライターのポートフォリオなどを参考に、依頼先を選定するのがおすすめです。

デザイン性の高いWebサイトの制作や直感的なコンテンツ更新が可能な国産CMS・LeadGridではサイトの運用支援の一環として記事制作も対応しております。記事制作ではSEOやインタビュー記事、リライトにも対応。記事のクオリティには定評があります。

またLeadGridでは「メディア担当者向け記事クオリティチェックリスト40」を無料で確認が可能です。記事のクオリティを上げたいとお考えのWeb担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

予算別でわかる!
オウンドメディア制作事例集、無料配布中!

各企業の予算に応じた制作事例を一挙公開。オウンドメディア依頼前に費用相場を把握し、自社に最適なサイトを構築するためのアイデアやヒントが満載の資料を無料でダウンロードできます。ぜひご活用ください!

無料でダウンロードする

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部は、Web制作とデジタルマーケティングの最前線で活躍するプロフェッショナル集団です。Webの専門知識がない企業の担当者にも分かりやすく、実践的な情報を発信いたします。

関連記事

Works

サイト制作事例