金融業界に強いWebコンサルティング会社5選|施策のポイントや選び方も解説|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

金融業界に強いWebコンサルティング会社5選|施策のポイントや選び方も解説

目次

金融業界では商品の比較検討がインターネット上で行われるようになり、とくに若い世代の新規顧客獲得が急がれる中で、Webマーケティングの重要性がますます高まっています。

しかしセキュリティとコンプライアンスの確保や高い専門性が求められるため、自社だけWebマーケティングに対応することは困難です。そこで本記事では、金融業界に詳しいWebコンサルティング会社の選び方と、Webマーケティングを成功させるための5つのポイントを分かりやすく解説します。

関連記事:Webコンサルティングとは?支援内容やメリット、外注時のポイントを解説

金融業界でのWebコンサルティング会社の選び方

金融業界でWebコンサルティング会社を選ぶときは、次の5つの点に気をつけましょう。

  1. 金融業界の知識と実績が豊富か
  2. 対応領域は自社の想定通りか
  3. セキュリティとコンプライアンスを重視しているか
  4. 長期的な視点でサポートしてくれるか
  5. 金融業界の規制に対応できるか

1. 金融業界の知識と実績が豊富か

金融業界は他の業界と比べて専門性が高いため、金融業界に特化した知識と経験を持つWebコンサルティング会社を選ぶことが重要です。候補となる会社の過去の実績や事例を確認し、金融機関のWebマーケティングで成果を上げた経験があるかどうかを見極めましょう。

また金融商品やサービスに関する深い理解があるかどうかも重要なポイントです。金融業界に精通したコンサルタントがいる会社であれば、的確なアドバイスや提案を提供してくれるはずです。

2. 対応領域の確認

Webコンサルティング会社が提供するサービスの範囲を確認しましょう。Web広告、SEO、Webサイト制作、マーケティング戦略など、どの領域に強みがあるかを把握することが重要です。

自社が力を入れたい部分、課題に感じている部分が得意である会社を選ぶことで、会社選びの失敗を避けることができます。

3. セキュリティとコンプライアンスを重視しているか

金融業界は顧客の個人情報や機密情報を多く扱うため、セキュリティとコンプライアンスが最優先事項となります。Webコンサルティング会社選びの際は、セキュリティ対策とコンプライアンス遵守に力を入れている会社を選ぶようにしましょう。

具体的にはプライバシーポリシーやセキュリティポリシーが明確に定められているか、必要な認証を取得しているか、データの取り扱いや保護に関する方針が適切か、金融関連の法規制に対応しているかなどを確認しましょう。

4. 長期的な視点でサポートしてくれるか

金融業界のWebマーケティングは一時的なプロジェクトではなく、長期的な取り組みが求められます。Webコンサルティング会社選びの際は、長期的な視点でサポートしてくれる会社を選びましょう

単発の施策提案だけでなく、継続的な改善や最適化に取り組んでくれるか、また担当者の交代時の引き継ぎ方法や、問い合わせへの対応体制なども判断材料となります。

長期的にサポート可能な会社を選ぶことで、持続的な成果の獲得が可能となります。

5. 金融業界の規制に対応できるか

金融業界は、他の業界に比べて規制が厳しいことで知られています。

Webコンサルティング会社選びの際は、金融業界特有の規制に対応できる会社を選ぶことが重要です。たとえば金融商品取引法や個人情報保護法、資金決済法などの関連法規に理解があり、自社と並走できる会社であるかどうかを見極めましょう。

また規制の変更にも迅速に対応できる会社であることも重要なポイントです。

金融業界に強いWebコンサルティング会社5選

金融業界に強いWebコンサルティング会社について、下記5社を紹介します。

  • 株式会社GIG
  • 株式会社デジタルアイデンティティ
  • シンプレクス株式会社
  • アクセンチュア株式会社
  • 株式会社プロシード

株式会社GIG

株式会社GIGは、Web制作からマーケティング、データ解析、Webコンサルティングまで、Web集客のことなら何でも任せられる東京のWeb制作会社です。

金融業界にも強みを持ち、金融事業を扱っている企業のWeb制作で信頼性をデザインでアピールすることに長けています。またGIGは戦略立案からUXデザイン、コンセプトデザイン、アジャイル開発まで一気通貫でデジタル領域におけるクライアントの課題解決に取り組んでおり、Webサイトの制作のみならずクライアント企業が無駄なく効果的なWebサイト展開を実現できるよう、Web戦略の構築から支援しています。金融業界のWebサイト制作では、三菱UFJイノベーション・パートナーズ様のコーポレートサイトとリブランディング、グローバルサイト対応など、多数の実績があります。

株式会社GIGの詳細はこちらから

株式会社デジタルアイデンティティ

▲出典:株式会社デジタルアイデンティティ

株式会社デジタルアイデンティティは、デジタルマーケティングの専門家集団として、とくに金融業界に強みを持つWebコンサルティング会社です。都市銀行、地方銀行、信託銀行、生命保険、損害保険、証券、アセットマネジメントなど、金融機関のあらゆるマーケティング施策を専門コンサルタントがサポートしています。

デジタルアイデンティティはWebサイト制作、SEO、オウンドメディア構築・運用、動画制作など、金融機関の豊富な実績を有しています。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、SBI損保、楽天証券など大手金融機関を多数顧客に持ち、デジタルマーケティングのコンサルティングからWebサイトやアプリの制作、デジタル広告の運用、データ分析に至るまで、ワンストップでソリューションを提供しているのが特徴です。

株式会社デジタルアイデンティティの詳細はこちらから

シンプレクス株式会社

▲出典:シンプレクス株式会社

シンプレクス株式会社は、金融業界に特化したITコンサルティングとシステム開発で高い実績を誇る会社です。メガバンクや大手証券会社など、大手金融機関の収益に直結するフロント領域のシステム開発を得意としており、国内トップクラスのシェアを獲得しています。

シンプレクスは高度な金融工学と最先端のIT技術を駆使し、コンサルティングから設計、開発、運用保守まで、金融システムのライフサイクル全般をカバーするワンストップサービスを提供しています。とくにトレーディングシステムやディーリングシステムなどの開発実績が豊富で、金融機関のビジネスパートナーとして長年の信頼を得ています。

シンプレクス株式会社の詳細はこちらから

アクセンチュア株式会社

▲出典:アクセンチュア株式会社

アクセンチュア株式会社は、世界最大級のコンサルティング会社であり、とくに金融業界に強みを持つWebコンサルティング会社です。国内トップクラスの銀行や保険会社など、多くの金融機関を顧客に持ち、デジタルトランスフォーメーションの支援から、基幹システムの刷新、データ分析まで、幅広いサービスを提供しています。

同社は、戦略立案からUXデザイン、コンセプトデザイン、アジャイル開発まで一気通貫でデジタル領域におけるクライアントの課題解決に取り組んでおり、金融機関のデジタル化を強力に推進しています。たとえば福岡銀行と共同で日本初のクラウドネイティブ銀行「みんな銀行」を立ち上げるなど、革新的なプロジェクトを多数手がけています。また金融業界に特化した「FSアーキテクト」と呼ばれる専門チームを有しており、業界の最新トレンドや技術情報の発信にも力を入れています。

アクセンチュア株式会社の詳細はこちらから

株式会社プロシード

▲出典:株式会社プロシード

株式会社プロシードは、金融業界に特化した財務コンサルティングを行う会社です。元銀行員が多数在籍しており、金融機関と中小企業の間に立ち、財務の積極開示と改善施策の提案を通じて、双方の利益となるよう支援しています。

同社は、金融機関からの紹介も多数受けており、高いソリューション提供力が評価されています。金融業界のWebサイトやアプリ開発、デジタルマーケティング支援にも力を入れており、金融機関のデジタル化を多角的にサポートしています。また顧客体験の向上にも注力しており、金融サービスを利用する顧客との関係構築のあり方を探究しています。サービス戦略の立案から、応対品質の診断、人材育成まで、ワンストップでソリューションを提供できる点が強みです。

株式会社プロシードの詳細はこちらから

金融業界でWebマーケティングが必要な背景

金融業界においてWebマーケティングが必要とされる背景は以下の通りです。

  1. 顧客のデジタルシフト
  2. 他者との差別化する必要性
  3. 新規顧客の獲得
  4. 非対面チャネルの強化
  5. データ活用の必要性

1. 顧客のデジタルシフト

スマートフォンの普及やコロナ禍の影響により、顧客の金融サービスの利用がオンラインにシフトしています。インターネットで情報収集し、比較検討したうえで金融商品を選ぶ顧客が増えており、Webマーケティングによって顧客の意思決定をサポートすることが重要になっています。

2. 他社との差別化の必要性

金融商品は多様化・コモディティ化が進んでおり、金利や手数料だけでは差別化が難しくなっています。Webマーケティングを通じたブランディングやユニークな顧客体験の提供により、他社との差別化を図ることが求められています。

3. 新規顧客の獲得

少子高齢化により国内市場が縮小するなか、新規顧客の獲得が金融機関の重要課題となっています。Webマーケティングにより若年層など新たな顧客層にアプローチし、顧客基盤の拡大を目指す動きが活発化しています。

4. 非対面チャネルの強化

コロナ禍を経て対面営業が減少した現在、非対面チャネルの強化が急務となっています。Webサイトやアプリなどのデジタルチャネルを通じて顧客とのエンゲージメントを高め、リモートでも良質な顧客体験を提供することが求められています。

5. データ活用の必要性

金融機関は顧客の取引履歴など豊富なデータを保有していますが、十分に活用できていないのが現状です。Webの行動データと組み合わせて分析することで、パーソナライズされたアプローチが可能となり、マーケティングの高度化が期待できます。

金融業界におけるWebマーケティングの5つのポイント

金融業界におけるWebマーケティングを成功させるためのポイントは以下の通りです。

  • 信頼性と安全性を訴求する
  • コンテンツマーケティングを活用する
  • SEOを並行して行う
  • 複数チャネルを連携する
  • UI/UXの改善を行う

信頼性と安全性の訴求

金融業界のWebサイトでは、SSL化による通信の暗号化や個人情報保護方針の明示など、セキュリティ面での信頼性をアピールすることが欠かせません。またコンプライアンスへの取り組みや各種法令の遵守状況なども積極的に開示し、顧客の不安を払拭する必要があります。

具体的には、プライバシーポリシーや利用規約をわかりやすく掲載したり、第三者機関の認証マークを表示したりすることで、安全性の高さを視覚的に訴求することが有効です。加えて、サイト上の文章やデザインからも、真摯で誠実な企業姿勢が伝わるよう細部までこだわることが大切だといえます。

コンテンツマーケティングの活用

金融業界のコンテンツマーケティングでは、金融リテラシーの向上につながる良質な記事の提供が求められます。投資信託や税制、相続対策など、顧客の関心が高いトピックを取り上げ、専門用語を避けてわかりやすく解説することが重要です。

また顧客の悩みや疑問を解決する実用的なコンテンツは、企業の専門性や顧客目線の姿勢を印象付けるのに最適です。社員のインタビュー記事やお客様の声など、人となりが伝わるコンテンツも信頼感の醸成に役立ちます。定期的な更新を継続し、自社メディアとしての価値を高めていくことが肝要だといえるでしょう。

関連記事:金融業でコンテンツマーケティングを成功させるポイント5つ|手法や事例についても

SEOを並行して行う

金融キーワードの検索上位表示はサイトへの集客アップに直結するため、SEOは特に重要視されます。

関連記事:SEOとは何か? メリットやすぐにできる対策方法を初心者向けにわかりやすく解説!

金融分野のSEOはYMYLにあたるため、事業として金融業界にいる場合はむしろ追い風です。EEATを意識し、読者ファーストのコンテンツを地道に積み重ねることが大切です。

関連記事:YMYLとは?該当するジャンルやSEO記事の制作で押さえるべき考え方を解説

関連記事:E-E-A-Tとは?SEOで重要なGoogleの4つの評価基準や対策法を解説

複数チャネルを連携する

金融機関のWebサイトは、情報発信のハブとなる重要な役割を担っています。サイトに誘導するための SEOや広告施策はもちろん、アプリやサイト上の会員登録、メールマガジン購読などの導線を最適化し、顧客との長期的な関係構築を目指しましょう。

またSNS上での情報発信も欠かせません。Webサイトのコンテンツを再利用しつつ、各チャネルの特性を活かした表現の工夫が必要です。オフラインのセミナーや店舗とのシームレスな連携も視野に入れ、顧客接点の可能性を広げていくことが求められるでしょう。

UI/UXを改善する

金融商品の申し込みフォームやインターネットバンキングのログイン画面など、ユーザビリティの高さが直接ビジネス成果に影響するページも少なくありません。ユーザーの目的達成を阻害しない、シンプルで使いやすいUIデザインを徹底しましょう。

またスマートフォンやタブレットでのアクセス増加を踏まえ、レスポンシブデザインやネイティブアプリの導入も検討すべき課題と言えます。ユーザビリティテストを重ね、サイト内の様々なアクションが直感的かつスムーズに行えるよう、UIの継続的な改善に取り組むことが重要だといえるでしょう。

金融業のWebコンサルティングはLeadGridまで

この記事では金融業界でのWebコンサルティング会社の選び方から、金融業界に強いコンサルティング会社、金融業界でWebマーケティングのコツまで紹介しました。この記事を参考に、ビジネスをより拡大していきましょう。

なお金融業のWebコンサルティングなら、LeadGridまでご相談ください。

LeadGridとは株式会社GIGが開発したCMSで、デザイン性が高く社内外へのブランディングにつながると定評があります。またLeadGridはCMSとしても使いやすいので、コンテンツマーケティングやコンテンツSEOを行う際にも情報発信の邪魔をしません。

さらにLeadGridは上場企業にも導入されており、セキュリティも担保されています。Webマーケティングの母艦となるWebサイトにLeadGridを活用することで、よりビジネスを拡大していきましょう。

LeadGridの詳細はこちらをご覧ください。

LeadGridの詳細はこちらから

LeadGridの制作実績はこちらから

見たまま編集ができる、デザイン×リード獲得に強いCMS『LeadGrid』

サービス資料はこちら

リード獲得に強いCMS・Webサイト運用ツール LeadGrid

LeadGridを使えば、Webマーケティングに強いサービスサイト、オウンドメディア、コーポレートサイト制作をスピーディに制作可能です。

ページを見たまま編集できる「ページ編集機能」や「フォーム管理機能」など、Webの知識がなくても担当者ベースで施策が実行できます。

くわえてご希望の方には、WebマーケティングやSEOコンテンツの設計、運用、分析までトータルでご支援しています。

Webサービスやオウンドメディアの立ち上げ、コーポレートサイトリニューアルなど、御社のプロジェクトをお気軽にご相談下さい。

得意領域

  • Webマーケティングに強いWebサイト制作
  • サービスサイト、オウンドメディアサイトの立ち上げ
  • Webマーケティングの戦略設計、運用支援

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG(リードグリッド ブログ)は、リード獲得に役立つ情報を発信するWebマーケティングメディアです。

お役立ち資料

サイト制作、マーケティング戦略設計、コンテンツ制作、Webコンサルティング
関連のお役立ち資料をご紹介します。

Web制作・CMS開発・Webマーケティングに関してお気軽にご相談ください。

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、Webコンサルティング、コンテンツマーケティングの実績から制作から運用・改善までトータルでサポートします。