採用サイトの作り方5ステップ|手順や必要なコンテンツも|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

採用サイトの作り方5ステップ|手順や必要なコンテンツも

目次

求職者の情報収集方法が多様化しています。自社に最適な人材を確保したいなら、採用サイトが欠かせません。

求職者は採用サイトから情報を取得し就職活動に役立てているため、求職者のニーズに合わせた採用サイトを制作・活用することが重要です。

今回は 採用サイトの目的から制作方法・手順、採用サイトに入れたいコンテンツや制作ポイントについて解説します。ぜひこの記事を自社の採用活動にお役立てください。

採用サイトとは

採用サイトとは、 採用情報に特化したWebサイトのことです。 募集要項や事業内容などの情報を伝える役割があります。

比較されやすいのがコーポレートサイトです。違いは以下のとおりです。

 

採用サイト

コーポレートサイト

目的

採用情報

企業情報

対象者

求職者

顧客・投資家・求職者など

Indeedやリクルートなどの求人サイトとは違い、採用サイトには情報の掲載量に制限がありません。さまざまな情報を掲載できるのが、大きな特徴です。

株式会社ONEの企業の「採用サイト」に関する意識調査によると、採用サイトを閲覧した40%の求職者が応募や志望度のモチベーションが高くなったと回答しています。

採用サイトが求職者に与える影響は、少なくないといえるでしょう。

採用サイトを作る目的

採用サイトを作る目的は以下の4つが挙げられます。

  • 求職者と会社のミスマッチを防ぐ
  • 企業の信頼性を高める
  • 掲載内容を自由に決められる
  • 採用スピードを上げる

関連記事:採用サイトを作る目的とは

求職者と会社のミスマッチを防ぐ

採用サイトには、 求職者とのミスマッチを防ぐ目的があります。

採用のミスマッチは、企業側と求職者側の「認識や価値観のズレ」によって起こります。「採用してもすぐに退職されてしまう」などのお悩みがある場合は、会社と求職者の間に認識の違いがあるかもしれません

認識や価値観のズレをなくすためには、求職者の知りたい内容を掲載する必要があります。具体的な内容は下記の「採用サイトに必要なコンテンツ」にて紹介しているので、参考にしてください。

企業の信頼性を高める

採用サイトは 企業の信頼性を高められます。採用サイトが存在する企業と存在しない企業では、どちらの信用性が高いかは言うまでもありません。

求職者の必要な情報を網羅した採用サイトを用意することで、安心感と信頼感を与えられます。

掲載内容を自由に決められる

採用サイトの掲載内容は自由に決められます。

求人サイトや求人票では紹介する内容や書式が決まっているなど、掲載での制約が多いものです。

一方、自社で作る採用サイトは 表現方法が自由です。また 掲載する情報量も自分たちで決められます

文章だけでは伝わりにくいコンテンツも、写真や動画を撮影するなどして、見せ方を工夫できます。

採用スピードを上げる

自社で運用する採用サイトは外部に依頼する必要がないため、 採用スピードが上がります

求人サイトを利用する場合は、原稿を出稿しても手続きが完了するまでに時間がかかり、自社が希望する時期に掲載できない可能性もあります。

採用スピードが遅いと、結果を待っている求職者の関心が他社へ流れてしまいます。せっかく興味を示してくれた良い人材がいても、対応が遅いと先に決まってしまった会社に決めてしまうかもしれません。

その点、採用サイトなら自社で運用できるため、すぐに対応可能です。

採用サイト3つの制作方法

採用サイトを制作するには3つの方法があります。

  • ホームページ制作サービスを使って自社で制作する
  • 採用サイト作成ツールを使って自社で制作する
  • Web制作会社に依頼する

ホームページ作成サービスを使って自社で制作する

ホームページ作成サービスを利用して、自社で採用サイトを制作する方法です。

ホームページ作成サービスでは、WixやJimdoなどが有名です。テンプレートを利用することで、 Webの知識がなくても採用サイトを制作できます。年間数万円程度で利用可能のため「採用サイトを制作したいが、開発コストが許容できない」といった場合に有効です。

関連記事:Wix・Jimdo・WordPressを7項目で比較!ホームページ作成におすすめのツールは?

なおWordPressなどの無料CMSを使うとライセンス費用がかからないため維持費は抑えられますが、開発には初期費用がかかるため結局はWeb制作会社に依頼する場合の料金がかかります。

採用サイト作成ツールを使って自社で制作する

採用サイトは採用サイト制作に特化した「採用サイト作成ツール」でも自作可能です。

汎用的なサイト制作が可能なホームページ作成サービスとは違い、採用サイト作成ツールは採用サイトに必要な機能に絞って用意されているので、サイトの作成にかかる学習コストが低めな点が特徴です。デザインもテンプレートから選択する形になっており、Web担当者に専門知識がなくても問題ありません。費用も無料から利用可能です。

しかし手軽に採用サイトを制作できる反面「こだわったデザインにしたい」「自社の方向性やブランディングをきちんと打ち出したい」といったオーダーへの対応がなかなか困難なデメリットも。

採用サイトを作成する上で手軽さを重視するか、より戦略的に成果を狙うかが、ホームページ作成サービスを含む自社対応で作成するか、制作会社に依頼するかの境目になるでしょう。

Web制作会社に依頼する

Web制作会社に採用サイト制作を依頼する方法です。自社対応となる他2つの方法とは違い、デザインへのこだわりや自社の方向性やブランディングを採用サイトに反映させやすく、最も求職者に対し効果的にアプローチしやすい方法と言えるでしょう。

そのためWeb制作会社を選ぶ際は 採用サイト制作の実績とノウハウがあるかどうかを確認することが重要です。また制作から情報発信までサポートできる制作会社なら、運用で困った際にも相談できますし、より効果的なサイトにするためのアドバイスももらえるでしょう。

またWeb制作会社の使用する CMS(コンテンツマネジメントシステム)についても確認しておきましょう。Web制作会社は一般的に、あくまでサイトの公開までが対応範囲となります。公開後のページ追加、Web記事追加は自社で行うケースも多いです。使いやすいCMSでサイトが制作されていると、 サイトの編集や修正が簡単になります。

またCMSには記事投稿・編集以外にも様々な機能があります。採用サイトのCMSにあると便利な機能を紹介するので、制作会社のCMSにこれらの機能があるのかどうかを事前に確認しておきましょう。

  • イベント、セミナーの申し込み管理機能
  • 資料ダウンロード機能
  • ソーシャル連携
  • セキュリティ対策

サイトの内容によって費用は異なります。費用の目安は以下のとおりです。

 

内容

費用

小規模サイト

  • テンプレートを利用したサイト制作
  • アフターサポートなし

100〜200万円

中規模サイト

  • オリジナルデザイン
  • 20ページ未満

200〜400万円

大規模サイト

  • フルオーダー
  • 20ページ以上

300万円〜

社員インタビューを依頼したい場合は、1本あたり10〜15万円ほどかかります。

採用サイトの作り方・手順

採用サイトの作り方・手順を紹介します。

  1. 採用サイトのコンセプトを明確にする
  2. 採用サイトのターゲットを明確にする
  3. 採用サイトに掲載する内容を決定する
  4. サイトマップを作成する
  5. 採用サイトのデザインを決める

ステップ1. 採用サイトのコンセプトを明確にする

まずは 採用サイトのコンセプトを明確にしましょう。採用コンセプトとは、採用活動に一貫性を持たせるための指針のことです。

採用コンセプトをはっきりとさせることで採用方針が明確になり、採用の担当者間で共通認識が持てるようになります。よって 採用方針の軸がブレなくなるため、自社に必要な人材を採用できます。

採用コンセプトを決めるには、企業理念や事業内容を今一度振り返り、企業の活動内容を明確にすることが重要です。

ステップ2. 採用サイトのターゲットを明確にする

採用コンセプトを決めたら、次は 採用のターゲットを明確にします。求める人材の定義を決めていく作業です。

採用ターゲットを明確にすることで、 サイトの方向性やコンテンツ、デザインなどのイメージがはっきりします。ターゲット設定する際は具体的な人物像をイメージしましょう。そうすることで求職者の抱えている悩みや、サイトに必要な情報が見えてくるものです。

反対に採用ターゲットがぼやけていると、自社が必要とする人材の心に響かないサイトができあがり、人材確保の失敗につながることも。採用を成功させるためにも、ターゲットの設定は欠かせません。

関連資料:ペルソナ設計入門ガイド

ステップ3. 採用サイトに掲載する内容を決定する

サイトコンセプトとターゲットが決まったら、 掲載する内容を決めましょう。

掲載内容を決める際に注意したいのは、 自社が発信したい情報に偏りすぎないことです。自社が求職者に伝えたい情報と、求職者の知りたい情報が一致しているとは限りません。求職者の知りたい情報については、下記の「採用サイト制作のポイント」で紹介しています。

また画像や動画などを使って、視覚的にわかりやすい内容にすることも大切です。

ステップ4. サイトマップを作成する

サイトマップとは、サイト構成をリスト化して表したページのことです。 サイトマップを作ることで、サイトの全体像が把握できるようになります。

サイトマップ作成では、まず掲載するコンテンツを書き出し、カテゴリーごとに分類します。カテゴリーが分類できたら階層ごとに分けて、コンテンツが重複しないようにさらに分類していきます。

サイトマップは見やすさが重要です。階層は多くても、3つ程度にしましょう。

ステップ5. 採用サイトのデザインを決める

最後に 採用サイトのデザインを決めます。注意点は、デザイン性ばかりにこだわりすぎないことです。

おしゃれなデザインでも、情報にたどりつきにくい採用サイトはユーザーの離脱につながってしまいます。デザインを決める際は、以下の3つのポイントを押さえましょう。

  • 情報が探しやすいデザインにする
  • 企業イメージを大切にする
  • デザインのトレンドを意識する

また採用サイトをスマホで閲覧する求職者も多いので、 レスポンシブ対応させることも忘れないようにしましょう。

関連記事:レスポンシブ対応とは? 5つの対応方法や注意点をWeb制作会社が解説

採用サイトに必要なコンテンツ

採用サイトに掲載したいコンテンツを紹介します。

  • 募集要項
  • 事業内容
  • 代表あいさつ・社員紹介
  • 福利厚生
  • 研修制度
  • 他社と差別化できるコンテンツ
  • よくある質問

募集要項

募集要項は新卒・中途採用を問わず、どの求職者も必ず目にするコンテンツです。採用サイトの目的やターゲット、業種によっても内容は異なりますが、以下の情報を記載すると良いでしょう。

  • 待遇
  • 職種(仕事内容)
  • 休日
  • 勤務時間
  • 雇用形態
  • 勤務地

事業内容

事業内容には、 具体的な内容を記載しましょう。

コーポレートサイトに書かれている内容よりも、さらに具体的な内容がおすすめ。なぜなら求職者は顧客よりも、より詳しく事業内容を知りたいと考えているからです。

事業内容は企業のイメージ・規模感を求職者へ伝える役割があります。

代表あいさつ・社員紹介

代表あいさつは 企業の熱意、経営ビジョンを伝えられるコンテンツです。求職者が企業に親しみを持て、共感できるようなあいさつ文にしましょう。

たとえば代表が業界に入ってからの心境の変化や、現在の課題などを掲載することで求職者の共感を得られやすくなります。

社員紹介では具体的なエピソードを加えると、入社後のイメージがしやすくなります。

福利厚生

福利厚生は社員やその家族に提供される、給料以外の報酬です。企業にとって、 働きやすさをアピールできるコンテンツでもあります。

▲出典:エンジャパン株式会社福利厚生は求職者の80%以上が重視しており、採用サイトに欠かせません。

まず自社の福利厚生を洗い出し、採用サイトにもれなく掲載しましょう。実際に利用した社員の声の挿入や、制度の利用率を数字で解説することで、企業への信頼性が高まります。

研修制度

研修制度を紹介することで、 人材育成にも力を入れているとアピールできます。どのような研修制度が受けられるのかを具体的に紹介しましょう。

研修制度と共に、キャリアアップのステップの紹介も効果的です。求職者は入社後の自分の姿をイメージできるようになり、応募意欲につながりやすくなります。

他社と差別化できるコンテンツ

自社に必要な人材を確保するためには、 他社との差別化も必要です。求職者は複数の企業の採用サイトを比較しています。他社と同じような内容のサイトでは、自社の魅力を伝えられず、必要な人材が確保できません。

たとえば写真や動画、インタビューなどは、自社にしか作れない差別化コンテンツとなります。ほかにも社員同士の座談会や、1日の流れを漫画風にしてみるなど、ユニークな目線でのコンテンツ作りも効果的です。

求職者が他社と比較しても自社に応募したいと思えるような、差別化コンテンツを用意しましょう。

よくある質問

過去に求職者から多く寄せられた質問を紹介します。よくある質問をサイト内に設置し、求職者の不安や疑問を少しでも取り除きましょう。

「よくある質問」には以下のような内容が挙げられます。

  • 必要な資格
  • 応募方法
  • 未経験でも応募できるか
  • 年齢制限

採用サイト制作のポイント

採用サイトを制作するポイントを2つ紹介します。

  • 求職者のニーズに合わせる
  • 会社データを数値で表す

求職者のニーズに合わせる

採用サイトは求職者の疑問や不安を取り除けるよう、 求職者のニーズに合わせて制作することが重要です。

しかし就職白書2022の調査結果では、情報開示に対する認識が企業と求職者の間で大きくズレていることがわかります。

「社内研修・自己啓発支援の有無」「求めている具体的な能力・人物像」に関しては約8割の企業が「情報提供した」と回答したのに対し、「知ることができた」と回答した学生は20~25%  

(引用:就職白書2022)

また求職者はネガティブな内容も含めた企業情報を必要としているため、企業側には 誠実な情報開示が求められています

これらの結果から、求職者の必要とする情報を提供することが採用を成功させるポイントと言えます。求職者のアンケート結果などを踏まえ、求められている情報を提供しましょう。

会社データを数値で表す

企業の 情報を 具体的な数値で表すことで、求職者にとってよりわかりやすく親しみのわく採用サイトが作成できます。

▲出典:株式会社GIGたとえばGIGINC.の採用サイトでは、上記のようにさまざまな情報を数値で表現しています。グラフやアイコンを使ったインフォグラフィックスで表現し、より親しみやすいサイトに仕上げています。

企業によっては育休取得者や入社前の業界の割合、好きなお酒の種類やフルマラソン完走率など、ユニークなデータを掲載しているところも。

インフォグラフィックスなら視覚的に情報を伝えられるので、求職者に情報を認識されやすくなります。自社にあるさまざまなデータを、数値化してみましょう。

LeadGridで自社の魅力が伝わる採用サイトを作ろう

効果的な採用に、採用サイトは不可欠です。求職者が必要としている情報を提供しつつ、自社の魅力が伝わる採用サイトを制作しましょう

制作後も自社でサイト編集していきたいとお考えであれば、弊社開発のCMSであるLeadGridを使って採用サイトを制作してみてはいかがでしょうか?

LeadGridには、採用サイトに必要な機能が多くあります。セキュリティ対策はもちろん、採用サイトには欠かせない資料ダウンロード機能、イベント情報や申し込み者等の一元管理機能なども標準搭載されています。

見たまま編集ができるので、サイト更新のたびに外注を挟むことなく担当者自身でサイトの編集が可能です。

LeadGridの詳しいサービス紹介資料はこちらから無料でダウンロードできるので、ぜひご検討ください。

内部SEOとして実施したい40項目をチェックできるシートをご用意しました

チェックシートを見る

リード獲得に強いCMS・Webサイト運用ツール LeadGrid

LeadGridを使えば、Webマーケティングに強いサービスサイト、オウンドメディア、コーポレートサイト制作をスピーディに制作可能です。

ページを見たまま編集できる「ページ編集機能」や「フォーム管理機能」など、Webの知識がなくても担当者ベースで施策が実行できます。

くわえてご希望の方には、WebマーケティングやSEOコンテンツの設計、運用、分析までトータルでご支援しています。

Webサービスやオウンドメディアの立ち上げ、コーポレートサイトリニューアルなど、御社のプロジェクトをお気軽にご相談下さい。

得意領域

  • Webマーケティングに強いWebサイト制作
  • サービスサイト、オウンドメディアサイトの立ち上げ
  • Webマーケティングの戦略設計、運用支援

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG(リードグリッド ブログ)は、リード獲得に役立つ情報を発信するWebマーケティングメディアです。

お役立ち資料

サイト制作、マーケティング戦略設計、コンテンツ制作、Webコンサルティング
関連のお役立ち資料をご紹介します。

Web制作・CMS開発・Webマーケティングに関してお気軽にご相談ください。

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、Webコンサルティング、コンテンツマーケティングの実績から制作から運用・改善までトータルでサポートします。