Webマーケティング集客施策でおさえるべき7つのポイント|Webサイト制作・CMS開発|LeadGrid

Webマーケティング集客施策でおさえるべき7つのポイント

目次

「自社のWebマーケティング担当になったけど、どうやって集客すればいいのかわからない。」「やらないといけない施策がたくさんある気がするけれど、どれから始めたら良いんだろう?」と悩んでいる担当者もいるでしょう。

Webマーケティングで集客する方法は多く、新人担当者であればなおさらどれが自社にとって最適かわかりませんよね。

そんな時はWebマーケティング集客施策を実行するための下準備から始めましょう。

この記事では、Webマーケティング集客施策を実行する前におさえるべき7つのポイントと具体的なWebマーケティング手法も紹介します。

自社と相性の良い施策を選定するためのヒントとして参考にしてください。

Web集客とは

Web集客とは、インターネットを活用し、オンライン上のさまざまなサービスからユーザーを呼びこむ集客方法です。

おもに次のようなサービスから、ユーザーを集客します。

  • 検索エンジン(Google、Yahoo!JAPAN!)

  • SNS

  • Web広告

Web集客の最大の強みは、データを収集しやすい点です。

どの広告がどれくらい見られて、その中からクリックされたのは何件で、ランディングページに来た人の中でフォーム入力が完了した人は◯%……といった具合に、数値で把握できる部分がオフラインの集客施策と比べ多いです。さらに、ものにもよりますがリアルタイムで最新のデータを確認できることが多いためスピード感を持って改善施策の実行まで遂行できます。

Webマーケティング集客施策でおさえるべき7つのポイント

Webマーケティング集客施策を行うとき、おさえるべきポイントは次の7つです。

  1. 目的を明確にする

  2. ペルソナを設定する

  3. ニーズを把握する

  4. カスタマージャーニーを作成する

  5. 自社の強みを施策に活かす

  6. 施策の効果を分析・改善する

  7. Web集客に役立つツールを活用する

1. 目的を明確にする

まずは目的を明確にしましょう。

よくある目的として、次のようなものがあります。

  • リピート売上の獲得

  • リード獲得

  • ブランディング

たとえばリピート売上の獲得であれば既存顧客へのメルマガ配信、リード獲得であればSEOコンテンツを拡充しホワイトペーパーを作成するなど、適した施策は目的によってさまざまです。

効果的に集客できるように、目的は欲張らずに絞ることが重要です。

2. ペルソナを設定する

「誰に」伝えたいのかを明確にするため、ペルソナを設定しましょう。

ペルソナとは、マーケティングにおいて活用される概念で「ターゲットとするユーザーの象徴として定義された人物」のことです。

ペルソナを設定しないと「誰に」向けた施策かわかりにくくなり、結果として誰も集められない施策になってしまいます。

ペルソナの設定方法については以下の記事で詳細に解説しているので、ペルソナについてピンとこない方はぜひ確認しましょう。

関連記事:Web制作でのペルソナ設計とは?ペルソナの作り方やコツを解説

3. ニーズを把握する

Webマーケティング集客施策において、ニーズの把握も欠かせません。

企業側の目線で「これはいい商品だ」と思って売り出しても、顧客のニーズとズレていれば思ったような売上にはならないでしょう。

ニーズを正しく把握するには、次のような方法があります。

  • 検索キーワードの調査

  • インターネット上やSNSの口コミ

  • ECサイトのレビュー

  • 顧客へのアンケート

  • 購入者・利用者へのインタビュー

4. カスタマージャーニーを作成する

カスタマージャーニーとは、顧客が自社商品・サービスと出会い、購入・契約に至るまでの道筋のことです。

次の4段階ごとに「どのようにユーザーと接触するのか」「ユーザーはどのような行動を起こすのか」「ユーザーはどのような思考・感情に至るのか」などを言語化します。

  1. 認知

  2. 興味・関心

  3. 比較検討

  4. 購入

これらを可視化したものをカスタマージャーニーマップと呼びます。

これは社内の関係者と認識を合わせるために用意することが多いです。

さまざまな部署と連携するなかで何らかの認識のズレが生じた場合、狙いと施策が噛み合わず、進行の遅れや集客効率の低下が懸念されます。

カスタマージャーニーマップを共有し、チームで共通認識をもってWebマーケティング集客施策をおこないましょう。

5. 自社の強みを施策に活かす

Webマーケティング集客施策では、自社の強みを活かしましょう。

「自社の強み、と言われてもピンとこない」という方は、3C分析SWOT分析などのフレームワークを活用することで自社の強みを見つけやすくなります。

また、利用者へのインタビューやアンケートを取ることも有効的な方法です。ユーザーに直接尋ねることで、社内の人にとっては当たり前だったことや考えつかなかったようなことが実は競合他社にはない強みだった、と気付けるかもしれません。

そうして得た「強み」をWebサイトのデザインやタグライン、SEO戦略やSNSの投稿など、様々な部分で盛り込むことで、ターゲットに訴求しやすいマーケティングが可能となります。

6. 施策の効果を分析・改善する

Webマーケティング集客施策はやって終わりではありません。

施策の効果を分析・改善するため、PDCAを回しましょう。

PDCAとは「Plan(計画)」「Do(実行)」「Cheak(評価)」「Action(改善)」のサイクルをおこなうことで、業務の改善を促す方法です。

  • 客数が増加したか

  • ターゲット層のユーザーが訪れているか

  • 資料請求や問い合わせは増えているか

このような観点で成果を評価します。

思ったような効果が出ていないのであれば問題点を洗い出し、改善が必要です。

成果を最大化するため、毎月効果を測定するようにしましょう。

7. Web集客に役立つツールを活用する

Web集客において、次のようなツール活用が大事です。

  • Googleアナリティクス

  • Googleサーチコンソール

  • Googleキーワードプランナー

  • YouTubeアナリティクス

  • Twitterアナリティクス

ツールを活用すると、効果を数字で把握できるため、効果測定の分析・改善の場では欠かせません。

関連記事:すぐ使えるWebマーケティングツール17選! 目的・課題別に紹介

Webマーケティング集客の方法

7つのポイントをしっかりおさえたら、今度は具体的な集客方法について理解を進めましょう。Webマーケティング集客の方法で、代表的なのは次の5つです。

  1. Webサイト運営による集客

  2. 広告運用による集客

  3. SNS運用による集客

  4. メールによる集客

  5. 外部サイトによる集客

1. Webサイト運営による集客

ユーザーにとって有益なコンテンツを作ることで、Webサイトに集客する方法です。

Webサイトに流入する経路はさまざまですが、代表的なのは自然検索による流入です。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに対し、最適な情報を発信していると評価されたWebサイトが上位表示されることで、検索ユーザーの流入を獲得するというものです。

自然検索による集客には、SEOの知識が欠かせません。

自社にSEOについて詳しい人がいない場合は、外部に委託することをおすすめします。

よくある課題・悩み:WebサイトをSEOで上位表示させたい

2. 広告運用による集客

広告運用による集客もおすすめです。

Web広告は狙ったターゲットに向けて配信できるため、思い通りの効果を得やすいです。

Web広告運用のメリットは少ない予算で始められること。

はじめは少額でランディングページのテストと改善を繰り返し、コスト以上の売上が安定的に発生するようになった段階で、広告にかける金額を増やす、といった堅実な運用もできます。

3. SNS運用による集客

SNS運用で自社や商品・サービスのファンを作り、SNS経由で集客する方法です。

代表的なSNSは、次の3つです。

  • Twitter

  • Facebook

  • Instagram

SNS運用で集客するためには、継続的にユーザーとコミュニケーションを取ることが重要です。

役に立つ情報の発信はもちろん、企業とユーザー間で相互的なコミュニケーションを図ることで関係構築ができ、自社や商品・サービスのファンを増やしたり愛着を高められます。

またSNSでも広告の出稿ができます。ターゲットの属性によってSNSの利用傾向も変わるので、ターゲットに合わせたSNS運用を心がけましょう。

4. メールによる集客

自社の顧客リストやリード一覧にメールを送って集客する方法です。

メール配信の仕組みさえあれば、すぐに始められるというメリットがあります。

メールで定期的に情報提供することでユーザーとの距離が近くなり、お問い合わせや商品購入につなげられることも。

しかしメールのネタがないと配信できないため、常にネタを探し続ける必要があります。

5. 外部サイトによる集客

他社が運用するWebサイトやポータルサイトなどに自社の記事を掲載してもらい、集客する方法です。

次のようなWebサイトやポータルサイトが候補に挙げられます。

  • ぐるなび

  • ホットペッパー

  • エキテン

  • SUUMO

  • PR TIMES

新商品・新サービスの場合、PR TIMESにプレスリリースを出稿して集客する方法も考えられます。

発信したい情報を外部Webサイトに掲載して露出を増やし、外部からの集客を図ります。

掲載先のWebサイトやポータルサイト、利用プランによって掲載費用が異なります。

検討している媒体の集客力や利用者層を調査し、自社のターゲットと相性が良いかを確認して掲載する媒体を選定しましょう。

Web集客のコツはCMS選びが重要

「Webマーケティング集客施策のポイントや方法はわかったけど、どこから手をつけたらいいかわからない」という場合、まずはWebマーケティングの基幹となるWebサイトをどのCMSで制作するかを検討しましょう。

Webサイトは集客の受け皿になるため、サイトに求める要件や必要な機能を洗い出し、CMS同士を比較して選定することが重要です。

LeadGridは、リード獲得を目的としたWebサイトを自社で制作できます。専門的な知識がなくても直感的に操作できることも嬉しいポイント。

さらに、LeadGridBlogでは60以上のCMSを比較検討してカオスマップと比較一覧表を作成しました。

ぜひCMS選びの一助として活用いただければ幸いです。

BtoB企業向け CMSカオスマップはこちらから

BtoB企業向けCMS比較一覧表はこちらから

リード獲得に強いCMS・Webサイト運用ツール LeadGrid

LeadGridを使えば、Webマーケティングに強いサービスサイト、オウンドメディア、コーポレートサイト制作をスピーディに制作可能です。

ページを見たまま編集できる「ページ編集機能」や「フォーム管理機能」など、Webの知識がなくても担当者ベースで施策が実行できます。

くわえてご希望の方には、WebマーケティングやSEOコンテンツの設計、運用、分析までトータルでご支援しています。

Webサービスやオウンドメディアの立ち上げ、コーポレートサイトリニューアルなど、御社のプロジェクトをお気軽にご相談下さい。

得意領域

  • Webマーケティングに強いWebサイト制作
  • サービスサイト、オウンドメディアサイトの立ち上げ
  • Webマーケティングの戦略設計、運用支援

記事を書いた人

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG編集部

LeadGrid BLOG(リードグリッド ブログ)は、リード獲得に役立つ情報を発信するWebマーケティングメディアです。

お役立ち資料

サイト制作、マーケティング戦略設計、コンテンツ制作、Webコンサルティング
関連のお役立ち資料をご紹介します。

Web制作・CMS開発・Webマーケティングに関してお気軽にご相談ください。

多くのWeb制作、オウンドメディア制作、Webコンサルティング、コンテンツマーケティングの実績から制作から運用・改善までトータルでサポートします。