コンテンツマーケティングのメリットとデメリットは? 成果を出すコツも解説!|Webサイト制作 / CMS・MAツール|LeadGrid(リードグリッド)

コンテンツマーケティングのメリットとデメリットは? 成果を出すコツも解説!

目次

Webサイト集客入門ガイド、無料配布中!

Webマーケティングを始めたい、または強化したい担当者様へ。マーケティングの第一歩をサポートするための「Webサイト集客入門ガイド」をご用意しました。Webマーケティングの基本から効果的な集客方法までを詳しく解説しています。ぜひご活用ください。

無料でダウンロードする

コンテンツマーケティングが注目されて久しいですが、「うまく成果が出ない」「そもそもどんな効果があるの?」とお悩みのWeb担当者の方も多いのではないでしょうか?

コンテンツマーケティングにはさまざまなメリットがある一方でデメリットもあるため、適切な戦略を立てることが大切です。本記事ではコンテンツマーケティングのメリットやデメリットについて、わかりやすく解説します。コンテンツマーケティングで成果を出すポイントについても紹介するので、ぜひコンテンツマーケティングに一歩踏み出す前にご確認ください。

そもそもコンテンツマーケティングの必要性とは?

コンテンツマーケティングとは、商品やサービスを販売するためのマーケティング手法の一つです。企業が自社の専門分野に関する情報を提供することで、売上拡大や顧客の信頼を得ることを目的としています。つまり単に商品やサービスをアピールするだけでなく、顧客に価値のある情報を提供することで、長期的な関係を築くことを目的としている点が特徴です。

顧客獲得をして長期的な関係性を築く方法として、リードの獲得などが挙げられます。リードの獲得について詳しく知りたい方は「リード獲得ロードマップ」をご覧ください。


リード獲得ロードマップ【全体像を3ステップで紹介】|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

関連記事:コンテンツマーケティングとは?特徴や成功事例をわかりやすく解説

関連記事:リード獲得とは?12のリード獲得方法や効率的に増やすポイントを解説

コンテンツマーケティングは次のふたつの観点から必要性が高いと言えます。

  1. 検討段階の低いターゲットを狙いやすい
  2. 顧客との長期的な関係が築きやすい

まずコンテンツマーケティングはWeb広告での集客販売を行う手法と比較して、検討段階の低いターゲットの興味を引くのに効果的な手法であるといえます。Webでの広告やプロモーションは商品やサービスの検討段階が高いターゲットに対し効果を発揮する一方、検討度合いの低いターゲットへのアプローチには工夫が必要です。

しかしコンテンツマーケティングでは、ターゲットが抱える悩みを記事コンテンツで解決する形で情報を提供することができるため、検討度合いの低いターゲットの興味を引きつけやすいのです。

またコンテンツマーケティングは、顧客との長期的な関係を築くことができる点が魅力的です。商品やサービスを提供するだけではなくターゲットに対し価値のある情報を提供することで、顧客のロイヤルティを高め、顧客からのリピート率を向上させることができます。顧客との関係を築くことで、商品やサービスに対する信頼度も高まり、結果として売上アップにつながることが期待できるのです。

コンテンツマーケティングのメリット5つ

 コンテンツマーケィングのメリットは次の5つです。

  1. 低いコストで運用できる
  2. ブランディングや信頼の獲得に繋がりやすい
  3. 潜在顧客へのアプローチが可能
  4. コンテンツが資産となる
  5. SNS拡散による認知拡大が望める

1. 低いコストで運用できる

コンテンツマーケティングは基本的に記事などのWebコンテンツをオウンドメディアに公開し、検索流入から集客をする構造です。そのため 広告費をかけずに集客ができるので低いコストで運用が可能です。

Web広告は広告出稿時は集客しやすいものの、広告出稿を止めてしまうとサイトへの流入がなくなってしまいます。現状Web広告が主な集客元となっているのであれば、コンテンツマーケティングを取り入れることで、少しずつ広告にかけるコストを削減することができるでしょう。

2. ブランディングや信頼の獲得につながりやすい

コンテンツマーケティングでオウンドメディアやSNSが有名になると、それが運営会社のブランディングにもつながります

たとえばGIGの運営するWorkship MAGAZINEは日本最大級のフリーランス・副業メディア。そのため「GIGで働いている」というと、フリーランスの知り合いからは「あのWorkshipの!?」という返答が返ってくる、といった具合です。

運営会社のよいブランディングは、会社のサービス・商品の信頼にも良い影響があります。コンテンツマーケティングが会社のブランディングにつながるのは大きなメリットと言えるでしょう。

3. 潜在顧客へのアプローチが可能

コンテンツマーケティングには潜在客層へのアプローチができるメリットがあります。

潜在顧客とは潜在的に自社商品・サービスへのニーズを持っている将来の顧客候補を指します。潜在顧客は悩みを抱えており、解決方法を探して検索します。コンテンツマーケティングでは、この検索段階で 潜在顧客に「解決はこの商品でできるよ」とアプローチし、見込み顧客に変換することができるのです

高価格帯になれば、個人法人問わず検討期間が長くなるため、一気に成約に結び付けずEメールや電話番号などのリードを獲得し、商談に持ち込むなどアプローチの仕方については違いがあるものの、潜在顧客へのアプローチができるコンテンツマーケティングのメリットは大きいといえます。

4. コンテンツが資産になる

検索結果からの集客が可能なコンテンツであれば、公開後24時間365日の間、コンテンツが自動で集客をし続けてくれます。

もちろん定期的なメンテナンスが必要な記事もありますし、手を入れても検索結果の上位に表示されなくなるとパフォーマンスが落ちてしまうため、未来永劫の集客が保証されるわけではありません。しかし出稿をやめた途端集客がゼロになる広告と比べると、コンテンツマーケティングの集客の持続性はメリットといえます。

また公開したコンテンツが蓄積されるのも、コンテンツマーケティングの強みです。

ひとつの記事のパフォーマンスが下がっても、他の記事が集客を行うので記事全体が「集客装置」として機能するのです。

Webサイトの集客について詳しく知りたい方は「Webサイト集客入門ガイド」をご覧ください。


Webサイト集客入門ガイド|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

5. SNS拡散による認知拡大が望める

コンテンツマーケティングではSNSによる認知拡大が望めます。

SNSでの自社アカウントがバズる場合もあれば、良質な記事が読者によって拡散され、それまでアプローチできていなかった層に届く場合もあります。

コンテンツマーケティングの初期段階では検索結果からの流入が弱く、SNSからの流入に頼りがちです。SNSの力を初期段階から借りられるように、オウンドメディアをする際はSNSも同時に開設しましょ

コンテンツマーケティングのデメリット

 コンテンツマーケティングのデメリットは次の3つです。

  1. 効果が出るまでの時間がかかりやすい
  2. コンテンツ制作に時間が必要
  3. 継続的な更新が必要

1. 効果が出るまでの時間がかかりやすい

さらにコンテンツマーケティングは効果が出るまでの時間がかかりやすい側面があります。

オウンドメディアの場合、検索からの流入が本格化するまで最低でも半年~1年はかかると言われており、それまでは成果が見えづらい状況のままコンテンツを作成し続ける必要があるのです。導入の段階で上司や上層部に対し、すぐに成果が出ない認識をあらかじめ共有しておきましょう。

並行して流入が少ない時期でも効率よく成約を挙げられるよう、以下の点に注意してコンテンツマーケティングを進めましょう。

  • ファネルの設計、制作が完了してから集客をはじめる
  • 顕在顧客向けのコンテンツから制作、公開する
  • 広告を同時に回し収益を生みながら、LPの最適化も並行して行う

他にもCVR改善チェックシートやCVの獲得に寄与するランディングページ制作マニュアルも用意しておりますので用途に応じてご活用ください。


CVR改善チェックシート|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

ランディングページ制作・最適化マニュアル|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

2. コンテンツ制作に時間が必要

コンテンツマーケティングの肝となる記事コンテンツ制作には多くの工程があり、どうしても時間がかかります。運営会社の記事コンテンツに対する姿勢や方向性によっても変わりますが、記事コンテンツ制作のフローは大まかに以下の通りです。

  • 企画(記事構成)の制作
    • 市場調査、競合調査
    • ペルソナ設定
    • ステークホルダーとの調整(インタビューや監修が入る場合)
  • 原稿の制作
    • 執筆
    • 素材調達(写真撮影や作図など)
  • 原稿の確認
    • 編集、校正、校閲
    • ステークホルダーへの確認
  • 入稿、公開
    • プレビュー画面(ステージング)での動作チェック

記事によっては上記に加えて社内へのヒアリングや市場へのアンケートなど、さらに時間を要する要素も。ただ「ネットで調べればすぐにわかる」ような情報自体はWeb上にあふれており、いかに手間暇をかけて読者にとって良い記事を作るかがコンテンツマーケティングの肝となります。

公開目標の記事本数を多めに設定したことで、誰のためにもならないような記事を量産することになってしまうことがないよう、目標の記事本数については慎重に検討しましょう

また コンテンツの質と量を高い次元で担保するためには「体制づくり」が重要です。LeadGridではオウンドメディアにおける体制づくりの方法についてまとめたマニュアルを無料で公開しています。良質な記事を通してコンテンツマーケティングを成功させたい方はぜひご覧ください。


オウンドメディア運用インハウス化マニュアル|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

3. 継続的な更新が必要

コンテンツマーケティングには、コンテンツの定期的な更新が必要です。

まず情報が古くなった記事は情報を刷新するメンテナンスが必要ですし、情報が古くならなくても自社サイトのページが検索結果の上位から転落した場合、ニーズを再度リサーチしてリライトする必要があります。

コンテンツマーケティングではコンテンツが積み上がると半自動的な集客が可能ですが、メンテナンスコストに関しては初期段階から織り込んでおきましょう。

ただし、これらのメンテナンスを適切に行うことで成果をより伸ばすことができるため積極的に取り組むべきです。リライトの手順と見るべき12のポイントでは社内でメンテナンスに取り組むのであれば必携のリライトマニュアルです。ぜひお役立てください。


リライトの手順と見るべき12のポイント|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

コンテンツマーケティングで成果を出す3つのコツ

 コンテンツマーケティングをはじめるにあたって注意すべき点は以下の3つです。

  • コンセプトを明確に良質なコンテンツ制作をする
  • KPIを設定する
  • ツールを活用する

1. コンセプトを明確に良質なコンテンツ制作をする

コンテンツのコンセプトがぶれると、コンテンツマーケティングで目標の達成が困難になってしまいます。

コンセプトがぶれるのはコンテンツマーケティングの前に行う、ペルソナの設定がぶれている可能性があります。ペルソナとはサービス、商品のメインターゲットとなる人物像のこと。

ペルソナを設定する際は実際にサービスや商品を利用している人物にヒアリングを行うなどして具体的に設定するものですが、マーケティング担当同士の話し合いだけで決めてしまったり自社の都合のいいペルソナを設定してしまったりといったことが原因です。

正しいペルソナを設計する方法はペルソナ設計入門ガイドでまとめております。社内の担当者の認識を共有し、コンセプトを堅持するためにもぜひご活用ください。


ペルソナ設計入門ガイド|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

2. KPIを設定する

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、KPI(Key Performance Indicators)を設定することが重要です。KPIとは目標達成のために重要な指標のことで、コンテンツマーケティングの目的(KGI)を分解したマイルストーンとなります。

具体的なKPIとしてはアクセス数やクリック率などの指標について、一定の数値への到達が挙げられます。KPIを設定することで記事コンテンツ制作やSNSでのプロモーションなどの効果を評価し、改善点を見つけることができるのです。またKPIを設定することで成果が出る(KGI達成)までの期間を明確にし、適切なタイミングで戦略の修正を行うことができます。

関連記事:WebマーケティングのKPIとは?考え方や施策別のKPI例を解説

3. ツールを活用する

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、ツールの活用も重要な要素です。ツールを活用することで、記事コンテンツの効率化が可能になります。

例えばSNSのツールを使うことで予約投稿や分析を時短でき、SEOツールを活用することで手作業で行うリサーチなどの作業時間を大幅に短縮することができます。また顧客とのコミュニケーションをスムーズにするためのMAツールや、アクセス解析ツールなどを活用することで顧客のニーズが把握でき、効果的なコンテンツ制作やプロモーションを行うことができます。

コンテンツマーケティングに使えるおすすめツールは以下の記事で紹介しています。コンテンツマーケティングを効率化させたい方はぜひご覧ください。

関連記事:すぐ使えるWebマーケティングツール17選! 目的・課題別に紹介

また CMSも重要なツールです。CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略で、記事コンテンツなどをWeb上で作成する際にHTMLやCSSを記述する工程をスキップできるツールです。

しばしば言及するとおり、 コンテンツマーケティングは継続的な記事コンテンツの公開が重要な要素となります。CMSなしにコンテンツを継続的に公開するのは困難を極めるので、どのツールを差し置いてもCMSのWebサイトへの導入だけは必ず行いましょう。

CMSを導入する際は自社に必要な機能や操作性を見極める必要があります。一方、数あるサービスを一つひとつ比較するのはとても大変です。LeadGridがご用意しているお役立ち資料「BtoB企業向けCMS比較一覧表」では機能ごとに分かりやすく紹介しています。

CMSを検討中の方はぜひご活用ください。


BtoB企業向けCMS比較一覧表|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

コンテンツマーケティングは運用コストが低いCMS選びが重要

ただ「CMSは導入できればなんでもいい」というわけではありません。特徴や強み、弱みがCMSによってそれぞれ違うため、自社の用途や課題にあったCMSを選ぶことが重要なのです。

ただ「コンテンツマーケティングなんてやったことがない。なんならCMSの操作自体も不安かも……」という方には、使い勝手の良さとマーケティング支援機能の両方を兼ね備えたCMSを選びましょう。

LeadGridは株式会社GIGがサイト制作の際に利用するCMSで、使い勝手の良さとリード獲得に特化したコンテンツマーケティング支援機能が特徴です。

使い勝手に関しては、実際の利用者からブログの管理画面が「ブログサービスのようなUIでわかりやすい」とのお声をいただいています。またブログ以外のページについても通常であればHTMLなどで調整が必要なところ、プレビュー画面を直接編集するように変更が可能。担当者ベースでLPの最適化施策ができるので、 運用も簡単かつコストが抑えられます

またホワイトペーパーの自動ダウンロード機能やWebセミナー管理機能など、リード獲得を目的としたコンテンツマーケティングにも対応。興味のある方はこちらからサービス紹介資料をダウンロードください。


サービス紹介資料|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

Webサイト集客入門ガイド、無料配布中!

Webマーケティングを始めたい、または強化したい担当者様へ。マーケティングの第一歩をサポートするための「Webサイト集客入門ガイド」をご用意しました。Webマーケティングの基本から効果的な集客方法までを詳しく解説しています。ぜひご活用ください。

無料でダウンロードする

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部は、Web制作とデジタルマーケティングの最前線で活躍するプロフェッショナル集団です。Webの専門知識がない企業の担当者にも分かりやすく、実践的な情報を発信いたします。

関連記事

Works

サイト制作事例