Webサイト制作の見積もりで気をつけるべき点は?費用の内訳項目も|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

Webサイト制作の見積もりで気をつけるべき点は?費用の内訳項目も

目次

Webサイト制作の見積もりを取るにあたって気をつけるべきポイントについて解説します。

見積もりの内訳項目についても解説するので、予算内で最大の成果を出したい方はぜひご覧ください。

Webサイト制作の見積もりで気をつけるべき6ポイント

▲出典:Unsplash 

 Webサイト制作の見積もりで気をつけるべきポイントは次の6つです。

  1. RFPを作成する
  2. 相見積もりを取る
  3. 分からない項目は質問する
  4. ページ単価・工数単価の違いを知る
  5. 見積もりの価格だけで判断しない(提案内容・サービスの質を確認)
  6. 見積書に書かれない項目をチェックする

1. RFPを作成する

見積もりを依頼する前に、RFPを作成しましょう。

RFPとは“Request For Proposal”の略で、システム開発やサイト制作を導入・発注する際に依頼内容をまとめた提案依頼書のことです。基本的には発注側が作ります。

理想的なRFPの項目としては以下の12項目です。

背景

目的

開発方針

予算

スケジュール

提案依頼範囲

ターゲット

サイトの内容

発注範囲

制作期間の希望

体制

競合

(それぞれの項目の具体例や書き方については、お役立ち資料「BtoB企業向け RFPの書き方とは」を参照ください)

つまりRFPを事前に作成することで、Webサイトを制作するに至った背景やサイト制作の目的、ターゲットが整理されるきっかけになるのです。

またこのとき予算やスケジュールについてもなるべく具体的指示しましょう。「なるべく安く」「なるべく早く」ではなく、「予算は上限300万円まで」「11月上旬にはリリースしたい」など、具体的に決めておくことで、見積もりの際より良い提案を受けるやすくなります。

2. 相見積もりを取る

作成したRFPをもとに、3社以上の会社に相見積もりを取りましょう。同じRFPなので同条件で、制作会社同士の提案を比較しやすくなります。

ただあまり比較対象が多すぎても、見積もり依頼や比較検討が大変になるので、相見積もりは多くても5社程度にしましょう。

3. 分からない項目は質問する

見積もり項目の中にわからない項目があれば、遠慮なく質問するようにしましょう。

制作会社によっては、いくつかの項目がまとまって記載されているなどで内訳がわからないことがあります。

また項目が詳細だったとしても、内容がよくわからない場合もあります。優良な制作会社側であれば、認識の行き違いで後々揉めるのは避けたいはず。基本的に何でも丁寧に答えてくれるので、気になったポイントは質問をしましょう。

むしろ質問への応対が、制作会社との相性を測るよい材料にもなります。

4. 作業単価・ページ単価・工数単価の違いを知る

見積金額の計算方法は主に下記3つに別れます。

  • 「作業数単価」で出す制作会社
  • 「ページ単価」で出す制作会社
  • 「工数単位」で出す制作会社

作業単価

作業単価は作業ごとに特定の単価が設定されていて、サイト制作の際に必要となる作業の合計で見積もりを出す方法のことです。下記のような見積もりを行います。

作業単価の見積もり例)

  • サイト設計:15万円
  • 実装:20万円
  • サイトデザイン:20万円
  • SEO記事設計:25万円
  • 合計:80万円

項目ごとに内訳がはっきりする点がメリットですが、追加項目やもともとのパッケージ外の範囲を超える依頼となると再度見積もりとなる点がデメリットとなります。

ページ単価

ページ単価はトップページやサービス紹介ページなどページの種類に関係なく、1ページあたりの単価が設定されていて、必要なページ数と単純な掛け算によって見積もりの合計金額がわかるといった見積もり方法です。

ページ単価の見積もり例1)

  • 1ページあたり4万円
  • 必要なページ数:10ページ
  • 合計:40万円

 上記のような見積もりを行います。

1ページあたりの単価ではなく、まとまったページ数に定価が定められていて、追加ページごとに追加料金、といった形の算出をしている会社もあります。そこ場合、下記のような見積もり方法になります。

ページ単価の見積もり例2)

  • 5ページまで:25万円
  • 6ページ目以降:3万円/ページ
  • 必要なページ数:10ページ
  • 合計:40万円

工数単位

工数単位は、サイト制作に関連するスタッフの稼働見込み時間で見積もりを立てる方法です。

工数単位の見積例)

  • スタッフの単価:6万円/人日
  • 見込みの作業日数:30人日
  • 合計:180万円

工数単位の見積り方法は、他の2つの方法と比べて追加工数に柔軟に対応できるメリットがあります。しかしこのままだと発注主側がどの作業項目に対していくらがかかっているのかが分かりづらいため、他の「作業単価」や「ページ単価」などの方法とミックスして使われることもあります。

サイト設計単体の工数単位による見積もり例)

  • スタッフの単価:6万円/人日
  • 見込みの作業日数:2.5人日
  • サイト設計の作業単価:15万円

5. 提案書も同時に作成してもらう

見積書は項目と価格を提示するだけのものなので、実際その項目が自社にどのような価値を提供するのかわかりづらいです。

そこで、見積書と同時に提案書も作成、提出してもらいましょう。

提案書とは見積書を補完する資料です。

提案書にはRFPをもとにデザインコンセプトや競合サイト分析、同業種の制作事例などの詳細が記載され、見積書だけではわかりづらい部分を補う役割があります。

制作会社の選定を誤らないためにも、重要な資料となるでしょう。

6. 見積もりの価格だけで判断しない(提案内容・サービスの質を確認)

見積もりの金額(安さ)だけで発注先を判断してはいけません。

基本的に高い見積もりには高いだけの理由があり、安い見積もりには安いだけの理由があります。

最も安い制作会社に依頼したらページ単位の工数の少なさが露呈していて、まったく思い通りのサイトにならなかった……ということにもなりかねません。修正の指示や制作会社の再選定をすることになり余計に高くついた、という例も。

関連記事:格安ホームページ制作の落とし穴|制作費用を抑える方法も

集客やブランディングなど、目的に応じたサービスを受けられるかどうかを提案内容から、デザインがイメージに近いなど、サービスの質を制作事例などから確認し、総合的に判断しましょう。

Webサイト制作での見積もりの内訳項目

▲出典:Unsplash 

 Webサイト制作の見積もりの費用の内訳項目は以下のとおりです。

  • ディレクション費用
  • デザイン費用
  • コーディング費用
  • システム開発費用
  • ライティング費用
  • 撮影費用
  • Webサイトの運用・更新費用

ディレクション費用

ディレクション費用とは、Webサイト作成におけるディレクターの作業費用のことです。

基本的に見積もり総額の10〜30%がディレクション費になります。

費用割合に幅があるのは、プロジェクトの内容やディレクターの技術力などによって金額が変わるため。提案や企画力が売りのWeb制作会社は、ディレクション費用の割合が高い傾向にあります。

デザイン費用

デザイン費用とは、名前のとおりWebサイトのデザインを発注する費用のことです。Web制作会社にもよりますが、サイト全体の軸となるトップページは5万円〜、下層ページは1万5,000円〜が目安となります。

レスポンシブデザイン対応は2万円〜、ロゴ作成は1万円〜が費用相場です。 

ただ内容や仕様、製作者のスキルなどによってデザイン費用は異なります。ここで紹介する価格は目安のひとつとしてください。

コーディング費用

トップページはWebサイトの顔となるものなので、華やかなデザインやリッチな機能が搭載される傾向にあります。コーディング費用はおよそ1万〜5万円前後が費用の目安です。

トップページから派生する下層ページのコーディング費用は、1ページあたり5,000〜数万円程度です。ページ数が多くなるほど、総額は高くなります。

同じレイアウトでCSSの変更が不要な流し込みページの場合は、1,000〜5,000円程度が相場です。

またレスポンシブデザイン対応には「総コーディング費×1.5〜2倍」程度がかかることを目安としましょう。

システム開発費用

システム開発費の多くは人件費が占めます。システム開発にはエンジニアだけでなく、プロジェクトマネージャーやSE、プログラマーなどのさまざまな人々が携わります。

スタッフのスキルにもよりますが、費用の目安は100万円前後です。

またシステム開発費には諸経費も含まれます。諸経費は設備費やソフトを使用するためのライセンス料などです。

ライティング費用

商品やサービスの説明文などサイト内の文章を任せる際にかかる費用です。

トップページやバナー広告に掲載するキャッチコピーもライティング費用に含みます。コンテンツマーケティングを行う際の記事執筆を委託する場合は、その費用も含みます

関連記事:コンテンツマーケティングとは?特徴や成功事例をわかりやすく解説

相場は1ページ1万円~ですが、スキルや実績のあるライターほど人件費が膨らむ傾向です。

撮影費用

企業の内外観の撮影、代表の挨拶ページやスタッフ紹介ページで使用するスチル撮影、サービス・商品ページなどに利用する画像の撮影を行う場合の費用です。ドローンを使った空撮など、特殊な機材を使った撮影の場合、別が項目になる場合があります。

Webサイトの保守・運用・更新費用

完成したホームページを運用・更新などの保守を行うための費用です。サーバーやドメインの種類にもよりますが、一般的に1~3万円程度。CMSのアップデートやセキュリティ対策も含みます

依頼した場合、サイトのアクセス解析や改善(10万円~)、Web広告出稿(5万円~)や記事コンテンツ制作(1万円~/記事)、SNSの運用代行(5万円~)などにかかる費用もこの項目に入る場合もあります。

Webサイト制作は見積もり前のRFPの作成が重要

▲画像をクリック

 Webサイト制作を依頼する際、RFPをはじめに作っておくと見積もり依頼後のスムーズさが大きく変わります

LeadGridでは「RFPの書き方とは」というお役立ち資料を用意しました。RFPに記載すべき事項や項目ごとの補足、具体例について解説しているので、Webサイト制作の際はぜひご確認ください。

60以上のCMSから32のサービスを厳選し、それらを表で比較しました

CMS比較一覧表を見る

リード獲得に強いCMS・Webサイト運用ツール LeadGrid

LeadGridを使えば、Webマーケティングに強いサービスサイト、オウンドメディア、コーポレートサイト制作をスピーディに制作可能です。

ページを見たまま編集できる「ページ編集機能」や「フォーム管理機能」など、Webの知識がなくても担当者ベースで施策が実行できます。

くわえてご希望の方には、WebマーケティングやSEOコンテンツの設計、運用、分析までトータルでご支援しています。

Webサービスやオウンドメディアの立ち上げ、コーポレートサイトリニューアルなど、御社のプロジェクトをお気軽にご相談下さい。

得意領域

  • Webマーケティングに強いWebサイト制作
  • サービスサイト、オウンドメディアサイトの立ち上げ
  • Webマーケティングの戦略設計、運用支援

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG(リードグリッド ブログ)は、リード獲得に役立つ情報を発信するWebマーケティングメディアです。

お役立ち資料

サイト制作、マーケティング戦略設計、コンテンツ制作、Webコンサルティング
関連のお役立ち資料をご紹介します。
1 2 3

Web制作・CMS開発・Webマーケティングに関してお気軽にご相談ください。

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、Webコンサルティング、コンテンツマーケティングの実績から制作から運用・改善までトータルでサポートします。