ホームページ管理会社を変更したい!自社管理のメリット・デメリットも|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

ホームページ管理会社を変更したい!自社管理のメリット・デメリットも

目次

「ホームページの修正や更新を依頼しても対応してもらえない!」「管理費用が高すぎる!」など、ホームページの管理を依頼している制作会社に対して不満を抱えているケースは少なくありません。

ホームページで成果を出すためには、ホームページを管理してくれる会社との信頼関係が大切です。納得できる制作会社を選んで、効果的に運用していきましょう。

この記事では、ホームページの管理を依頼する制作会社を変更する方法について解説しますさらに、ホームページの自社管理についてもお伝えしますので参考にしてください。

ホームページ制作会社の対応がひどい!変更できる?

結論からいうと、ホームページ制作会社を変更できるケースは多いです。

制作会社の対応に不満があったりトラブルが生じたりすると「制作会社を変更したほうがよいのかも……」と考えることもあるでしょう。

ホームページを効果的に運用するためには、制作会社との連携が大切です。自社が信頼できるホームページ制作会社を見つけることが、企業の業績アップにつながるでしょう。

とはいえ、契約内容によっては制作会社を変更できないケースもあります。これについては後ほど解説しますので、このまま読み進めてくださいね。

ホームページ制作会社を変更する方法

ここからは、制作会社を変更する方法について具体的にお伝えします。

ホームページ制作会社変更前に確認しておくこと

制作会社の変更に踏み切る前に、自社で確認しておくべきことが以下の2点です。

  • ホームページ制作会社との契約内容

  • ホームページのシステム

ホームページ制作会社との契約内容

まず確認すべきことは現在の契約内容です。

具体的なポイントとしては以下の4点を確認しましょう。

  • 「ホームページの管理を他社に依頼できない」といった内容が盛り込まれていないか

  • ホームページの所有者

  • 契約期間

  • サーバーやドメインの名義

まずホームページの管理を他社に変更できないという契約内容になっていないかどうか確認しましょう。もしこのような内容になっている場合、制作会社を変更することはできません。

またホームページ制作会社にコンテンツ制作を依頼した場合は、その所有者(著作権)についても確認が必要です。コンテンツには画像や動画、デザインなどが含まれます。制作会社に権利がある場合は、すべてのコンテンツを引き継ぐことは難しいでしょう。

さらに契約期間についても確認しておきます。契約内容によっては、契約が自動更新される条件になっていたり、契約解除ができる指定期日が決められていたりする場合があります。いつ契約解除を申し出ればよいのかについて、あらかじめ確認しておくとスムーズです。

最後に、サーバーやドメインの契約名義についても確認しておきましょう。サーバーやドメインの名義が制作会社になっている場合には、その名義を変更する必要があるからです。

ホームページの制作・管理業務には、サーバーやドメインの契約が含まれていることが多くみられます。そのため、サーバーやドメインの名義がホームページ制作会社になっていることもよくあるのです。

ホームページのシステム

制作会社を変更する前には、ホームページのシステムについての確認も必要です。

システムによってはホームページを引き継ぎできないケースがあります。たとえば、制作会社がオリジナルシステムで作成したホームページなどです。

一見同じように見えるホームページでも、システムによって引き継ぎできないことがある点は頭に入れておきましょう。

変更に必要な4つの情報

実際に制作会社の変更を行うときには、以下の4つの情報が必要となります。

  • ホームページのデータ

  • ドメインの情報

  • サーバーの情報

  • CMS管理画面の情報

ホームページのデータ

現在のホームページをそのまま引き継ぎたい場合には、データが必要です。データとは、ホームページを構成するさまざまなファイルのこと。具体的には、ホームページの基本となるHTMLやデザインを担うCSS、動きなどを出すJavaScript、イメージを伝えるための画像ファイルといったものがあります。

このようなホームページのデータがあれば、今後なんらかの変更を行いたい場合にも、同じフォントやカラーで差し替えることが可能です。

もちろん、元のデータがなければ移管できないわけではありません。しかし、データがあるほうがスムーズに引き継げるため、現在の制作会社にデータを開示してもらえないか交渉してみることをおすすめします。

とはいえ、ホームページを構成するコンテンツにはそれぞれ著作権が発生しており、ホームページのデータを明らかにしてもらえないケースも多いです。

すべてのデータを開示してもらえない場合は、どのデータなら譲ってもらえるのか、有料ならデータ開示が可能なのかなど、くわしく交渉してみる必要があるでしょう。

ドメインの情報

制作会社を変更するときには、ドメイン情報についても把握しておくことが必要です。

ドメイン情報とは、ドメインの管理画面にアクセスするためのIDやパスワードなどのこと。これらの情報は、ドメインを契約しているサービスのWebサイトから確認できます。

サーバーの情報

制作会社を変更するには、サーバーの情報も必要です。サーバーの情報とは、サーバーの管理画面に接続するためのIDやパスワードのこと。

サーバーの情報は契約書類に記載されていることがあるようなので、まずは書類を確認してみてください。それでもわからない場合は、ホームページ制作会社やレンタルサーバー会社に問い合わせるとよいでしょう。

CMS管理画面の情報

制作会社を変更する際には、CMS管理画面の情報も求められます。

CMSとは「Contents Management System」の略。ホームページ内のコンテンツを管理するためのシステムのことを意味しており、WordPressなどがCMSにあたります。

関連記事:CMSとは?導入によるメリットやデメリット、選び方を解説

WordPressで制作したホームページは、サーバーからすべてのデータを取り出すことはできません。

データを管理したり編集したりする権限は、アカウントごとに設定されていることが多いため、すべての情報を取り出すためには「管理者」の権限があるアカウント情報が必要です。

このような仕組みはWordPressに限りません。ホームページ内のコンテンツを変更したり追加したりするためには、CMSの管理画面にアクセスできるアカウントのIDやパスワードの情報が必要となるのです。

ホームページ制作会社を変更する際、注意すべきこと

制作会社を変更する際、注意すべきことは以下の3点です。

  • ホームページを移管できないケースがあること

  • ホームページの移管には費用がかかること

  • ドメインやサーバーの名義変更が必要なケースがあること

ホームページを移管できないケースがあること

制作会社を変更できるケースは多いものの、前述したように契約内容によっては変更できないこともあります。

ホームページの移管を検討する場合は、まず現在の契約内容をしっかりと確認することが大切です。

ホームページの移管には費用がかかること

ホームページの移管に費用がかかる可能性があります。

とくに「現在の管理費用が高いので、制作会社を変更したい」と思っている場合は、このことを頭に入れておかないと、「制作会社を変更したのに、大きな経費削減につながらなかった……」という結果になってしまうかもしれません。

ホームページ制作会社にもよりますが、他社が制作したホームページを管理するときにはプラスの費用を請求されることもあります。

ドメインやサーバーの名義変更が必要なケースがあること

ホームページ制作会社にドメインやサーバーの契約を代行してもらった場合は、契約者の名義が自社ではなく制作会社になっています。そのため制作会社を変更するときには、名義変更の手続きが必要です。

自社名義に変更する場合、現在の名義となっている制作会社と自社の間で名義変更をする必要があります。ホームページ制作会社にとっても手間がかかる作業ですので、丁寧な対応を心がけましょう。

ホームページは自社管理できる?

ホームページの管理で不信感を抱いたりトラブルになったりした場合、「自社で管理すればよいのでは?」と思うこともあるのではないでしょうか。

そこでここからは、自社管理と他社管理のメリットやデメリットについてお伝えします。

ホームページを自社で管理するメリット・デメリット

ホームページを自社で管理することの大きなメリットは、コストがかからないことでしょうなんとしてもコストを抑えたい場合は、自社で管理するのもひとつの方法です。

その一方でホームページの自社管理では、すべての管理を自社で行うことが求められます。サーバーやドメインの契約・管理のほか、ホームページの更新、データのバックアップ、システムのバージョンアップなども必要です。

とくにシステムのバージョンアップを怠ると、ホームページに不具合が生じるなどユーザーの利便性にも問題が出てしまいます。また、データをバックアップしていないと、ホームページの全データが消えるといったリスクもゼロではありません。

ホームページの管理を他社に依頼するメリット・デメリット

ホームページの管理を他社に任せることの大きなメリットは、自社でホームページに関わるリソースを作らなくてもよいことでしょう。専門的知識をもつ業者に依頼することで、新たな提案をしてもらえることも考えられます。

その一方で、信頼できる業者かどうかを判断するのが難しいというデメリットもあります。実際、ホームページの制作会社を変更したい理由として、「依頼しても対応してもらえない」「対応が遅い」といった声は多いようです。

契約前には「この企業にホームページを任せよう!」と前向きだったにもかかわらず、時間の経過とともに不満を抱えることもあるのです。

ホームページ制作会社の変更以外に方法がないか検討してみよう

ホームページの管理に不満がある場合、制作会社の変更を考えることもあるでしょう。しかしお伝えしたように、制作会社を変更するにはさまざまな確認や手続きが必要です。

一方的に契約解消を考えるのではなく、現在のホームページ制作会社と話し合い、お互いに歩み寄ることも大切でしょう。

ホームページの移管が難しい場合には、ホームページをリニューアルするのもひとつの方法です。その際は、マーケティングにも役立つCMSを導入してみてはいかがでしょうか。

リード獲得につながるLeadGridなら、効果的なホームページ運用が可能です。「費用はかけたくないけれど、効果の出るホームページにしたい!」とお考えの方は、ぜひLeadGridを活用したホームページのリニューアルも検討してみてください。

LeadGridの詳細はこちら

プロフィール画像
記事を書いた人
LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG(リードグリッド ブログ)は、リード獲得に役立つ情報を発信するWebマーケティングメディアです。

Web制作・CMS開発・
Webマーケティングに関して
お気軽にご質問・ご相談ください

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、
Webコンサルティング、コンテンツマーケティング
の実績から制作から運用・改善まで
トータルでサポートします。

  • 資料ダウンロード

    リード獲得やサイト制作、オウンドメディア制作などに役立つ資料を無料で提供しています。

    資料ダウンロード
  • 無料相談・お問い合わせ

    LeadGridやWebサイト制作に関するご相談、お問い合わせはこちらから。

    無料相談・お問い合わせ
  • 無料デモお試し

    LeadGridのCMSやメディア、イベント管理などの基本機能を2週間無料で体験いただけます。

    無料デモ体験
資料ダウンロード 無料相談・お問い合わせ