Wix・Jimdo・WordPressを7項目で比較!ホームページ作成におすすめのツールは?|Webサイト制作 / CMS・MAツール|LeadGrid(リードグリッド)

Wix・Jimdo・WordPressを7項目で比較!ホームページ作成におすすめのツールは?

目次

自社に最適なCMSがわかる比較表、無料配布中!

CMS導入をご検討中の担当者に向けて、60以上のCMSから32のサービスを厳選し、それらを表で比較した人気の資料をご用意しました。ぜひ社内の比較検討にご活用ください。

無料でダウンロードする

簡単にホームページを作成できるサービスとして注目を集めている「Wix(ウィックス)」「Jimdo(ジンドゥー)」「WordPress(ワードプレス)」。

いずれも利用者が多く人気のCMSですが、それぞれの特徴やメリット・デメリットまで熟知している方はそう多くありません。

関連記事:CMSとは?導入によるメリットやデメリット、選び方を解説

今回はWix、Jimdo、WordPressを7つの項目で比較して、違いを解説します。各サービスのメリット・デメリットも紹介しているので、CMSの導入を検討している方はご一読ください。

【CMSを一枚のカオスマップにしました!】

42のCMSを分析し、分類したカオスマップを公開しています。

貴社にピッタリのCMS選びの参考にしてください。

無料資料ダウンロードはこちらから。

Wix・Jimdo・Wordpressの違い

Wix、Jimdo、WordPressには仕組み上の違いがあります。サービスを比較する前に、まずはそれぞれの特徴を押さえておきましょう。

  • Wix・Jimdo:クラウド型CMS

  • WordPress:オープンソース型CMS

Wix・Jimdo|クラウド型CMS

WixとJimdoは、クラウド型CMSに分類されます。

クラウド型CMSとは、ベンダーがサーバーまで提供・管理しているCMSのことです。自分でサーバーを用意しなくても、ネット環境とブラウザさえあればサイトを構築・運用できるのが最大の特徴です。

クラウド型CMSのそのほかのメリット・デメリットは以下の通りです。 

メリット

  • 導入が簡単

  • 初期費用を抑えられる

  • 利用者側のメンテナンス不要

デメリット

  • デザインやカスタマイズに制限がある

  • ランニングコストがかかる

WordPress|オープンソース型CMS

WordPressはオープンソース型のCMSです。

オープンソース型CMSはソースコードが公開されており、誰でも自由に利用できます。WordPressをはじめ、無償で利用できるCMSが多く、拡張性が高いことが特徴です。

オープンソース型CMSの、そのほかのメリット・デメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 無料で導入できる

  • スキル次第で自由にカスタマイズできる

  • 無料の拡張機能が揃っている

デメリット

  • セキュリティに脆弱性が見られる

  • 別途ドメインやサーバーの用意が必要

  • 導入後の保守費用は別途発生する

Wix・Jimdo・WordPressを7項目で比較

Wix、Jimdo、WordPressを7項目で比較しました。以下比較表をご覧ください。

   

 

WordPress

Wix

Jimdo

コスト


無料(別途サーバー代)


月額0円~3,800円


月額0円~5,330円

操作性


ビジュアルエディタ・テキストエディタで執筆(中級~上級者向け)


ドラッグ&ドロップで操作可能(中級者向け)


ドラッグ&ドロップで操作可能(初心者向け)

デザイン


自由にカスタマイズ可能


デザインテンプレート使用(800種類以上)


デザインテンプレート使用(40種類程度)

利用者数


世界シェア1位


世界シェア3位


世界シェア圏外

サポート

×
基本的に自己解決


メール、チャット、電話


メール、Jimdoカフェ

SEO


SEOを意識した内部設計、豊富なSEOプラグイン


最低限の対策しかできない、表示速度が遅い傾向にある

用途

ブログ、メディアサイなど大規模サイト

ポートフォリオ、名刺代わりのサイトなど小規模サイト

ここでは項目ごとにおすすめのCMSを解説していきます。

コストで選ぶならWordPress

 

WordPress

Wix

Jimdo

コスト


無料(別途サーバー代)


月額0円~3,800円


月額0円~5,330円

WordPressは無償で提供されているオープンソース型CMSであり、 利用料金は発生しません。サーバー代・ドメイン代はかかるものの、月額1,000円程度で運用可能です。

Wix・Jimdoも無料プランが提供されていますが、どちらも無料プランでは独自ドメイン使用不可、広告表示など制限がつきます。本格的な運用のためには3,000~5,000円前後のプランが推奨されており、WordPressと比較するとコストがかかります。

Wix・Jimdoの料金プランの詳細は以下の記事で解説しています。

関連記事:Wixの料金プラン|各プランの解説やおすすめ、注意点など

関連記事:Jimdoの料金プランを解説!目的別おすすめプランは?

操作性で選ぶならJimdo

   

 

WordPress

Wix

Jimdo

操作性


ビジュアルエディタ・テキストエディタで執筆(中級~上級者向け)


ドラッグ&ドロップで操作可能(中級者向け)


ドラッグ&ドロップで操作可能(初心者向け)

今回比較したサービスのなかで、もっとも操作が易しいのはJimdoです。

Wix・Jimdoはどちらも、マウスによるドラッグ&ドロップの直感的な操作を売りにしています。

しかしWixは、フォントの選択や文字の大きさ、スタイルなど多彩な装飾ができる分、Webの知識がない初心者にとっては項目が多すぎて難しく感じるでしょう。

一方でJimdoは、PC操作に不慣れな人でも簡単にホームページを作成できます。

WordPressは感覚的に編集できるビジュアルエディタも使えるものの、カスタマイズにはHTML・CSSの知識が必要となります。

関連記事:Jimdoの評判は?メリット・デメリットや各機能の評判を解説

なおJimdoと同じくらい操作しやすく初心者にもおすすめなCMSとして、LeadGridがあります。LeadGridはページを見たまま編集できるため、Web制作に関する特別な知識がなくてもホームページの制作が可能です。

無料資料「サービス紹介資料」で詳しく機能を解説しているため、下記よりダウンロードし比較検討にお役立てください。


サービス紹介資料|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

デザインで選ぶならWordPress

 

WordPress

Wix

Jimdo

デザイン


自由にカスタマイズ可能


デザインテンプレート使用(800種類以上)


デザインテンプレート使用(40種類程度)

デザインに長けたオリジナルのホームページを制作するならWordPressが向いています。

WordPressは拡張性に優れており、HTML・CSSを使ったカスタマイズも自由自在です。また制作できるサイトに制限がないため、企業サイト・個人サイトのどちらにも対応できます。

一方Wix・Jimdoでのホームページ制作は、デザインテンプレートがベースです。WordPressにもテンプレートがありますが、8,800を超える種類が用意されています。一方でWixとJindoのテンプレート数はWordPressより少ないため自由度が低いと言えるでしょう。特にJimdoはテンプレート数が40種類と少ないためオリジナルのサイトを作りにくいのがデメリットの一つです。

利用者数で選ぶならWordPress

  

 

WordPress

Wix

Jimdo

利用者数


世界シェア1位


世界シェア3位


世界シェア圏外

WordPressは、世界シェア・国内シェア1位のCMSです。全Webサイトの約4割がWordPressで作られていると言われており、利用者数では他CMSの比になりません。また利用者数も多いため、書籍やインターネット上に情報が多いことも魅力の一つです。

一方Wixは世界シェア3位、Jimdoは世界シェア圏外と発表されています。

関連記事:国内外のCMS市場シェアランキング|トレンドや推移も解説

サポートで選ぶならWix・Jimdo

   

 

WordPress

Wix

Jimdo

サポート

×
基本的に自己解決


メール、チャット、電話


メール、Jimdoカフェ

トラブル発生時のサポートで選ぶなら、WixかJimdoがよいでしょう。

WordPressはオープンソース型のため、運営会社が存在しません。つまり、何かトラブルが発生した際はユーザー自身で解決する必要があります。一方でクラウド型CMSは企業が運営しているため、しっかりしたサポートを受けられます。

Wixは日本語での電話サポートが受けられ、JimdoはJimdoカフェでの対面相談を受けられることがそれぞれ魅力的です。

SEOで選ぶならWordPress

  

 

WordPress

Wix/Jimdo

SEO


SEOを意識した内部設計、豊富なSEOプラグイン


基本的な対策しかできない、表示速度が遅い傾向にある

SEOに強いサイトを制作するなら、WordPressを利用しましょう。WordPressはSEOを意識して開発されており、SEO強化のプラグインも豊富に提供されています。

Wix・JimdoにもSEOプランやSEOツールはあるものの、対策できるのは基本的な対策のみです。またWordPressと比較して表示速度が遅いと言われている点もSEOに弱いと言われる理由です。

SEOに強いサイトを制作したいとお考えの担当者の方は無料配布資料「SEOに強いサイトにするための制作・運用チェックシート36項目」もあわせてご活用ください。サイトの制作〜運用までの各フローにおいて必要なSEO施策を、漏れなく実行できているか確認できるチェックシートになります。下記より無料でダウンロードできます。


SEOに強いサイトにするための制作・運用チェックシート36項目|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

Wix・JimdoのSEO対策については以下の記事でも解説しています。

関連記事:WixのSEO対策|無料でできる対策やツールを紹介

関連記事:JimdoはSEO対策に弱い?設定や注意点を解説!

大規模サイトならWordPress/小規模サイトならWix・Jimdo

  

 

WordPress

Wix/Jimdo

用途

ブログ、メディアサイトなど大規模サイト

ポートフォリオ、名刺代わりのサイトなど小規模サイト

大規模サイトを制作するならWordPress、小規模サイトならWix・Jimdoが向いています。

Wix・JimdoはSEOの観点やページ数制限、表示速度の遅さから大規模サイトには不向きですが、ポートフォリオや名刺代わりのサイトを作る際は非常に役立つでしょう。

ただしビジネスで利用する場合は無料プランではなく、有料プランの契約が必要になります。

またCMSにはWordPressやJimdo、Wix以外にも多くの種類があります。自社の課題や目的によっては、これら3つ以外にも最適なCMSがあるため、あわせて検討することが重要です。

無料配布資料「CMSカオスマップ」では厳選した42個のCMSについて、制作するサイト別に最適なCMSがわかるようにまとめています。ぜひ下記より無料でダウンロードし、貴社が制作したいサイトごとに適したCMSの把握にお役立てください。


BtoB企業向け CMSカオスマップ|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

また、サイト運用も方針や目的が固まっており、具体的にCMSに求める機能が決まっている場合は無料配布資料「CMS比較一覧表」のダウンロードがおすすめです。制作したいサイト種別に必要となる機能を洗い出し、機能別で主要CNSを比較できるよう一覧表にまとめています。

下記より無料でダウンロードできます。


BtoB企業向けCMS比較一覧表|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

WordPress(ワードプレス)のメリット・デメリット

Wordpress メリット デメリット▲出典:WordPress

 WordPressは利用料金が無料であることやサイトの自由度が高いことから、さまざまな場面で利用されています。しかしセキュリティやサポートに弱い点は、企業サイトの運用では大きなデメリットとなり得るでしょう。

 

メリット

  • 無料でホームページを作成・運用できる

  • サイトの自由度が高い

  • SEOに強い

  • 利用者が多く情報に困らない

  • データのバックアップが取れる

デメリット

  • 操作がやや難しい

  • セキュリティが弱い

  • サポートがない

WordPressのメリット

WordPressのメリットは以下の5点です。

  • 無料でホームページを作成・運用できる

  • サイトの自由度が高い

  • SEOに強い

  • 利用者が多く情報に困らない

  • データのバックアップが取れる

1.無料でホームページを作成・運用できる

WordPressはオープンソース型CMSのため、導入に費用がかかりません。サーバーとドメインの料金は発生するものの、サーバー代は年額で10,000円〜20,000円、ドメイン代は数千円ほどの負担です。

無料のプラグインやテンプレートも用意されているため、もっとも安価に作成・運用を行えます。

2. サイトの自由度が高い

WordPressはコーポレートサイトやECサイト、オウンドメディア、採用ページ、サービスサイトまで作れるサイトに制限がなく、用途に合わせてさまざまな使い方ができます。ページ数や容量も無制限のため、大規模メディアであっても低予算で対応できるのは企業にとって大きなメリットです。

有料のテーマやプラグインを使うことで自社でサイト制作も可能ですが、どこかで見たようなサイトにしかならないこともあります。高度なカスタマイズには、リリース段階での開発が必須となります。

3. SEOに強い

WordPressは、SEOに強いCMSです。理由は次の2点が関係しています。

  • SEO内部対策が自動的に行われる

  • SEOプラグインが他CMSよりも多い

そもそもWordPressはSEOを意識して作られており、内部対策が自動的に行われています。内部対策が施されたページは、検索エンジンのクローラーが巡回しやすい構造になっているため、検索結果に表示されるのが速いです。

またSEOを強化するプラグインが豊富に揃っており、表示速度向上やSEO分析が簡単に行えることもSEOに強い要因の一つです。

4. 利用者が多く、情報に困らない

WordPressは、世界シェア一位のCMSです。利用者が多い分、書籍やインターネット記事、動画での解説を簡単に見つけられます。

海外発のCMSだと日本語の解説が少なく、トラブル発生時に困ることもあります。しかしWordPressであればトラブルがあっても、担当者のリテラシー次第で自力の解決も可能です。つまり担当者が自身でトラブルの要因を調べられる意欲や時間がある場合は、適切なCMSであると言えるでしょう。

5. データのバックアップが取れる

WordPressでは、データのバックアップ取得が可能です。バックアップがあれば、ハッキングやサーバートラブルが起きてもサイトを復元することができます。あるいは他のサービスへの移行も可能です。

ほとんどのクラウド型CMSでは外部バックアップが取れないため、不測の事態に備えられるWordPressは、サイト運営者にとって安心なツールと言えるでしょう。今回比較しているWix、Jimdoにおいても、外部へのバックアップ機能は実装されていません。

WordPressのデメリット

WordPressのデメリットは以下の3点です。

  • 操作がやや難しい

  • サイバー攻撃に狙われやすい

  • サポート体制が薄い

1.操作がやや難しい

WordPressのメリットである拡張性の高さを生かすにはHTMLやCSSの知識が必要であり、自社での開発が難しい点がデメリットとして挙げられます。

基本的なサイト制作を制作会社に依頼することになるため、初期段階での開発コストが許容できない場合や、なるべく早くホームページを完成させたいケースでは不向きと言えるでしょう。

2. サイバー攻撃に狙われやすい

WordPressは、悪質なサイバー攻撃に狙われやすいCMSです。理由は以下の3点に分類できます。

  • 利用者数が多いことから、攻撃のターゲットも多い

  • オープンソース型のため、攻撃者がシステムの詳細を把握できる

  • セキュリティが脆弱なテーマやプラグインを導入してしまうことで、サイト全体のセキュリティが下がる

WordPressが攻撃にあった場合、不正アクセスやコンテンツの改ざん、情報漏洩などが生じる危険性もあります。サイバー攻撃の被害に遭わないためには、バージョンの管理や必要なプラグインの精査、定期的なバックアップなど、万全なセキュリティ対策を自ら行わなければなりません。

関連記事:CMSのセキュリティ対策は大丈夫?脆弱性を狙ったサイバー攻撃事例6選と対策方法も解説

3. サポート体制が薄い

WordPressはオープンソースで提供されており、運営会社が存在しません。公式のサポートは「フォーラム」と呼ばれるQ&Aとメールのみで、手厚いサポートは期待できないでしょう。

前述の通り、WordPressはサイバー攻撃に狙われやすく、セキュリティに不安があるCMSです。WixやJimdoのように公式サポートを受けられないのは大きなデメリットと言えます。

Wix(ウィックス)のメリット・デメリット

Wix▲出典:Wix

WixはHTML・CSSの知識が不要で、簡単なマウス操作とキーボード入力でホームページを制作できます。テンプレート数が多くおしゃれなサイトを簡単に作れる一方で、デメリットとしては無料プランの機能制限やSEOの弱さが目立ちます。

Wixについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事:Wixとは?使い方や利用料金・Wixで作ったホームページ事例などを解説

関連記事:Wixのメリットデメリット|おすすめできるケースも解説

 

メリット

  • HTML・CSSの知識が不要

  • テンプレート数が800種類以上と豊富

  • アプリで簡単に機能拡張できる

  • 電話サポートが受けられる

デメリット

  • 無料プランは企業サイトには不向き

  • SEOに強いとは言えない

  • テンプレートの変更ができない

  • WixからWordPressへの移行が難しい

Wixのメリット

Wixのメリットは以下の4点です。

  • HTML・CSSの知識が不要

  • テンプレート数が300種類以上と豊富

  • アプリで簡単に機能拡張できる

  • 電話サポートが受けられる

1. HTML・CSSの知識が不要

WixはHTML・CSSの知識が不要で、簡単なマウス操作とキーボード入力でホームページを制作できます。

AIを使用したホームページ生成ツール「Wix ADI」では、質問に答えるだけでホームページの立ち上げが可能です。「Wixエディタ」ではコーディングも使用できるため、スキルの有無にかかわらず誰でもページを作成できます。

2. テンプレート数が800種類以上と豊富

Wixのホームページ制作では、デザインテンプレートを利用します。Wixにはプロのデザイナーが作成したデザインテンプレートが800種類以上用意されており、自社のイメージに合うテンプレートが見つかるでしょう。また日本語に対応したテンプレートが多いことも魅力の一つです。

さらにWixのテンプレートはデザイン性が高く、動きがあるサイトを簡単に作れる点も評価されています。画像のスライドショーやテキストアニメーションは、本来CSSやJavaScriptの知識が必要となります。しかしWixであれば、アニメーションが組み込まれたテンプレートを使うことで簡単に実装可能です。

動きがあるホームページは手が込んでいる印象を与え、注目度アップや視線の誘導にもつながります。

3. アプリで簡単に機能拡張できる

WordPressがプラグインで機能を拡張できるように、Wixでは300種類以上の専用アプリでサイトをカスタマイズできます。以下は利用できる機能の一例です。

  • オンライン予約

  • ネットショップ

  • お問い合わせフォーム

  • イベントカレンダー

  • サイト内検索

  • SNS連携

アプリは無料でも提供されており、インストールするだけで手軽に機能を追加できます。

4.電話サポートが受けられる

WordPress・Jimdoとの大きな違いとして、Wixでは電話サポートを受けられる点がメリットとして挙げられます。

CMSの利用にトラブルはつきものです。サポートがQ&Aやチャットのみだとトラブル解決まで時間がかかってしまいますが、直接電話で相談できるWixなら迅速に問題を解決できるでしょう。

日本語でのコールバックを希望すれば日本語でサポートを受けられるため、言語の不安もありません。

Wixのデメリット

Wixのデメリットは以下の4点です。

  • 無料プランは企業サイトには不向き

  • SEOに強いとは言えない

  • テンプレートの変更ができない

  • WixからWordPressへの移行が難しい

1. 無料プランは企業サイトには不向き

Wixは無料でもホームページを作成できますが、無料プランは機能が制限されるため企業サイトには向いていません。有料プランと無料プランの機能の違いは以下の通りです。

  • 独自ドメインが使えない

  • Wixの広告が表示される

  • データ容量が500MBまで

企業サイトでは何よりも信頼性が求められます。サブドメインやページ下部の広告があると無料で作られたサイトだとすぐにわかってしまうため、ユーザーに不信感を与えてしまいます。

機能制限を解除するには、有料プランの契約が必要です。企業サイトの運用を検討しているなら有料プランの契約は必須だと考えましょう。

2. SEOに強いとは言えない

Wixで作られたサイトは、SEOに強いとは言い切れません。

コンテンツマーケティングでの集客を検討している場合、Wixでブログを書いて上位表示を狙う方法が考えられます。しかしWixのブログには、関連記事や人気記事の挿入機能がなく、SEOを意識した内部対策を行えません。

さらにサイトの表示速度が遅いことも、SEOに強くない要因として考えられます。表示速度が遅いサイトはユーザーの直帰率・離脱率に影響するため、SEOに強いWordPressと比較すると優位性がないのです。

関連記事:WixのSEO対策|無料でできる対策やツールを紹介

3. テンプレートの変更ができない

Wixは作成途中のテンプレート変更ができません。テンプレートを変更するには新しくページを作り直す必要があるため、せっかく作ったホームページが無駄になってしまう可能性があります。

Wixでホームページを作るなら、テンプレート選びは慎重に行いましょう。

4. WixからWordPressへの移行が難しい

WixとWordPressにはデータの互換性がなく、移行には手動でのコピーしか方法はありません。ページ数が少ないサイトならそこまで手間はかかりませんが、コンテンツが多いサイトだと移行に時間がかかってしまうでしょう。

またWordPressで同じドメインを使うには、移管作業が必要です。新規ドメインを取得する方法もありますが、ドメインは長く使うほどSEOに良い影響があると言われています。培ってきた評価を引き継ぐためにも移管作業は必須と言えるでしょう。

関連記事:ホームページリニューアルでドメインはそのまま使える?

Jimdo(ジンドゥー)のメリット・デメリット

Jimdo メリット デメリット▲出典:Jimdo

JimdoはWix同様に、直感的な操作でホームページを制作できるツールです。操作はWixよりも簡単で、PC操作に不慣れな人でも簡単にサイトを立ち上げられます。

無料のネットショップ機能や日本語のサポート充実などメリットもある一方で、デメリットとしては無料プランの機能制限とテンプレートの少なさが目立ちます。

Jimdoについては以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事:Jimdoとは?2022年最新の使い方や料金、ホームページ作成の評判など

関連記事:Jimdoの評判は?メリット・デメリットや各機能の評判を解説

 

メリット

  • Webの知識がなくても簡単に操作できる

  • テンプレートを途中で変更できる

  • 日本語でのサポートが充実している

  • ネットショップ機能が無料

  • アプリでホームページを作成できる

デメリット

  • 無料プランは企業サイトには不向き

  • 180日間ログインしないとデータが消える

  • テンプレートが少ない

  • 年間契約しか対応していない

Jimdoのメリット

Jimdoのメリットは以下の4点です。

  • Webの知識がなくても簡単に操作できる

  • テンプレートを途中で変更できる

  • 日本語でのサポートが充実している

  • ネットショップ機能が無料

  • アプリでホームページを作成できる

1. Webの知識がなくても簡単に操作できる

JimdoはWix同様ドラッグ&ドロップの直感的な操作が魅力で、 今回比較した3つのツールのなかでもっとも簡単にホームページ制作を行えます。

ホームページを自動で生成する「AIビルダー」も提供されており、最短3分で本格的なホームページ制作が可能です。AIで作るホームページはカスタマイズ性が低いものの、ポートフォリオなど簡単なサイトなら問題なく制作できます。

2. テンプレートを途中で変更できる

Jimdoはテンプレートの種類は少ないものの、一度選択したテンプレートを途中で変更できます。つまり、ホームページリニューアルを検討する際に、簡単にホームページのデザイン変更が可能です。

3. 日本語のサポートが充実している

日本でのJimdoの運営はKDDIウェブコミュニケーションズが行っており、日本語のサポートも充実しています。

Wixのように電話サポートがないのは欠点ではありますが、メールやサポートサイトの日本語がわかりやすいため安心して利用できるでしょう。

またJimdoは常設のサポートセンター「Jimdoカフェ」も全国で約40ヶ所運営しており、ホームページ運営・作成の相談や個別相談を対面で行えます。

4. ネットショップ機能が無料

Jimdoは無料プランでも、ネットショップ機能を利用できます。Wixではネットショップ機能は有料での提供となるため、これはJimdoならではのメリットと言えるでしょう。

無料プランでは掲載できる商品数が5点までと制限されているものの、出品数が少ない人にとっては利用する価値はあります。

ただし無料プランでは、支払い方法がPaypalのみとなっています。銀行振込・代金引換に対応するなら有料プランへのアップグレードを行いましょう。

5. アプリでホームページを作成できる

JimdoではiPhoneやAndroidなどのスマートフォンアプリを使って、Webサイトを更新・編集できます。PCの扱いが不慣れな人でも簡単にコンテンツを投稿できるうえに、出先の空き時間を利用できるのはうれしいポイントです。

特にキャンペーンなど急いで告知したい内容がある時や、最新情報をアップデートしたい時に、すぐに更新できるため便利です。

現在ではスマートフォンからのアクセスも増えているため、サイトデザインを直接スマートフォンで確認して編集まで行えるのはユーザビリティの向上にも役立ちます。

Jimdoのデメリット

Jimdoのデメリットは以下の4点です。

  • 無料プランは企業サイトには不向き

  • 180日間ログインしないとデータが消える

  • テンプレートが少ない

  • 年間契約しか対応していない

1. 無料プランは企業サイトには不向き

JimdoはWix同様、無料プランは企業サイトに向いていません。無料版ではサイト上にJimdoと表示されてしまうからです。

以下はJimdoとWixの無料プランの比較表です。

  

 

Wix 無料プラン

Jimdo 無料プラン

ドメイン

サブドメイン
(○○.wixsite.com/○○)

サブドメイン
(○○.jimdo.com)

広告

表示

表示

ネットショップ

不可

5点まで可

容量

500MB

500MB

帯域幅

1GB

2GB

どちらも無料プランでは機能が制限されるため、企業サイトを制作するならWordPressかWix・Jimdoの有料プランを検討しましょう。

2. 180日間ログインしないとデータが消える

Jimdo無料プランでは、180日間ログインしないと作成したホームページのデータが消えてしまいます。

ポートフォリオサイトなど更新頻度が低いサイトを作る場合は、定期的にログインするか有料プランにアップグレードを行ってください。

またバックアップ機能がないため、WordPressなど他のサービスにデータを移行できません。

3. テンプレートが少ない

豊富なテーマ・テンプレートを用意しているWordPress・Wixと比べ、Jimdoのテンプレートは40種類と少なめです。

Jimdoを使用しているユーザー間でテンプレートが被る可能性があるため、差別化が難しいのもデメリットです。よりオリジナリティの高いサイトを制作したいならWordPressかWixの導入を検討しましょう。

4. 年間契約しか対応していない

Jimdoのプラン紹介には月額換算の料金が記載されていますが、実際に請求されるのは年額で月額契約はできません。契約期間は1年か2年を選択することになるため、長期間の運用を見据えて契約をしましょう。

月額での請求を希望する人は、Wixの月額プランを利用することをおすすめします。

CMS選びはサイトの目的に合わせて決めるべき

WordPress・Wix・Jimdoにはそれぞれ得意分野があり、CMS選びは制作するサイトの目的に合わせて行いましょう。先述した通り、集客を目的としたサイトを制作したいのか、あるいは名刺がわりのサイトを制作したいのかによって、適したCMSも異なります。シチュエーションごとにおすすめのCMSを再度以下にまとめました。

WordPressがおすすめの場合
  • コスト重視
  • デザイン重視
  • 利用者数重視
  • SEO重視
  • 大規模サイトを制作したい
Jimboがおすすめの場合
  • 操作性重視
  • サポート重視
  • 小規模サイトを制作したい
Wixがおすすめの場合
  • サポート重視
  • 小規模サイトを制作したい

特に大規模の企業サイトを作るなら、SEOに強くカスタマイズしやすいWordPressがおすすめです。

しかしWordPressはセキュリティが弱い側面もあり、情報漏えいやコンテンツの改ざんなどリスクもつきものです。さらに操作がやや難しく、継続したホームページ運用を行いにくいデメリットもあります。

またWordPressやJimdo、Wixだけでなく、そのほかにも使いやすいCMSは数多くあり、自社の目的や課題にあわせてCMSを選択することが重要です。

無料配布資料「CMS比較一覧表」ではサイト種別ごとによく選ばれるCMSをピックアップし、それをさらに機能別で比較できるよう一覧表にまとめております。ぜひ下記より無料でダウンロードし、貴社に適したCMSの選定にご活用ください。


BtoB企業向けCMS比較一覧表|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

「SEOに強い」「セキュリティ対応」「マーケティング施策を打ちやすい」このようなCMSをお探しならリード獲得に特化した国産CMS「LeadGridがおすすめです。LeadGridLeadGridはリード獲得に特化したCMSです。会社のサービスや商品へのお問い合わせはもちろん、人材の採用を進めたい場合に獲得したリード情報を一括で管理できるようになっています。

またWixやJimdoのように、ページを見たまま編集することも可能。写真の追加などもドラッグ&ドロップでできるため、Web知識が不安な方でも安心してご利用いただけます。

すでに多くの企業で導入されており、コーポレートサイトやサービスサイト、採用サイトなどあらゆるWebサイトに対応可能です。

▼下記無料資料では詳しく制作実績について紹介しています。ぜひ参考にしてください。


LeadGridサイト制作事例集|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

goleadgrid.com

og_img

営業を効率化させたい、コンテンツマーケティングを強化したい方は、ぜひLeadGridをご検討ください。今なら無料デモも提供しています。「まずは使ってみてから今後の使用を検討したい……」という方は、ぜひ14日間無料のデモをお試しください。


無料デモ相談

LeadGridはWebサイト制作からコンテンツSEO、問い合わせ管理、LP制作などWebマーケティングに必要な機能を開発したCMSです。上場会社、スタートアップ企業を中心にWebマーケティングの強化やサービス立上げ時にご利用頂いています。サービスサイトやオウンドメディアなど見込顧客獲得に貢献できるWebサイト制作を得意としています。

goleadgrid.com

og_img


自社に最適なCMSがわかる比較表、無料配布中!

CMS導入をご検討中の担当者に向けて、60以上のCMSから32のサービスを厳選し、それらを表で比較した人気の資料をご用意しました。ぜひ社内の比較検討にご活用ください。

無料でダウンロードする

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部は、Web制作とデジタルマーケティングの最前線で活躍するプロフェッショナル集団です。Webの専門知識がない企業の担当者にも分かりやすく、実践的な情報を発信いたします。

Works

サイト制作事例