コンテンツマーケティングとSEOの違いは? 集客効果を最大化するWeb戦略の立て方|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

コンテンツマーケティングとSEOの違いは? 集客効果を最大化するWeb戦略の立て方

目次

コンテンツマーケティングとSEOには明確な違いがあるものの、これらの違いを正しく理解して対策を講じている企業は意外と少ないのが現状です。

しかしコンテンツマーケティングとSEOを混同したまま施策を実行しても、思うような結果を出せないおそれも……。

そこで本記事では、コンテンツマーケティングとSEOの違いについて、両者を比較しながら解説します。

集客効果を最大化するコンテンツマーケティング戦略の立て方も紹介しているので、集客に悩みを抱えるWeb担当者の方はぜひ最後までご覧ください。

「コンテンツマーケティング=SEO」は間違い

「コンテンツマーケティング=SEO」は間違いです。ここでは両者の概要から違いを解説していきます。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、読者に有益なコンテンツを制作・発信することで見込み顧客を育成し、顧客へとつなげるマーケティング手法です。この場合のコンテンツは広告ではなく、ブログ記事やホワイトペーパーなど価値ある情報であることが求められます。

またコンテンツマーケティングは、良質なコンテンツを蓄積してファンを増やしていく中長期的な施策です。そのため継続的に実施することが必須条件となります。

関連記事:コンテンツマーケティングとは?特徴や成功事例をわかりやすく解説

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)とは、検索エンジンを通してWebサイトへの流入を増やすマーケティング手法のことです。自社に関する特定のキーワードで上位表示させることで、検索エンジンからの流入を狙う仕組みとなっています。

両者はWebからの集客を目指すという観点では同じ目的をもちますが、 コンテンツマーケティングは総合的な施策、SEOはコンテンツマーケティングの手段の一つと表現できます。

関連記事:Web制作にSEO対策は必要?サイトを上位表示させるメリットと方法

コンテンツマーケティングとSEOの違い

ここからはコンテンツマーケティングとSEOの違いを「目的」「ターゲット」「手法」「費用」の観点から比較しながら解説していきます。「SEOはコンテンツマーケティングの一つの手段」と認識することが重要です。

コンテンツマーケティング・SEOの目的

コンテンツマーケティングの目的は自社商品・サービスの購入です。有益なコンテンツを発信することでファンを作り、最終的には顧客となってもらうことをめざしています。

対してSEOは集客を目的としています。特定のキーワードで上位表示されれば多くのアクセスが見込めるため、自社に関連するキーワードを対策することで集客を増やせるのです。

種類

目的

コンテンツマーケティング

コンバージョン(商品・サービスの購入)

SEO

集客

コンテンツマーケティング・SEOの手法

コンテンツマーケティングの手法はSNSや動画、ホワイトペーパーなど多岐にわたります。SEOもコンテンツマーケティングの手法の一つです。

SEOの手法は内部施策と外部施策の二つに分けられます。SEOにおいて主流な記事コンテンツの制作は内部施策に該当し、良質なサイトからのリンク獲得が外部施策にあたります。

種類

手法

コンテンツマーケティング

  • 動画

  • アプリ

  • メールマガジン

  • オウンドメディア

  • ホワイトペーパー

  • SNS(Instagram、Twitter、TikTokなど)

SEO

  • 内部施策(サイトの質を高める)

  • 外部施策(被リンク獲得)

コンテンツマーケティング・SEOの費用

コンテンツマーケティングを外注するときの費用相場は月額10~50万円程度で、提供される作業の範囲によって金額が異なります。戦略設計やアクセス解析、コンサルティングまで任せると100万円以上の費用がかかることも珍しくありません。

SEOの内部施策として記事コンテンツを外注する場合、ライターのレベルによって費用相場が大きく異なります。クラウドソーシングで依頼する場合、簡単な記事なら1本あたり1,000円程度で依頼できるケースもあります。ただし経験豊富なSEOライターや専門分野に特化したライターに依頼する場合、1記事10万円程度のコストがかかることもあります

種類

費用

コンテンツマーケティング

  • 月額10~50万円
    ※提供される作業の範囲による

SEO

  • 1記事1,000~10万円

コンテンツマーケティングとSEOを混同するリスク

コンテンツマーケティングとSEOを混同すると、下記2点のリスクが生じます。

  • 検索エンジン以外からの流入を得られない

  • アクセス数にとらわれてコンバージョンにつながりにくい

検索エンジン以外からの流入を得られない

「コンテンツマーケティング=SEO」と考えてSEOのみを行うと、検索エンジン以外からの流入を得られません。

たとえば、本来であればSNSを活用する方が効果的に認知拡大できる商材において、検索エンジンでの集客に固執すると、適正なコンテンツマーケティング施策を選択し、実行した場合と比較して顧客の獲得に時間がかかるおそれがあります。

アクセス数にとらわれてコンバージョンにつながりにくい

コンテンツマーケティングとSEOを混同している企業にありがちなのが、SEOの上位表示率やアクセス数ばかり追い求めた結果、成約につながっていないパターンです。たとえ多くの記事で上位表示されていても、自社の顧客になり得ない人ばかりを集めてしまい成約につながらなければマーケティング施策としては意味がありません。

コンテンツマーケティングの一環としてSEOを行うのであれば、顕在顧客・潜在顧客の悩みやニーズを意識したキーワードを対策するようにしましょう。また集客したユーザーに資料請求・お問い合わせしてもらうための導線設計も実施するべきです。

【8ステップ】集客効果を高めるコンテンツマーケティング戦略の立て方

コンテンツマーケティング戦略は下記8ステップで組み立てましょう。ここでは各ステップを詳しく解説していきます。

  1. 現状の課題を明確化しKGIを設定する

  2. ペルソナ設計を行う

  3. カスタマージャーニーマップを設計する

  4. コンテンツ・チャネルを決定をする

  5. コンテンツの制作・運用体制を整える

  6. KGIに合ったKPIを設定する

  7. コンテンツを制作・配信する

  8. 効果測定・改善を行う

1. 現状の課題を明確化しKGIを設定する

まずは自社の現状の課題を明確化しましょう。課題の洗い出しにはSWOT分析や3C分析といったフレームワークの活用も効果的です。以下はよくある課題の一例です。

  • 費用対効果が低い

  • リピーターが増えない

  • サービスの認知度が低い

  • 施策の効果を感じられない

  • コンテンツ制作に時間を取れない

現状の課題が明確化したら、課題に対するKGIを設定します。たとえば「新規顧客を〇〇人まで増やす」「再訪率〇〇%にする」など、達成なのか未達なのかが明確に判断できるような目標を決めましょう。

2. ペルソナ設計を行う

コンテンツマーケティングの目標が決まったら、次はペルソナ設計を行います。

ペルソナとはマーケティングにおける架空のユーザー像のことです。性別や年齢だけでなく、下記のようにできる限りリアルなユーザー像を設定します。

  • 職業

  • 家族構成

  • 年収

  • 役職

  • 1日の過ごし方

  • 抱いている悩み

  • 情報収集の方法

ペルソナ設計を詳細に行うことで、適したコンテンツの内容や活用すべきチャネルを明確にできます。ペルソナ設計については下記の記事も参考にしてみてください。

関連記事:Webサイト制作で重要なペルソナ・カスタマージャーニーマップとは

3. カスタマージャーニーマップを設計する

ペルソナ設計後はカスタマージャーニーマップを設計します。

カスタマージャーニーマップとは、設定したペルソナがどのような行動をたどってCVに到達するかを表した図のこと。カスタマージャーニーマップを設計することで、ペルソナの態度変容に応じて①どのタイミングで②どのチャネルを経由し③どんなコンテンツと接触させるか、それぞれ詳細に戦略を策定できます。

カスタマージャーニーマップについては下記の記事でも解説しています。

関連記事:Webサイト制作で重要なペルソナ・カスタマージャーニーマップとは

4. コンテンツ・チャネルを決定をする

設計したペルソナとカスタマージャーニーマップをもとに、制作するコンテンツと活用するチャネルを決定しましょう。以下はコンテンツマーケティングで活用される代表的なコンテンツです。

  • 動画

  • アプリ

  • メールマガジン

  • オウンドメディア

  • ホワイトペーパー

  • SNSの投稿(Instagram、Twitter、TikTokなど)

どのコンテンツを選ぶべきかは顧客のフェーズによって異なります。たとえば拡散性に長けたSNSは認知の拡大には効果的ですが、より詳細な情報を求める比較・検討層にとっては物足りないでしょう。成約率アップのためにも、SNSの遷移先にオウンドメディアを用意するなど、ユーザーの興味関心に合わせて最適なコンテンツを提供できるようにしましょう。 

顧客のフェーズ

有効なコンテンツ

認知

  • SNS

  • オウンドメディア

  • Web広告

  • プレスリリース など

興味・関心

  • ランディングページ

  • ホワイトペーパー

  • サービスページ

  • PR記事

  • 動画

  • オウンドメディア など

比較・検討

  • ランディングページ

  • サービスページ

  • オウンドメディア

  • メールマガジン など

意思決定・購入

  • ランディングページ

  • サービスページ など

5. コンテンツの制作・運用体制を整える

コンテンツやチャネルが決定したら、制作・運用の仕組み作りを行います。

コンテンツ制作には時間と手間がかかるため、仕組み化しないと制作が後回しになり、更新が滞るおそれも。そうならないためにも制作の役割や期間などを明確に決めることが大切です。

また制作を自社で行うか、外注するかでもチームの体制は異なります。 コンテンツマーケティングは中長期的な施策であり、継続して実施することが大前提です。無理なく施策を実行し続けるために、制作の一部を外注することも視野に入れましょう。

6. KGIに合ったKPIを設定する

ステップ1で設定したKGIに合わせてKPIを設定しましょう。たとえばKGIが「新規ユーザー獲得」の場合、考えられるKPIは以下の通りです。

  • PV数

  • 投稿記事数

  • セッション数

  • SNSシェア数

  • ホワイトペーパーのダウンロード数

KGIを達成するためには、定量的なKPIを設定して目標への流れを可視化することが大切。KPIは一つではなく複数設定することがポイントとなります。

7. コンテンツを制作・配信する

ステップ4で決定したコンテンツの制作・配信を行います。

コンテンツ制作の際は、数ではなく質を重視しましょう。コンテンツマーケティングはユーザーにとって有益な情報を提供することが大前提です。情報に誤りがある、またはクオリティが低い場合、集客につながらないだけでなく企業の信頼度が低下する恐れもあります。

また コンテンツマーケティングは、さまざまなチャネルを活用することで相乗効果を生みます。SEO×SNS×動画など、異なるチャネルを組み合わせて訴求を行いましょう。

8. 効果測定・改善を行う

コンテンツマーケティングはコンテンツの制作・公開だけでは不十分です。施策実行後、効果測定を実施してはじめて制作したコンテンツの価値や成果を測れます。改善点を見つけ、より良いコンテンツに仕上げてPDCAサイクルを回しましょう。

効果測定では下記のようなデータを取得します。

  • 訪問者数

  • 閲覧数

  • 平均滞在時間

  • 離脱率

  • 会員登録数

  • 問い合わせ件数 など

効果の出ていないコンテンツを特定したら改善を行いましょう。ただしコンテンツマーケティングはすぐには効果が出ない施策のため、中長期的な視野で運用を行うことが求められます。

コンテンツマーケティング・SEOの違いを認識し、使い分けることが重要

コンテンツマーケティングとSEOには下記のような違いがあります。

  • コンテンツマーケティング
    読者に有益なコンテンツを制作・発信することで見込み顧客を育成し、顧客へとつなげるマーケティング手法

  • SEO
    検索エンジンを通してWebサイトへの流入を増やすマーケティング手法。 コンテンツマーケティングの手法の一つ

両者を混同すると施策の精度が低減し、成約に繋がらないこともあります。それぞれの施策の目的や手法を正しく理解し、使い分けることが重要です。

またコンテンツマーケティングは中長期的な施策のため、継続的な施策実行が欠かせません。コンテンツ制作を長期間続けるためには、運用コストの低いCMS導入が必須となります。おすすめは「LeadGridです。

LeadGridはWebの専門知識不要で直感的に操作できるノーコードCMSです。マウス操作とキーワード入力でページを編集できるため、ランディングページの編集も担当者ベースで簡単に行えます。

またホワイトペーパーの自動ダウンロード機能やWebセミナー管理機能なども搭載しており、リード獲得のためのコンテンツマーケティングも効率的に実施可能です。

興味のある方はこちらからサービス紹介資料をダウンロードください。

リード獲得に強いCMS・Webサイト運用ツール LeadGrid

LeadGridを使えば、Webマーケティングに強いサービスサイト、オウンドメディア、コーポレートサイト制作をスピーディに制作可能です。

ページを見たまま編集できる「ページ編集機能」や「フォーム管理機能」など、Webの知識がなくても担当者ベースで施策が実行できます。

くわえてご希望の方には、WebマーケティングやSEOコンテンツの設計、運用、分析までトータルでご支援しています。

Webサービスやオウンドメディアの立ち上げ、コーポレートサイトリニューアルなど、御社のプロジェクトをお気軽にご相談下さい。

得意領域

  • Webマーケティングに強いWebサイト制作
  • サービスサイト、オウンドメディアサイトの立ち上げ
  • Webマーケティングの戦略設計、運用支援

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG(リードグリッド ブログ)は、リード獲得に役立つ情報を発信するWebマーケティングメディアです。

お役立ち資料

サイト制作、マーケティング戦略設計、コンテンツ制作、Webコンサルティング
関連のお役立ち資料をご紹介します。
1 2 3

Web制作・CMS開発・Webマーケティングに関してお気軽にご相談ください。

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、Webコンサルティング、コンテンツマーケティングの実績から制作から運用・改善までトータルでサポートします。