CMS移行を成功させよう!タイミングや手順をわかりやすく解説|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

CMS移行を成功させよう!タイミングや手順をわかりやすく解説

目次

CMSは企業のサイト構築において、欠かせないツールとなりました。CMS移行を検討しているものの、何から手をつけたら良いのかわからない人も多いかと思います。

そこで今回はCMS移行のタイミングや手順、サービスの比較ポイントや注意点について解説します。

CMSとは

CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略称です。CMSを使うことで、専門知識がなくても、サイト構築や運営が簡単にできるようになります。

通常のWebサイト制作では、HTMLやCSSなどのシステムの知識と技術を必要とします。しかしCMSを使うと、文章編集ソフトのような操作感で、誰でもWebサイト作成が可能になります。テンプレートから手軽に自作できたり、独自開発を行いデザイン性の高いサイトを作ったりと、CMSであっても多彩なWebサイト制作が可能です。

CMSを導入する大きなメリットは、サイトを自社で更新できることです。自社でサイト運用できるため、Web制作会社を通さずに、コンテンツの追加や更新が可能です。CMS導入によってコスト削減や、サイト更新スピードのアップが図れます。

関連記事:CMSとは?導入によるメリットやデメリット、選び方を解説

CMSの移行を検討するタイミング2つ

CMS移行を検討するタイミングは、以下の2つです。

  • 現在使用中のCMSが使いにくいと感じたとき
  • Webサイトをリニューアルさせたいとき

1. 現在使用中のCMSが使いにくいと感じたとき

現在使用中のCMSでは思うようなサイトが作れない、操作性が悪く使いにくいと感じたら、CMSの移行を検討するタイミングです。

CMSにはさまざまな種類があり、それぞれ機能や強みが異なります。利益につながる効果的なWebマーケティング活動を展開していきたいのなら、サイト運用の目的に適したCMSを選ぶことが重要です。

CMSを乗り換えることで、現在抱えている問題解決の糸口が見つかることもあります。

2. Webサイトをリニューアルさせたいとき

サイトをリニューアルさせたい場合も、CMS移行のタイミングと言えます。サイトリニューアルの背景には課題を解決したい、運用目的が変わったなど、今のサイトを改善させたい狙いがあるはずです。

現在の問題を解決できる機能が備わったCMSへ乗り換えることで、よりサイトの価値を高められます。

たとえばリード獲得でつまずいているなら、まずリード獲得の仕組みから見直しましょう。ホワイトペーパーの自動ダウンロード機能やフォーム調整機能が備わったCMSに移行し、ホワイトペーパーをリリースしながらフォームのテスト行うと良いでしょう。

特に、会社の顔であるコーポレートサイトのリニューアルを検討する際は失敗しない!コーポレートサイトリニューアル-費用、工期、制作の流れまで丸わかりマニュアル-もあわせてご覧ください。リニューアル時の流れを踏まえることでどのようなCMSを選定すべきか、比較検討時の指針が固まります。


失敗しない!コーポレートサイトリニューアル-費用、工期、制作の流れまで丸わかりマニュアル-|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

CMSの移行手順4ステップ

CMS移行の手順を一つずつ解説していきます。

  1. CMSを移行させる目的を明確化
  2. サイト全体の見直し
  3. それぞれのページに優先順位
  4. CMSの選定

1. CMSを移行させる目的を明確化

目的に合わせたCMSを導入することで、操作性やセキュリティの向上、CMS付属のWEBマーケティング機能が利用可能になるなど、よりスムーズなサイト運用が可能となります。

株式会社サイト・パブリスによる「CMS乗り換えに関する実態調査」によると、企業がCMSを移行する目的は以下のとおりでした。

  • システムの不具合の改善
  • コンテンツマーケティングへの注力
  • CMSの操作性の向上

(参照:株式会社サイト・パブリス

長期間運用していると、サイト運用目的も変わってくることもあるでしょう。現在の運用目的を明確にし、課題に合わせたCMSを選ぶ必要があります。

2.サイト全体の見直し

既存サイトの全体を見直しましょう。一つひとつのページを洗い出し、要素をリスト化することで全体の把握が可能となります。

見直しは、不要なページと移行させるページを選別するために、必要な作業です。リスト化する際には、以下のような情報をメモしておくと良いでしょう。

  • タイトル
  • URL
  • 管理責任者
  • PV、CVRなどのデータ
  • 公開日
  • 公開期間

3. それぞれのページに優先順位

ページがリスト化できたら、それぞれのページに優先順位をつけていきます。現サイトを丸ごと移行するのではなく、残しておくべきページと移行させないページに分類します。

移行させないページも「サーバー上から削除」するものと「サーバー上には残しておく」ものに分けておきましょう。

4.CMSの選定

移行させるページが決まったら、CMSの選定です。最初に設定した目的を達成するため、有効なCMSを選定しましょう。

どんなサイトにしたいのか、そのためにはどんな機能が必要なのかを一度書き出してみるのがおすすめです。

このとき「CMSを選ぶのが難しい」「自社に合ったCMSを教えてほしい」等のお悩みがある場合は、LeadGridの「BtoB企業向けCMSカオスマップ」を参考にしてみてください。厳選した42のサービスを、サイトの種類ごとにカオスマップでまとめてあります。


BtoB企業向け CMSカオスマップ|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

ある程度候補が絞れたら「BtoB企業向けCMS比較一覧表」で機能を比較し、検討してみてください。


BtoB企業向けCMS比較一覧表|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

CMSを比較する際のポイント3つ

CMSを比較する際は、3つのポイントをチェックしてみましょう。

  • CMSの種類を比較
  • CMSの機能を比較
  • CMSのセキュリティを比較

1. CMSの種類を比較

CMSは大きく分けて、以下の3種類に分けられます。

  • オープンソース型CMS
  • パッケージ型CMS
  • クラウド型CMS

オープンソース型CMSとは、プログラムのソースコードが一般公開されているCMSのことです。無償のものがほとんどです。(例:WordPress・Drupal・Concrete CMS)

オープンソース型のメリット

  • 無料で使えるためコスト削減になる
  • プラグインが豊富で、機能拡張や追加が簡単

オープンソース型のデメリット

  • ベンダーからのサポートはない
  • ぜい弱性を狙ったセキュリティリスクがある

パッケージ型CMSはベンダーからライセンスを購入し、自社のサーバーにインストールするCMSのことです。豊富な機能でセキュリティの高いCMSが多く、商用に向いています。(例: HeartCoreCMS・SITEMANAGE・Movable Type)

パッケージ型のメリット

  • サポートが手厚い
  • 企業向けの機能が豊富

パッケージ型のデメリット

  • コストがかかる(初期費用、月額、機能追加費用など)

クラウド型CMSはインターネット環境とブラウザがあれば、どこでも利用できます。初期費用や工数が少なくてすむCMSです。(例:LeadGrid・ShareWith・ペライチ)

クラウド型のメリット

  • スピーディーに導入できる
  • バージョンアップの必要がない

クラウド型のデメリット

  • 海外製は日本語サポートを得られないことも
  • トラブル発生時はベンダーに依頼する必要がある

2. CMSの機能を比較

サイト目的に合った機能がそろっているCMSを比較しましょう。これまでサイト運営してきた中で、足りないと感じていた機能が備わったCMSを選ぶのがポイントです。

たとえばSNSで拡散させたい目的の場合はソーシャル連携機能のあるCMSを、ランディングページやトップページなどの最適化をスピーディに行いたい場合には、プレビューで実際のページを見ながら文章を編集できる「見たまま編集」に対応したCMSを探すと良いでしょう。

現在のCMSに追加したい機能を洗い出し、必要な機能が備わっているCMSを比較してみましょう。

3. CMSのセキュリティを比較

セキュリティ対策もCMSを選ぶうえで重要です。

特にBtoBの場合、情報セキュリティには大きな注意を払う必要があります。たとえば情報が漏えいした場合、顧客信用を一気に失うことにもなりかねません。

不正アクセスやサイト改ざん、ウイルスによるサービスの停止などのリスクから自社サイトを守るため、セキュリティ対策を忘れずに行いましょう。

セキュリティ対策を強固にしたいなら、オープンソースのCMSよりも有料のパッケージ型CMSやクラウド型のCMSがおすすめです。予算や自社の運用方法を考慮して、必要なセキュリティを判断すると良いでしょう。

CMS移行時の注意点3つ

CMSを移行する際の注意点を3つ紹介します。

  • URLは変えないほうがベター
  • 不要なページは移行しない
  • 移行させるページの不具合をチェックしておく

1. URLは変えないほうがベター

サイトのURLはそのまま引き継ぐことをおすすめします。なぜならURLを変えることでSEO評価が下がる恐れもあるからです。

SEOはさまざまな要素によって評価されます。そのうちの一つが被リンクです。URLを変更した時点で、被リンクは失われてしまいます。

検索順位が下がるとサイトを訪れる人が減るため、集客にも影響が出ます。サイトに悪影響を及ぼさないためにもURLはそのままにしておきましょう。

2. 不要なページは移行しない

新しいCMSには、必要なページのみを移行させましょう。不要なページを移行させると、時間やコストが無駄にかかります。以下のようなページは、削除を検討しましょう。

  • リンク切れが起きているページ
  • 掲載期間が過ぎているページ
  • PVが少ないページ

その他自社の判断基準に合わせ、必要・不要なページを分けていくとよいでしょう。

3. 工数は多めに見積もっておく

CMS移行にはさまざまな作業が伴います。無理のないスケジュールにするため、工数を多めに見積もっておくと良いでしょう。

CMS移行は既存のコンテンツを移し替えるため、想像以上に工数がかかるものです。サイトの規模が大きいほど、CMS移行の時間や作業工数がかかります。

十分なリソースが確保できずリスケジュールとならないよう、CMS移行する際は作業工数を多めに見積もっておきましょう。

CMS移行に関するQ&A

CMS移行で気になることをQ&Aにしてまとめました。CMS移行の参考にしましょう。

Q1. コーポレートサイト(企業サイト)におすすめのCMSは?

コーポレートサイトは企業の顔ともいうべきサイトです。ユーザーが求める情報をわかりやすく掲載し、自社への興味・愛着を持ってもらう目的に応えられる、おすすめのCMSは以下の3つです。

  • LeadGrid
  • NOREN
  • a-blog cms

1. LeadGrid

▲出典:LeadGrid

 LeadGridは大手企業からスタートアップまで、さまざまなWebサイトで導入されているCMSです。使いやすいシンプルな管理画面で、操作方法がシンプル。

LeadGridは見たまま編集が可能なので、コーポレートサイトの更新がスピーディーに行えます。またコーポレートサイトには欠かせない、お問い合わせフォームや資料請求等のフォーム管理もわかりやすい仕様です。ブログ投稿機能も使いやすく、誰でも簡単に使いこなせるCMSとしてサイト運用をサポートします。

2. NOREN

▲出典:NOREN

 NORENはセキュリティの高さに定評があり、外部からの攻撃や障害に強いCMSです。コンテンツ入力方法はテキスト・エディター・ブロック形式の3種類があり、使い方に合わせて選べます。

言語別サイト構築、多段階承認フロー、スキルに応じた豊富な入力支援機能が備わっています。CMSを導入したあとの運用フォローも手厚く、デジタルマーケティングにも強みがあるCMSです。

3. a-blog cms

▲出典:a-blog cms

 国産のa-blog cmsは、HTMLベースでテンプレートの管理ができ、使いやすいCMSとして評判です。デバイスに合わせたレスポンシブWebデザイン多言語対応しており、ユーザーにとって使いやすいサイトが作成できます。

またCookieを利用し、訪問者に合わせたコンテンツの表示が可能です。ユーザーの興味や時期、訪問回数によって表示が切り替えられる、マーケティング機能も充実しています。買い切りとサブスクリプションのライセンスと選べ、予算に合わせた方法で契約できます。

関連記事:コーポレートサイト構築におすすめのCMS9選|導入するメリットや選び方も

Q2. CMS構築費用の目安は?

CMS構築の費用目安は、サービスによって大きく異なります。サイト別の費用目安を紹介します。

  • コーポレートサイト

サイト規模

費用目安

小規模サイト

150〜300万円

中規模サイト

300〜600万円

大規模サイト

600万円〜

  • メディアサイト

サイト規模

費用目安

中小規模サイト

100〜300万円

大規模サイト

300万円〜1,000万円

  • ECサイト

サイト規模

費用目安

小規模サイト

50〜200万円

中規模サイト

200〜600万円

大規模サイト

600万円〜

  • ランディングページ

サイト規模

費用目安

小規模サイト

10〜30万円

中規模サイト

30〜60万円

大規模サイト

60万円〜

  • 採用サイト

サイト規模

費用目安

小規模サイト

100〜200万円

中規模サイト

200〜400万円

大規模サイト

300万円〜

Q3. CMSを移行させるデメリットはある?

既存ページの移行に時間と手間がかかることです。移行手順でも紹介したように、一つひとつのページを精査し、必要なページと不要なページに分けなければなりません。

加えて、新しいCMSの操作を習得する必要があります。これまでの使い方に慣れていると、人によっては新しいCMSの操作方法に戸惑うかもしれません。

直感的に使えるCMSなら操作方法に迷うことなく、すぐに使いこなせるでしょう。

CMSの移行を成功させてより良いサイトに仕上げよう

移行の作業は、既存ページの洗い出しを一つずつ行う必要があるため、どうしても時間と手間がかかります。しかし目的に合ったCMSへ乗り換えることで、より効果的なサイト運用が可能となります。

LeadGridはリード獲得に強みがある、クラウド型のCMSです。ユーザーの流入経路やアクションなどの検索、資料ダウンロード機能や問い合わせフォームの最適化など、さまざまな機能が備わっています。

また最高レベルのセキュリティ基準にも対応。直感的に操作できるUIデザインで、プログラミングの知識がない人でも簡単にサイト編集が可能です。

こちらでLeadGridのサービス資料を紹介しているので、お気軽にダウンロードしてみてください。

60以上のCMSから32のサービスを厳選し、それらを表で比較しました

CMS比較一覧表を見る

リード獲得に強いCMS・Webサイト運用ツール LeadGrid

LeadGridを使えば、Webマーケティングに強いサービスサイト、オウンドメディア、コーポレートサイト制作をスピーディに制作可能です。

ページを見たまま編集できる「ページ編集機能」や「フォーム管理機能」など、Webの知識がなくても担当者ベースで施策が実行できます。

くわえてご希望の方には、WebマーケティングやSEOコンテンツの設計、運用、分析までトータルでご支援しています。

Webサービスやオウンドメディアの立ち上げ、コーポレートサイトリニューアルなど、御社のプロジェクトをお気軽にご相談下さい。

得意領域

  • Webマーケティングに強いWebサイト制作
  • サービスサイト、オウンドメディアサイトの立ち上げ
  • Webマーケティングの戦略設計、運用支援

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG(リードグリッド ブログ)は、リード獲得に役立つ情報を発信するWebマーケティングメディアです。

お役立ち資料

サイト制作、マーケティング戦略設計、コンテンツ制作、Webコンサルティング
関連のお役立ち資料をご紹介します。

Web制作・CMS開発・Webマーケティングに関してお気軽にご相談ください。

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、Webコンサルティング、コンテンツマーケティングの実績から制作から運用・改善までトータルでサポートします。