リライトのやり方6ステップ|SEOの効果を上げるコツ10選や注意点も解説|Webサイト制作 / CMS・MAツール|LeadGrid(リードグリッド)

リライトのやり方6ステップ|SEOの効果を上げるコツ10選や注意点も解説

目次

今すぐ試せる、CVR改善リストを無料配布中!

CVRを今すぐ改善したい担当者様へ。業界別のCVR平均値をもとに、CVR改善ポイントを15個リストアップした資料をご用意しました。この後の業務からぜひご活用ください。

無料でダウンロードする

自社メディアの記事数が増えると、次第に検索順位の上位にあがらない記事もでてきます。

記事は一度投稿したら終わりではなく、 その後の分析やメンテナンスが重要です。

そこで本記事では既存の記事を検索上位に押し上げる施策のひとつとして、代表的な「リライト」について解説します。

なお、無料配布資料「リライトの手順と見るべき12のポイント」は 100万PV以上のメディアも運営する当社のリライトノウハウを全て詰め込んだ資料になります。リライトで意識すべきことやリライトの手順をわかりやすく伝えているため、効果的なリライトをしたい方はぜひ参考にしてください。


リライトの手順と見るべき12のポイント|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

そもそもリライトとは?重要性を解説

記事の リライトとは既存の記事に加筆・修正を行う作業のことです。

既存記事のテーマは変えずに情報の更新やコンテンツの追加を行い、より良いコンテンツへと進化させることを目的としています。

記事の修正と情報の更新のみをリライトと呼ぶケースもありますが、ここではコンテンツの質の向上を目的とするため、コンテンツの追加も含めて解説します。

SEOは数ヶ月に一度、コアアルゴリズムのアップデートを行っており、SEOの検索順位が大きく入れ替わることがあります。このようなアルゴリズムに対応するためにも、リライトは必須のSEO施策と言えます。

また、品質が低いコンテンツがあると、サイト全体のSEO評価にも影響する可能性があることもリライトが重要な理由のひとつです。

ブログをリライトするメリット3つ

主なメリットは以下の3つです。

  • SEOへの効果が見込める
  • CRV(コンバージョン率)が向上する
  • 情報の鮮度が保てる

1. SEOへの効果が見込める

コンテンツ制作の際は、SEO対策をすることが多いです。コンテンツを検索上位に載せることで、Web集客を効率的に行うことができます。

しかし、いざコンテンツを出してみると別のキーワードを拾っていたり、内容不足で検索上位にならなかったりすることがあります。

そのような場合、リライトによって再度SEO対策をして検索上位を狙うことができます。

2. CVR(コンバージョン率)が向上する

Webサイト上では、「商品の購入」「資料の請求」「お問い合せ」などがコンバージョンとして設定されることが多いです。

そのようなコンバージョン率(CVR)を上げるためには、記事内での適切な位置でのコンバージョンボタン設置が重要になります。より根本的には、ページの滞在率の向上やコンバージョン率が高いキラーページへの遷移も重視すべきです。

このような全体的なCVR向上の施策を、リライトを通して行うことが可能です。

なお、無料配布資料「CVR改善チェックシート」ではリライトを含むCVR改善施策に取り組むにあたっての課題点洗い出しと改善案をまとめて確認できます。CVR改善にお悩みの方はぜひ下記より無料でダウンロードして参考にしてください。


CVR改善チェックシート|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

3. 情報の鮮度が保てる

コンテンツ制作は読者のニーズを満たすことが目的であり、そのためには情報のこまめなアップデートは重要です。

サービスのアップデートがあった場合はすぐに対応するなど、読者の満足度を上げる取り組みはSEOにも良い影響を与えます。

リライトにより情報の鮮度が保てる点は、リライトのメリットといえるでしょう。

SEO評価を高めるリライトで重要な「検索品質評価ガイドライン」

検索品質評価ガイドラインとは、Googleが外部の品質評価者に向けた評価方法を解説した英語の資料です。

150ページ以上の資料のなかには、「 GoogleがどのようなWebサイトを高く評価するか」という基準が書かれています。

そのためリライトをおこなって検索上位表示を狙うには、このガイドラインに従って行う必要があります。

150ページ以上あるガイドラインのなかで、特にリライトで意識したほうが良い事項は3つあります。

  • Needs Met(需要との一致)
  • Page Quality(情報の多さ、正確さ)
  • Usability(利便性)

Needs Met(需要との一致)

Needs Metはユーザーの需要(ニーズ)に対して、適切な質と量の情報が用意されているかという指標です。

たとえばユーザーが「SEO リライト 方法」と調べたとき、ユーザーに提供すべき情報は「SEO対策に特化したリライト方法」になります。

このとき記事内で「新規記事の作り方」を書いていたら、需要と一致していないため、Google上の評価は良くないでしょう。

このように 検索ユーザーのニーズを考え、適切な情報を過不足なく提供することが「Needs Met」になります。

Page Quality(情報の多さ、正確さ)

Page Qualityは記載された情報に無駄がなく、正確で信頼性が高いかという観点で評価されます。

Page Qualityで重要なポイントが、「E-E-A-T」という考え方です。以前までは「E-A-T」として示されていた指標ですが、2022年12月にガイドラインがアップデートされ、「E-E-A-T」になりました。

E-E-A-TはWebサイトの評価基準であり、英語の頭文字を取ったものです。以下、詳細です。

Experience(経験)コンテンツ制作者の実体験や人生経験が含まれているか。

Expertise(専門性)

コンテンツ制作者がどれくらいその分野に精通しているか。

Authoritativeness(権威性)

Webサイトやコンテンツが高い評価を得ているか。

Trustworthy(信頼性)

Webサイトやコンテンツの発信者が信頼できるか。

E-E-A-Tは全てを満たしていくことで、コンテンツの評価が上がりSEO評価を高めることができます。

■関連記事

E-E-A-Tとは?SEOで重要なGoogleの4つの評価基準や対策法を解説

Usability(利便性)

Usabilityでは、ユーザーにとって使いやすいかどうかが問われます。

主に 「モバイルフレンドリー」「表示速度」「安全性」が評価の対象になります。

モバイルフレンドリー

スマートフォンなどの端末でも読みやすいか

表示速度

快適なスピードで表示されているか

安全性

ユーザーが安全に使用できるか 

モバイルフレンドリーに関しては、ページをどの端末でも快適に見やすくするレスポンシブデザインが重要です。

■関連記事

レスポンシブ対応とは? 5つの対応方法や注意点をWeb制作会社が解説

また表示速度については、コンテンツ内に埋め込む画像や動画のサイズの大きさが重要となり、安全性についてはSSL対応が重要です。

ちなみに、これら全ての要素を満たしたCMSとしておすすめなのが「LeadGrid」です。LeadGridは、レスポンシブ対応、埋め込み画像の最適化、SSL対応が自動でされています。

またWeb制作初心者が安心して使えるページの見たまま編集機能も実装されています。詳しくは下記のサービス資料でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。


サービス紹介資料|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

SEO効果が高いリライトのやり方6ステップ

SEOの効果が高いリライトのやり方を5つのステップで解説します。

  1. リライトする記事を選定する
  2. ユーザーのニーズを調べる
  3. 検索上位の競合記事を調べる
  4. 調査結果をもとに構成を作成する
  5. 記事を執筆する
  6. リライトした内容を記録する

1. リライトする記事を選定する

リライトを行う記事の 優先度はGoogleの検索順位から判断します。

検索順位はツールを使うと効率よく確認できるためぜひ活用しましょう。

検索順位を確認できる無料ツールは検索順位チェッカーSEOチェキ!Serposcopeが人気です。

有料ツールではキーワード選定や被リンク、他社のサイト分析機能などが使える高機能SEOツールAhrefsを導入している企業が多いです。

検索順位

優先度

11位〜30位

2位〜10位

31位〜

11位〜30位の記事はGoogleに「あと一歩(方向性は悪くはないが、もっと良いコンテンツがあるので上位には上げられない状態)」と評価されているため、 リライトで品質を上げることで順位が上がる可能性は高いと言えます。

文字数稼ぎの文や情報の不足がないか見直してみると良いでしょう。

2位〜10位は検索エンジン1ページ目に表記されている記事をいいます。その中でもさらに上の順位を目指したいのであれば、ユーザーがクリックしたくなるタイトルで流入数増加を狙うとよいでしょう。

ただリライトすることにより、せっかく得た上位順位を下げてしまう可能性も。すでにまとまった流入数を獲得できているのであれば、むやみに順位をあげようとせず 他に優先度の高い記事の有無などを確認しておくと良いでしょう。

31位以下の記事に関しては現状の検索順位からGoogleに評価されていないことが見て取れるため、リライトで検索上位を取るには複数回のリライトを通して記事の品質を高めることが必須になります。

場合によってはリライトではなく最初からコンテンツを作り直すことを検討したほうが、良い結果を得られるケースもあるため、現状の記事と上位の記事と比較し、どれだけの乖離があるか確認してから方針を決めましょう。

優先度の高い順にリライト作業をすすめると早い段階で検索順位が向上する可能性が高いため、リライトのモチベーションが上がるでしょう。

2. ユーザーのニーズを調べる

制作側の意図とユーザーのニーズにずれか生じていないかを調べます。

Googleが無料で提供しているサイト分析ツールGoogleSearch Consoleを使い、設定したキーワードと検索クエリの整合性を確認しましょう。

検索クエリとはユーザーが情報を検索するときに検索窓に入力した語句のことです。

記事作成の際に狙っていたキーワードと実際に流入している検索クエリが一致していない場合、狙ったキーワードのニーズに寄せてリライトすることで検索順位が向上する可能性があります。

3. 検索上位の競合記事を調べる

ライバルとなる検索上位記事を調査します。

まずは狙っているキーワードでGoogle検索して、検索結果を見ましょう。

どのサイトがどんなタイトルをつけているのか、どんな内容の記事を書いているのかがわかります。

また複数の記事をまとめて調査する場合は、無料から使用できるラッコキーワードが便利です。

キーワードを入力すると、Google検索上位20サイトのタイトルや見出しなどが検出できます。

検出されたタイトルや見出しから 「上位表示されている記事にはあって自社の記事に不足している要素」をチェックしておきましょう。

4. 調査結果をもとに構成を作成する

ユーザーニーズと検索上位の競合記事の調査を踏まえて構成を作成します。

とはいえ現在の上位記事である2位〜10位の記事は、大きく構成を変更しないほうが無難です。

現段階である程度Googleに評価されているため、見出しの順番を入れ替えたり本文の更新を行う程度にとどめたほうが、良い結果につながる可能性があります。

また、 古い情報は随時リライトする際に書き換えておきましょう。

対して11位以下の記事は大幅に評価を上げる必要があるため、要素の追加や場合によっては一から構成を見直した方が良いでしょう。

なお、リライトはもちろん、新規記事制作時にも役立つ無料配布資料「SEO記事構成案 穴埋めシート」をご用意しました。当ブログのLeadGrid BLOGや月間100万PV超えのメディアなど、複数の自社メディアを運営している株式会社GIGが実際に使っているSEO構成案フォーマットになります。記入用のテンプレートと書き方の例がセットで用意されているため、すぐに業務活用できます。ぜひ下記から無料でダウンロードしてご活用ください。


SEO記事構成案 穴埋めシート|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

5. 記事を執筆する

構成が完成したら記事の執筆作業に入ります。

ユーザーファーストを基本に、SEOのテクニックを盛り込んでいきましょう。

執筆時の主なポイントは以下の10つです。

  1. 結論を見出しや記事の早い段階で記載しているか
  2. 求めている情報をわかりやすく伝えているか
  3. ユーザーに合わせた言葉遣いができているか
  4. UIは見やすいか
  5. 訴求がわかりやすいか、記事の流れとして違和感がないか
  6. 見出し構造がわかりやすいか
  7. タイトルや見出しにキーワードが含まれているか
  8. 記事内の情報がリライト段階で正しいか
  9. 指示代名詞を控え、具体的な用語を使用しているか
  10. 表記ゆれはないか

6. リライトした内容を記録する

リライトした内容や順位は、Googleのドキュメントやスプレッドシートなど、自社で管理しやすいツールで記録に残しておくことが大切です。

記事の変更・修正・削除など、どの部分をどのように編集したかを記録しておくことで、どの記事の順位変動や要因を追うことができます。

また、リライト内容を確認することで、検索エンジンの評価についても分析できるので、記事執筆やリライトに活かすことも可能です。

リライトでSEOの順位を上げるコツ10選

ここからは、リライトでSEOの順位を高めるためのコツを紹介します。

  1. 対策キーワードを左寄せにする

  2. h2タグにキーワードを追加する

  3. 共起語や関連ワードを追加する

  4. PAAの情報を盛り込む

  5. alt属性を記述する

  6. 見出しの位置を入れ替える

  7. 写真・図解・イラストを活用する

  8. CTAやリンククリック率を改善する

  9. 9. 内部リンクを設置する

  10. 記事の更新日を表示する 

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

1. 対策キーワードを左寄せにする

タイトルや見出しを作成するときは、対策キーワードをなるべく左寄せにしましょう。

ユーザーが記事を読むときの視線は、左→右に動くのが一般的です。タイトルの左側にキーワードを入れることによって、 ユーザーの目に入りやすくなり、より惹き付けやすいタイトルにすることができます

上位記事の傾向を見ると、KWが左寄せになっているケースが多いことが分かるでしょう。

ただし、タイトルや見出しが不自然になってしまったり、分かりにくくなる場合は、必ずしも左寄せにする必要はありません。

2. h2タグにキーワードを追加する

見出しのh2には、できるだけ対策キーワードを含めるようにしましょう。

h2タグは段落の見出しとして、文章の構造を読者や検索エンジンに分かりやすく伝えるという役割があります。

h1やh2といった数字の大きいhタグはSEOに直接影響があると言われています。そのため、h2タグにも積極的に対策キーワードを含めるようにしましょう。

ただし、タイトルと同様に、不自然な文言になってしまったりする場合は、無理に対策キーワードを入れる必要はありません。

3. 共起語や関連ワードを追加する

リライトする記事に不足している共起語や関連ワードを追加しましょう。

共起語とは、対策キーワードと関連性が強く、出現しやすいキーワードのことです。不足している共起語を追加することで、 記事の網羅性が高まり、ユーザーの疑問やニーズを深掘りすることができます

また、これまでと異なるキーワードからの流入も期待できるでしょう。

共起語は、ラッコキーワードなどの無料ツールで簡単にチェックできます。

4. PAAの情報を盛り込む

PAA(People Also Ask)とは、Googleの検索画面に「他の人はこちらも質問」と表示されるものです。

検索語句に関連するユーザーの疑問が表示されるので、ユーザーが疑問に思っていることやニーズを拾い上げることができます。

これらを網羅することによって、 ユーザーの疑問を解消できる有益なコンテンツへと成長させられるでしょう

PAAの内容は、「○○(対策キーワード)についてのよくある質問」といったQ&A形式で回答すると自然です。

5. alt属性を記述する

記事をリライトする際は、画像にalt属性を設定しているかを確認しましょう。

alt設定には直接的なSEO効果はないと言われているものの、 画像の内容を検索エンジンのクローラーに正確に伝えるために設定するのがおすすめです。

alt属性は、画像の内容を簡潔に説明できるワードに設定しましょう。対策キーワードを含める必要はありません。

6. 見出しの位置を入れ替える

リライトの際は、文章だけでなく、見出しの階層を見直すことも大切です。

見出しタグ(h2、h3、h4など)の階層は分かりやすいか、見出しを見ただけで記事全体の大まかな流れが理解できるようになっているかなどを確認しましょう。

コンテンツの構造を見直し、情報の整理と階層化を行うことで、 ユーザーの読みやすさや検索エンジンの理解しやすさを向上させることができます

7. 写真・図解・イラストを活用する

リライトでは、文章の追記・削除だけでなく、写真・図解・イラストなどを使うことも大切です。

ユーザーが記事を閲覧したときに、文字ばかりの記事だと読む気が失せると感じる人もいるでしょう。そこで、画像やイラストなどを活用することで、 より可読性の高い記事になり記事全体のクオリティが上がります

また、解説用の図解やイラストを使えば、記事のオリジナル性を担保することもできます。

8. CTAやリンククリック率を改善する

リライトの目的は、SEOにおける記事の検索順位を上げることです。しかし、記事そのものの目的も忘れてはいけません。

CTAやリンクのクリック率を改善すれば、記事の成果を上げることができます

ユーザーの目を惹くために、CTAを目立たせたりリンクへの誘導文を改善することも試してみましょう。

9. 内部リンクを設置する

ユーザーの利便性が上がりGoogleのクローラーも回遊しやすくなる内部リンクの設置は、SEOに有効と言われています。

リライトの際、記事作成段階ではなかった関連記事があれば、内部リンクの設置を行いましょう。

ただし関連性の低い内部リンクの設置はユーザーの利便性を損なうため避けるべきです。

またすでに設置している内部リンクに リンク切れなどのエラーがないかなどの確認も大切です。

■関連記事

SEOの内部施策ですべき16のこと|目的とやり方を合わせて解説

10. 記事の更新日を表示する 

更新日を表示すると 記事の情報が最新であることをユーザーにアピールできます。

更新日が表示されていないと記事ページに訪れたユーザーは記事の情報が現在でも正しいのかを調べる必要があるため、ユーザーファーストとは言えません。

コンテンツの種類にもよりますが情報の鮮度が重要な記事なら、更新日は表示したほうが良いでしょう。

リライトで押さえておきたいコツと注意点

リライトするときに役立つコツと注意点を解説します。

実行することでSEOに有利に働く可能性あるため、確実に押さえておきましょう。

  • 著作権違反の有無
  • 類似するコンテンツの統合
  • 上位ページは無理にリライトしない

著作権違反に注意する

著作権について改めて確認することも大切です。

著作権とは知的所有権の一つで、著作者が自己の著作物の複製や放送など独占する権利を指します。

ほかのコンテンツから情報の引用や転載をする場合は、 引用元の記載や著作者の許諾を得る必要があります。

著作権に違反すると損害賠償や訴訟になる可能性があるため、情報の取り扱いは慎重に行いましょう。

類似するコンテンツを統合する

テーマが同じ、もしくは似ているコンテンツがあるとGoogleに重複ページと判断され、サイト全体の評価が下がる可能性もあります。

それを避けるためにも 類似するコンテンツは一つの記事にまとめましょう。

似た記事のなかでもっとも検索順位の良い記事をベースにコンテンツを集約し、低評価ページを削除します。

その結果 コンテンツの質の平均値が上がるため、サイト全体の評価向上が期待できます。

上位ページは無理にリライトしない

リライトをすれば必ずしも順位が上がるというわけではありません。

むしろ、既に評価が高いコンテンツを更新することによって、評価が変わり、順位が大幅に下落してしまうというケースも考えられます。

現在1位をキープしているなど、上位を獲得できている場合は無理にリライトせず、リライトの優先度が高い記事を着手するのがいいでしょう。

リライトしたあとは検索順位とCVRの検証を必ず行う

リライトは行ったあとも重要です。

設定した目的に対して結果はどうだったのかを確かめましょう。

リライトした記事の検索順位とCVRを確認し、ユーザーの動きを検証します。

ページへのアクセス数や滞在時間などは、Googleが無料で提供しているGoogle Analyticsを利用すれば簡単に計測できます。

繰り返し検証を行うことでリライトのコツを掴めるようになるため、粘り強く取り組みましょう。

なお、無料配布資料「CVR改善チェックシート」ではCVRが伸び悩んだ時にチェックしたい箇所と改善施策をセットで確認できるものになっています。自社メディアの課題点洗い出しや改善施策の方向性を検討したい際にぜひご活用ください。下記より無料でダウンロードできます。


CVR改善チェックシート|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

定期的なリライトでコンテンツの質を向上させる

新しいコンテンツを作り続けるのは大変な作業です。

高品質のコンテンツ制作が難しい場合はリライトに注力するのも良策と言えます。

リライトで記事の品質を上げ、SEOを行えばCVRが向上し売上増大も期待できます。

ビジネスの成長を促すためにも定期的なリライトで情報の鮮度を保ち、コンテンツの質を向上させましょう。

なお、リライトを含めたWebサイト運用を効率的かつ効果的に行いたいなら、 CMSはLeadGridがおすすめです。

LeadGridはリード獲得に特化したCMSで、Webサイトを通じて得たリードを一括管理できます。またリードの獲得経路を分析することも可能なため、各リードごとに最適な営業施策を走らせることも可能です。

さらにWeb制作・運用の初心者でも安心して使える設計です。コーディングの知識は不要でページは見たまま編集できるほか、ダウンロードフォームの編集や写真の追加などもドラッグ&ドロップで行えます。

すでに100社以上の企業で導入実績があり、コーポレートサイトやサービスサイト、オウンドメディアなどあらゆるWebサイトで活用されています。

▼下記資料では LeadGridの制作事例について詳しく紹介しています。より具体的に使用イメージを知りたい方は、ぜひご覧ください。


LeadGridサイト制作事例集|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

さらに今なら 無料デモも提供中です。「まずは使ってみてから、今後の利用を検討したい……」という方は、ぜひ14日間の無料デモをお試しください。


無料デモ相談

LeadGridはWebサイト制作からコンテンツSEO、問い合わせ管理、LP制作などWebマーケティングに必要な機能を開発したCMSです。上場会社、スタートアップ企業を中心にWebマーケティングの強化やサービス立上げ時にご利用頂いています。サービスサイトやオウンドメディアなど見込顧客獲得に貢献できるWebサイト制作を得意としています。

goleadgrid.com

og_img


今すぐ試せる、CVR改善リストを無料配布中!

CVRを今すぐ改善したい担当者様へ。業界別のCVR平均値をもとに、CVR改善ポイントを15個リストアップした資料をご用意しました。この後の業務からぜひご活用ください。

無料でダウンロードする

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部は、Web制作とデジタルマーケティングの最前線で活躍するプロフェッショナル集団です。Webの専門知識がない企業の担当者にも分かりやすく、実践的な情報を発信いたします。

関連記事

Works

サイト制作事例